バイナリーオプション

2月19日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。
 

2/19(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
香港、上海休場(旧正月)
NY休場(プレジデンツデー)
8:50 (日) 1月貿易収支 +3590億円 -1兆36億円 -9434億円
19:00 (ユーロ圏) 12月建設支出 (前月比) 0.5% 0.1%
2/20(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
上海休場(旧正月)
(ユーロ圏) 欧州連合(EU)財務相会合(於;ブリュッセル)
6:45 (NZ) 10-12月期生産者物価指数 (前期比) 1.0% 1.0%
6:45 (NZ) 10-12月期生産者物価指数 (投入高・前期比) 1.0% 0.9%
9:30 (豪) RBA議事録        
16:00 (独) 1月生産者物価指数 (前年比) 2.3% 1.8% 2.1%
19:00 (独) 2月ZEW景気期待指数 20.4 16.0 17.8
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景気期待指数 31.8 29.3
24:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・速報 1.3 1.0 0.1
2/21(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
上海休場(旧正月)
10:10 (日) 布野・日銀審議委員 講演
17:30 (独) 2月製造業PMI・速報 61.1 60.5 60.3
17:30 (独) 2月サービス業PMI・速報 57.3 57.0 55.3
18:00 (ユーロ圏) 2月製造業PMI・速報 59.6 59.2 58.5
18:00 (ユーロ圏) 2月サービス業PMI・速報 58.0 57.6 56.7
18:30 (英) 1月失業者数 +0.86万人 -0.72万人
18:30 (英) 1月失業率 2.4%   2.3%
18:30 (英) 12月ILO失業率(3カ月) 4.3% 4.3% 4.4%
18:30 (英) 1月財政収支 -10億GBP +114億GBP +116億GBP
23:00 (米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演        
23:15 (英) カーニー・英中銀総裁 講演        
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 557万件 560万件 538万件
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 (前月比) -3.6% 0.5% -3.2%
28:00 (米) FOMC議事録 (1月30・31日分)        
2/22(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
14:15 (米) クオールズ・FRB理事兼副議長 講演
18:00 (独) 2月Ifo景況感指数 117.6 117.0 115.4
18:30 (英) 10-12月期GDP・改定 (前期比) 0.5% 0.5% 0.4%
18:30 (英) 10-12月期GDP・改定 (前年比) 1.5% 1.5% 1.4%
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.0万件 23.0万件 22.2万件
24:00 (米) ダドリー・米NY連銀総裁 講演        
26:10 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
2/23(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 (NZ) 10-12月期小売売上高 (前期比) 0.2% 1.4% 1.7%
8:30 (日) 1月全国消費者物価指数 (前年比) 1.0% 1.3% 1.4%
8:30 (日) 1月全国消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) 0.9% 0.8% 0.9%
16:00 (独) 10-12月期GDP・確報 (前期比) 0.6% 0.6% 0.6%
16:00 (独) 10-12月期GDP・確報 (季調前:前年比) 2.3% 2.3% 2.3%
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) 1.3% 1.3% 1.3%
27:30 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演        
2/24(土)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:40 (米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演        

 

専門家でも相場を予想しづらい地合いに

 
先週のドル円相場は 、金曜日に一時105円半ばまで売られ、2016年11月10日以来、
1年3カ月ぶり円高水準をつけました。
この時ドルは円だけでなく 主要6通貨に対するドルの値動きを示すドル指数も、
3年2カ月ぶり低水準をつける全面安となっています。それ以前に懸念されていた
株式市場では、 ダウ平均が1月下旬のピークから一時2700ドル以上値下がりした
ものの、この5営業日で下落幅の半分を回復しています。
 
また。 主要国の中で直近安値からの戻りが最も鈍かった日経平均も連騰しています。
これにより、株式市場と為替市場が連動しない相場状況となっており、来週以降の動きを予想するのが非常に難しくなっています。
このような状況下では、無理に取引をせずじっと動きを見守ることも
必要かもしれません。
 
では、今週注目の指標についてお話ししましょう。
 
 

今週も引き続き米連銀総裁の講演に

 
上記のように、現在の為替相場は、株価ではなく日米の金利差によっているところが
大きいため今後予定されているアメリカの利上げ回数に注目が集まっています。
 
週の後半にはこの利上げ回数に関する発言が予想される米連銀総裁の講演が連続
していますので引き続き注意が必要です。
 
21日
(米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演

 
22日
(米) ダドリー・米NY連銀総裁 講演
(米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演

 
24日
(米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演

 
また、ここまで急激に円高が進行した事に対し、日本政府や日銀による口先を含めた介入も予想されるため、突発的な円安にも警戒が必要でしょう。
 

今週の注目指標

 
その他注意すべき経済指標は
 
20日に発表される
(豪) RBA議事録
 
21日に発表される
(米) FOMC議事録 (1月30・31日分)
 
23日に発表される
(日) 1月全国消費者物価指数
 
には注目が必要です。
 
では、また次回お会いしましょう。

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード