■■どうなる!?アメリカの雇用統計(今週金曜日!)

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
来週に発表されるであろう12月の利上げを控え、いつも以上の影響がありそうです。
 
まず前回10月の非農業部門雇用者数の数値は前月比+31.3万人の予想に対して+26.1万人と予想をかなり下回りました。
 
しかし、ハリケーン「ハービー」とハリケーン「イルマ」によって出た失業者が大きく回復したという特殊事情だけに、ある程度のブレは許容されており影響は限定的でした。
 
非農業部門雇用者数は前月比+21.0万人の予想で前回よりは少なくなっておりますが20万人の
大台を超えるかが一つの判断材料になるでしょう。
 
失業率は労働市場については完全雇用に近いと指摘される中、変化なしとの予想です。
 

今回の雇用統計で最も注目なのは?

 
そして、今回の雇用統計で最も注目されるのが平均時給の伸びでしょう。
前回10月は平均時給もハリケーンの影響が見られたこともあり、変化はありませんでした。
 
今回、ハリケーンの特殊事情がない中、強い数値がでれば大きなインパクトになりそうです。
(予想では、0.3%)
 
来年2月4日から始まるパウエル新議長はMr.Ordinary(ミスター普通)と揶揄されることもあり、講演でも発言は手堅く、FRBのスポークスマン的な役割を演じてきました。
そのパウエル氏が選ばれたことで、これまで通り緩やかな利上げのペースが維持されると見られています。
 
123
 

FOMCと市場との金利見通しの乖離

 
しかし、FOMC(連邦公開市場委員会)参加メンバーによる見通しと、市場の織り込みには少し乖離があり、ここには注目が必要です。
 

というのも9月のFOMCで示されてたFOMCメンバー(議長・副議長を含む理事全員と、投票権の有無にかかわらず地区連銀総裁全員)による来年末時点での金利予想は、年3回の利上げ見通しが大勢となっていました。
2018年にパウエル理事が議長に就任すると、副議長1名と理事3名が不在となります。
この4名ともFOMCで投票権を持つため、それぞれの政策スタンス次第で、FOMCメンバーが適切と考える政策金利水準の分布図(ドットチャート)は変化し、市場が織り込む利上げペースも変化します。

 
FF金利先物動向による計算では1回もしくは2回という見通しで分かれており、3回は少数派。
来年利上げ無しという見通しもそれなりにあります。
 

今回の雇用統計の結果により、来年の利上げの回数にも大きな影響を与えるでしょう。
 
その意味からも特に平均時給の伸びに注目が必要です。
 

では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ