クロス円とは

あおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

あおのり先生です。

 

FXの取引をしていると、『クロス円』という言葉を頻繁に耳にします。

おそらく、FXをはじめられたばかりの方にとっては、

『クロス円』という言葉を聞いても『?』になっていると思いますので、

今回は『クロス円』について学び、FXに対しての悩みを払拭していきましょう。

 

“クロス円”とは、

ドル円を除くユーロ円、ポンド円、 豪ドル円、ランド円、フラン円などの

外国通貨と円の組み合わせの通貨ペアを言います。

円とその通貨ペアの組み合わせ

たとえば、

ユーロ円の場合であれば、

ユーロドルと米ドル円の通貨ペアの合成通貨ペアとして表されています。

つまり、基軸通貨であるドルの動きをクロス円は必ず50%含むことになるのです。

 

ユーロ円を買う場合は、

円を売り、基軸通貨であるドルを買ってからユーロを買うことになるために、

ユーロ円と言ってもドルの影響からは逃れられません。

 

以下の計算式を見れば、

ユーロ円がどのように計算されているかわかるはずです。

ユーロドル × 米ドル円  = ユーロ円

1.308$  ×  86.30円 =  112.88円

上の計算式を見ればわかる通り、

ユーロ円を買う場合は必ず米ドル円の影響を受けることになります。

 

そのため、

クロス円の値動きは、ユーロドルと比べた場合、

似たような動きをする傾向が高まるのです。

下のチャートは、ドル円とユーロ円を比較したチャートになりますが、

似た動きをしていると思いませんか?

ドル円とユーロ円のチャート

 

 

一方、下のチャートは、ドル円とユーロドルを比較したチャート。 ドル円とユーロドルのチャート

ドルの影響をユーロ円のように半分だけ受けるのではなく

もろに受けるユーロドルの場合は、

ユーロ円と動きが違ってきます。

 

そのため、

クロス円のトレードをする際は米ドル円の関係も考慮に入れながら、

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルなどの値動きも加味した上で、

チャートを見る必要があるのです。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック




カテゴリー:FX用語辞典 | 2 Comments |

『 クロス円とは 』へ2件のコメント

  1. ナウシカ より 2013年11月15日 12:09

    日本に住んでるから、クロス円で意識するけど、海外在住ならやっぱり自国の通貨を好む傾向にあるんですかね^^;

      返信  
    1. aonori より 2013年11月27日 13:48

      ナウシカさん

      コメントありがとうございます。

      もちろん、自国通貨を好む傾向があると思いますが、
      日本人でもドルストレートを売買するなど、
      投資家ならば流動性のある通貨は関係なく売買すると思いますよ^^

        返信  

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ