景気先行指数(米)とは

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

今回は為替レートに多少の変動を与える経済指標である、

“景気先行指数(米)”を解説していきます。

“景気先行指数”は全米産業審議会(コンファランス・ボード)から

毎月20日前後に発表されます。

全米産業審議会

 

景気先行指数(米)とは

アメリカの景気動向を総合的に捉えることを目的に、

10種類の経済指標を元に景気に先行して動くように指数化したものです。

景気先行指数は、以下の10項目の指標を元に、

ウエート付けをして算出されていますが、

2004年を100としています。

景気先行指数の構成指標
指標名 ウエイト 単位
平均労働時間(製造業) 25.5% 時間
平均失業保険申請件数 3.1% 千件
消費財新規受注 7.7% 百万ドル
入荷遅延率 6.7%
設備財新規受注 1.8% 百万ドル
新規住宅着工許可件数 2.7% 千戸
株価(S&P500) 3.9% 1941~1943=10
実質マネーサプライ(M2) 35.5% 10億ドル
実質スプレッド 10.2%
消費者期待指数 2.8% 1966年第一四半期=100

 

景気先行指数が3ヶ月連続で前月比から悪化すると、

景気後退するサインになるとされています。

 

しかしながら、

既に発表済みの指標を合成して作られるため、

予想が比較的容易であるという特徴があります。

したがって、発表結果が予想外の数字となることは少なく、

マーケットを大きく動かすことはほとんどありません。

 

景気先行指数の動向 

下のグラフは景気先行指数の2008年1月~2014年4月までの推移を表しています。

前月比の場合は、

計測期間が短いので指数の変動が小さいことがわかります。

 

2008年6月のリーマンショックにより景気が冷え込み

この時は前月比-0.8%を割り込みました。

その後、2010年には大幅に景気悪化した反動から、

急速に景気が回復し、+1.4%まで戻しました。

 

景気が落ち着きを取り戻してきた2013年以降では、

前月比で-0.1%~+0.7%と安定的に推移していることがわかります。

総合的に今のアメリカの景気先行性を判断すると、

目先数か月は良くなるという数値が出ていることがわかります。

 

景気先行指数の価格変動幅

星星1星1星1星1

市場に与えるインパクトは限定的で、

相場のトレンドを変えるほどの影響力はありません。

 

ドル円でみると、

0pipsから時には20pips動く程度なので

警戒感はほとんどいりません。

下記では、景気先行指数の為替レートの変動幅を表しています。

4月米景気先行指数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年5月22日 22時17分~23時37分)
価格変動幅 9
景気先行指数
5月22日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
23:00 アメリカ
(米)4月景気先行指数
+0.8% +0.4% 横 0.4%
3月米景気先行指数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年4月21日 22時36分~23時54分)
価格変動幅  5
 景気先行指数
4月21日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
23:00 アメリカ
(米)3月景気先行指数
+0.5% +0.7% 上 0.8%
2月米景気先行指数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年3月20日 22時21分~23時41分)
価格変動幅  11
景気先行指数
3月20日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
23:00 アメリカ
(米)2月景気先行指数
+0.3% +0.2% 上 0.5%


今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック




カテゴリー:FX用語辞典, 投資力向上 | Leave a comment |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ