ライントレード分析の“最終兵器”遂にリリース!

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

あなたは不思議に思ったことがありませんか?

FXで毎月利益を上げ続けている人がいるかと思えば、

毎月為替でお金を失ってしまう人がいることを。

 

為替で勝ちすぎて不動産を何件も買っている人(実話)がいるかと思えば、

為替で負けすぎてやらなければ良かったと後悔する人もいます。

 

この疑問を解き明かしてみることで、

利益を上げるトレーダーや投資家になる

答えが潜んでいるのではないでしょうか?

 

勝ち組になる答えはズバリ

売買するにあたっての売買ルールがあるかないかだけなのです。

 

勝っている人は取引する上でのルールが明確にあり、

負けている人にはそのルールがない。

 

負けている人はルールがないから、

例えば価格が上がっているような時に

直観的に買ってみるものの、

その後なぜか価格が下がってしまう。

 

今度は逆に直観的に売ってみるものの、

その後価格が上昇してしまう。

 

ルールがないことは直観的・感情的な売買になってしまうので、

なぜか思い通りに価格が動いてくれない

という結果に陥りやすくなってしまうのです。

 

負けている人はルールを持つことです。

勝っている人と同じように、

売買ルールを持つことです。

 

なぜあおのり学校ブログで前日に予想した通りに、

大体の場合ほぼピンポイントで価格が跳ね返ってくれるのか?

 

過去ブログでは前日に立てた予想通りに動いた結果、

実際に11連勝を記録することができていますが、

http://aonorifx.com/blog/8980/

この答えは売買ルールがあるかないかにありました。

 

ブログで公開している売買ルールは、

多くの場合トレンドラインレジスタンスラインサポートラインといった

いわゆるライン分析中心に形作っています。

 

トレンドラインは、誰にでも容易に利用できる上に、

価格の方向感が視覚的によくわかるようになり

割高割安感が出るポイントも教えてくれて、

売買エントリーポイントも掴むことができる優れものです。

トレンドラインの4つのメリット

 

このようなトレンドラインサポートラインレジスタンスラインといった

引き方を学び、高めていけば、

あなたも直観に頼った売買ではなく、

的確なエントリーポイントを捉えることが可能となるはずです。

 

エントリーポイントだけではなく、

損切りポイントや利益確定ポイントまでも明らかにしてくれます。

 

売買判断に迷っている方は実に多くいますが、

それはルールがないからに過ぎません。

では、ルールを作るためにも、

シンプルなラインの引き方を本格的に学ばれてはいかがでしょうか?

 

あおのり学校では連戦連勝を期待できる、

エントリーに迷わない勝てる売買ロジックを作るために、

ライントレード演習帳(49,800円)」を日本で初めて作り、

世に出しています。

 

今回は、

このライントレード演習帳(49,800円)をさらにパワーアップした

「新ライントレード演習帳(非売品)」をよりリアルタイムチャートに修正し、

問題数も増やした上で新しくリリースすることになりました。

 

218ページにも及ぶ圧倒的なボリューム。

180点満点中、何点を取れるかを判定する

ライントレードに特化した日本唯一の

問題集及び解答集となります。

トレンドライン演習帳PDF245枚

 

まずライントレードの基本的な引き方を学習した上で、

実際にチャートにラインを引いてもらい、

引いたラインからどこでエントリーを入れて、

利食い、損切りポイントはどこになるのかを解答してもらいます。

 

ご自身が引いたラインや売買戦略を、

解答集を見ながら答え合わせをしていく過程で、

ラインの引き方がメキメキと上達していくと同時に、

ライン分析に基づく売買ルールを身に付けることができる

設計となっております。

 

第一問は、ドル円の月足チャートに、

ラインを引く質問から考えてもらいます。

新ライントレード演習帳

新ライントレード演習帳

 

通算180の質問に答えていくことで、

ラインの引き方がマスターできる設計です。

さて、あなたは何点を獲得できるでしょうか?

新ライントレード演習帳

獲得数が高ければライントレーダーとしての力量が高く、

逆に低ければ力量不足となるので、

点数が低い人は反復して問題に答えていくことで、

力量の高いライントレーダーになることができます。

 

繰り返しになりますが、

冒頭でもお伝えした通り

勝っている人は明確なルールがある人です。

 

ライン分析の場合のルール作りは、

正しいラインを引けることから始まります。

 

正しいラインを引けることができれば、

あとはライン分析に基づいて、

エントリー、損切り、利食いを入れていくことになり、

そこに直観が入り込む余地はなくなります。

 

11月30日までの期間限定となりますが、

「新ライントレード演習帳」を無料で進呈します。

進呈条件は、あおのり学校ブログからDMMFXに口座開設をして、

5万入金し1回取引をするだけです。

 

DMMFXは、為替取引量世界NO2を誇る、

FXユーザーから絶大な人気を得ているFX業者となります。

ローラCMでお馴染みなので、

ご存じの方も多いことと思います。

 

さらに、DMMFXは資本力も業界では高いので、

巨額の資本を活かサービスを充実させています。

ドル円が0.3銭と業界最低レベルの低スプレッド、

スマートフォンでの取引にも優れています。

 

加えて、これは他のFX業者が提供していない

独自のツールとなるのですが、

年間を通した売買結果が視覚的に分析される

「取引通信簿」なる分析ツールも利用することができます。

取引通信簿 DMMFX

 

取引通信簿は私も使っているのですが、

どの通貨ペア取引が多いのか、

どの月が勝っていてどの月が負けたのか、

売りと買いではどちらの割合が多いのか、

通算勝率はいくらなのかということが、

一目瞭然となります。

 

例えば、

私の勝率は大体70%前後で推移しているのですが、

手計算で勝率を計算するのは面倒です。

DMMFXが提供する取引通信簿を利用すれば、

客観的に自分の取引実績をいることができるので、

今後の対策・改善点を見直すことができるようになります。

 

勝率が低ければ、勝率を上げる売買をすれば良いし、

買いの割合が多くて負けていれば売りの割合を増やすなど、

取引結果を知っているからこそ、

その後のトレード対策をうてると言うものです。

 

口座開設にかかる時間は、わずか5分しかかからないので、

12月にはなくなるこの絶好のキャンペーンを

ものにしておくと良いと思います。

→ DMMFXの口座開設はこちらから

 

 

 

P.S.

DMMFXに口座開設し1回取引した方の中で、

あおのり学校メルマガに登録している方には、

あおのり学校からさらに驚きのプレゼントのお知らせが届きます。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:投資力アップの書, 無料レポートプレゼント | コメントする |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ