システムトレード

3月も急落。それでも利益を叩き出す、Chronus空売り戦略の威力

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
forex-3205565_1280
 
3月に入っても日経平均が下落しています。
ちょうど1カ月前の2月での急落を思わせるような展開になっていました。
 
ですが、chronusでは3月の下落時に損失とならず、あらかじめ仕掛けていた空売り銘柄によって利益となっていました。
 
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31

https://synergista.jp/lp/ic1y/

 
 
 

「Chronus」の今週の成績(3/2~3/8)

 
 
「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から3月1日時点で、
419,323円の利益が上がっていたものが、
3月8日時点で、445,213円の利益となり、
25,890円の利益となっています。
今期も勝ちましたので、
現在3連勝中です。
 
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
 
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-8_16-37-53_No-001
 
今期は3/6以外は全ての日で利益となっており
今期のトータルでみてプラスのなる事ができました。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-8_17-29-20_No-001
 
上の図の今期の日経平均の赤枠の箇所を見て頂きたいのですが、
今期の日経平均は序盤に大きく下げ、その後に大きな値幅変動があり、トータルで見ると下落しています。
この序盤の大場幅下落時にchronusの空売りポジションが活躍しました。
 
 
 
 
現在のポジション比率は
買いと空売りのポジション比率が半々くらいです。
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-3-8_16-38-13_No-00
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れとなっており、
下の画像の黄色い枠が今期分の資産グラフとなっています。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-8_16-38-13_No-001
 
2月前半の急落での損失からV字回復をしてから
さらに上向きになっている資産曲線になっています。
 
 
「Chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
https://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
 
 
私がお答えさせて頂きます。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
 
 
PS:パソコンの買い替えってどの位の間隔でされていますか?
 
最近パソコンを買い替えようかと考えているんですよね。
というのも私のパソコンが2日に1回くらいフリーズするんですよね。
何か調べ物をしている時とか、
動画を見ている時とかに、
突然フリーズして
「あっ、またかよ・・・。」ってなるんですね。
 
たしか3年位今のパソコンを使っているので、
もうそろそろ買い替えても良いかな?って思ってます。

FX業界の内部情報を公開

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

download