バイナリーオプション特有の考え方

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
binary-code-475664_640
 
先週末は大雨でしたが、その後暑い日が続いていますね。
 
 
急な温度変化で風邪などひかれていないでしょうか。
 
 
私は出張続きでいろいろなところに行っています。
 
 
初めて訪れる場所は何かわくわくしますね。
 
 
前回は私の講座を受講された方からの問い合わせに答えましたが、今回はもっと相場がダイナミックに動いている時のことについてお話ししたいと思います。
 
 

バイナリーオプション特有の考え方

 
 
私が何度も繰り返しているように価格が大きく動く地合いでは過去と同じ材料であったとしても、その時と同じ方向に相場が動くとは限りません。
 
 
直近では、日米金利差が開いたという同じ材料でも3月には円高となり、直近では円安となっています。
 
 
これを事前に予想することは至難の業です。
 
 
しかし、どちらにも予想することができれば大幅に勝率を上げることが可能です。
 
 
それは、赤と黒のルーレットの両方にチップをおくことに似ています。
 
 
しかし、ルーレットではそういったことをしても結局もらえるチップよりも、賭けるチップの方が多くなりチップを増やすことはできません。
 
 
しかし、バイナリーオプションでは、そういうことができるチャンスが少ないながらもあります。
 
 
相場が大きく動く時にはこういった手法も使うことができます。
 
 
また、FXと同じようにスキャルピングも相場が大きく動く時には有効です。
 
 
バイナリーオプションのスキャルピングでFXのスキャルピングよりも、勝率を高めることができるのです。
 
 
なぜならFX取引においては、変動幅に応じて利益が決まるため、時間を問わず1pipsは1pips分の利益ですが、バイナリーオプションでは1時間後の1pipsの変動から生じる利益と2時間後の1pipsの変動から生じる利益は異なっているのです。
 
 
このようにバイナリーオプションは、考え方によりいくつも攻略法を考えることができます。
 
 
ぜひ、一度試していただければと思います。
 
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック




カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ