1月29日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 

本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。

1/29(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
ユーロ国旗 (ユーロ圏) ユーロ圏27カ国閣僚会合、ブレグジットの交渉指針決定(於;ブリュッセル)
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月個人所得 (前月比) 0.3% 0.3% 上 0.4%
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月個人消費支出 (前月比) 0.6% 0.4% 横 0.4%
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月コアPCEデフレーター (前月比) 0.1% 0.2% 横 0.2%
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月コアPCEデフレーター (前年比) 1.5% 1.5% 横 1.5%
1/30(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 NZ国旗 (NZ) 12月貿易収支 -11.93億NZD -1.00億NZD 上 +6.40億NZD
8:30 日本国旗 (日) 12月失業率 2.7% 2.7% 下 2.8%
8:30 日本国旗 (日) 12月有効求人倍率 1.56 1.57 上 1.59
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 12月NAB企業信頼感 6 上 11
18:30 イギリス国旗 (英) 12月消費者信用残高 +14億GBP +14億GBP 上 +15億GBP
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10-12月期GDP・速報 (前期比) 0.6% 0.6% 横 0.6%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10-12月期GDP・速報 (前年比) 2.6% 2.7% 横 2.7%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 1月経済信頼感 116.0 116.2 下 114.7
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感・確報 1.3 1.3 横 1.3
22:00 ドイツ国旗 (独) 1月消費者物価指数・速報 (前年比) 1.7% 1.7% 下 1.6%
23:00 アメリカ国旗 (米) 11月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) 6.4% 6.3% 上 6.4%
24:00 アメリカ国旗 (米) 1月消費者信頼感指数 122.1 123.0 上 125.4
24:30 イギリス国旗 (英) カーニー・英中銀総裁 講演
25:30 ユーロ国旗 (ユーロ圏) メルシュ・ECB専務理事 講演
1/31(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
8:50 日本国旗 (日) 12月鉱工業生産・速報 (前月比) 0.5% 1.5% 上 2.7%
9:01 イギリス国旗 (英) 1月GfK消費者信頼感 -13 -13 上 -9
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 10-12月期消費者物価指数 (前期比) 0.6% 0.7% 下 0.6%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 10-12月期消費者物価指数 (前年比) 1.8% 2.0% 下 1.9%
10:00 中国国旗 (中国) 1月製造業PMI 51.6 51.6 下 51.3
10:00 中国国旗 (中国) 1月非製造業PMI 55.0 54.9 上 55.3
11:00 アメリカ国旗 (米) トランプ・米大統領 一般教書演説        
16:00 ドイツ国旗 (独) 12月小売売上高指数 (前月比) 2.3% -0.4% 下 -1.9%
17:55 ドイツ国旗 (独) 1月失業者数 -2.9万人 -2.0万人 下 -2.5万人
17:55 ドイツ国旗 (独) 1月失業率 5.5% 5.4% 横 5.4%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 12月失業率 8.7% 8.7% 横 8.7%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比) 1.4% 1.2% 上 1.3%
22:15 アメリカ国旗 (米) 1月ADP全国雇用者数 +25.0万人 +18.5万人 上 +23.4万人
22:30 アメリカ国旗 (米) 10-12月期雇用コスト指数 (前期比) 0.7% 0.6% 横 0.6%
23:45 アメリカ国旗 (米) 1月シカゴ購買部協会景気指数 67.6(67.8) 64.0 上 65.7
24:00 アメリカ国旗 (米) 12月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) 0.2% 0.5% 横 0.5%
28:00 アメリカ国旗 (米) FOMC政策金利発表 1.25-1.50%   横 1.25-1.50%
28:30 アメリカ国旗 (米) イエレン・米FRB議長 定例会見        
2/1(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 10-12月期輸入物価指数 (前期比) -1.6% 1.5% 上 2.0%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 12月住宅建設許可 (前月比) 11.7% -7.6% 下 -20.0%
10:45 中国国旗 (中国) 1月財新/製造業PMI 51.5 51.5 横 51.5
18:30 イギリス国旗 (英) 1月製造業PMI 56.3 56.5 下 55.3
21:30 アメリカ国旗 (米) 1月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) -3.6% 下 -2.8%
22:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 23.3万件 23.5万件 上 23.0万件
22:30 アメリカ国旗 (米) 10-12月期非農業部門労働生産性・速報 (前期比年率) 3.0% 0.7% 下 -0.1%
22:30 アメリカ国旗 (米) 10-12月期単位労働コスト・速報 (前期比年率) -0.2% 0.9% 上 2.0%
24:00 アメリカ国旗 (米) 1月ISM製造業景況指数 59.7 58.6 上 59.1
24:00 アメリカ国旗 (米) 12月建設支出 (前月比) 0.8% 0.4% 上 0.7%
2/2(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 NZ国旗 (NZ) 12月住宅建設許可 (前月比) 10.8% 下 -9.6%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 10-12月期生産者物価指数 (前年比) 1.6% 上 1.7%
18:30 イギリス国旗 (英) 1月建設業PMI 52.2 52.0 下 50.2
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 12月生産者物価指数 (前年比) 2.8% 2.3% 下 2.2%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月非農業部門雇用者数 +14.8万人 +18.0万人 上 +20.0万人
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月失業率 4.1% 4.1% 横 4.1%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月平均時給 (前月比) 0.3% 0.2% 上 0.3%
24:00 アメリカ国旗 (米) 12月製造業受注指数 (前月比) 1.3% 1.5% 上 1.7%
24:00 アメリカ国旗 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報 94.4 95.0 上 95.7
2/3(土)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:30 アメリカ国旗 (米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演        
アメリカ国旗 (米) イエレンFRB議長任期満了、パウエルFRB新議長就任        

 

各国要人発言で相場が乱高下?!

先週は、要人発言によって相場が大きく動いた1週間でした。
まず、23日の日銀金融政策決定会合では長短金利操作付き量的・質的金融緩和の枠組み
による金融調節方針の維持を賛成多数で決定する一方、
予想物価上昇率の記述変更を上方修正しました。
これにより一時円が上昇したが、黒田東彦総裁が会合後の記者会見で出口検討に
否定的な姿勢を示し、円安に転じました。

しかし、24日の深夜頃に米ムニューチン財務長官が、
「明らかに弱いドルは我々にとって良い」と発言してから、米ドル安となり、
26日未明にはトランプ大統領が米ドル高を望む発言をし、
今度は米ドルが急騰となりましたが、全体的にはドル安優勢となっています。

また、25日に開かれた欧州中銀金融政策発表では、事前の予想通り主要政策金利を0.00%に、中銀預金金利をマイナス0.40%にそれぞれ据え置きました。
また、ドル安を歓迎すると発言したムニューチン財務長官の発言に対し、
為替相場のみでなく、政策全体に懸念を示しこうした状況が好ましくない金融引き締めにつながるようであれば、ECBは金融政策について検討する必要が出てくると
表明しました。

では、今週はどうでしょうか?

今週は、アメリカの雇用統計をはじめとして重要指標が目白押しです。

アメリカの動きに注目!

中でも、31日の(米) トランプ・米大統領 一般教書演説に注目すべきでしょう。
日本ではあまり馴染みはありませんが、一般教書演説とは大統領が連邦議会両院の議員を対象に行う演説で、国の現状 (State of the Union) についての大統領の見解を述べ、
主要な政治課題を説明するもの非常に重要な演説になります。
この演説でトランプ政権の今年の大まかな政治計画を確認することができるため、
中長期の相場感にを確認するうえでもどのような計画が発表されるのかに
注目したいところです。

また、今週末の土曜日、これまでアメリカの金融政策を支えてきたイエレンFRB議長が任期を満了し、パウエルFRB新議長が新たに就任します。
アメリカの金融政策の転換の節目になるのか、31日に行われるイエレン議長下での最後のFOMC政策金利発表と定例会見にも注目が必要でしょう。

今週の注目指標

今週は、31日に発表される
(中国) 1月製造業PMI
(中国) 1月非製造業PMI

1日に発表される
(中国) 1月財新/製造業PMI

2日に発表される
(米) 1月非農業部門雇用者数
(米) 1月失業率
(米) 1月平均時給 (前月比)

には注目が必要です。

では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ