• ようこそ!あおのり学校ブログへ
  • FXで勝つために必要な知識はわずかに3つ
  • あおのり先生が教えるFX図書館
  • ベストなFX業者を探そう
  • FX投資にて豊かな人生を FXの学校ならあおのり学校

ブログより質の高い学びを提供するあおのり學校メルマガ
ブログとメルマガの併用は、FX投資スキルの成長スピードをより速くします。
メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画を期間限定プレゼント中!
下の動画を見れば、連戦連勝できるスキルが必ず身に付きます!!

今すぐメルマガを見る!

FOMC(米)とは

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

今回はFXトレーダーにとって超重要な金融政策である

FOMC及びFOMC政策金利”について説明していきます。

時として、為替マーケットに激震を与える重要イベントとなります。

 

FOMC(米)とは

FOMC(連邦公開市場委員会)とは、

アメリカの金融政策を決める最高意思決定機関です。

年間に8回の会合があり、約6週の間隔で開催されますが、

毎週火曜日から開催されます。

メンバーは合計12名からなり、多数決で金融政策が決められます。

 

現在の理事長は、イエレン氏となっていますが、

彼女はインフレ支持派なので、ドル安傾向が強まる金融政策が採用されています。

イエレンFRB議長

どのような意志を持つ持つ者が議長になるかで、

金融政策も変わってくるために議長の考え方を参考に

ある程度ドルの未来の動きを予想することが可能です。

 

FOMCで決定される金融政策は全部で2つ。

①政策金利の変更

②量的緩和政策の変更

これら金融政策の変更によってドルの供給量が大きく変わるために、

ドルが買われたり売られたりする材料になりやすく、

マーケットからの注目度は極めて高いのです。

 

FOMC政策金利とは

FOMCとはアメリカの金融政策を決定する会合のことですが、

ここで決定される政策金利のことです。

 

景気が良い場合にはインフレになりモノが高くなりやすくなりますので、

富裕層は潤う反面、庶民の生活を圧迫することなり、

政策金利を引き上げることでインフレの芽を摘もうとしてきます。

政策金利が引き上げられれば、私たちFXユーザーのスワップポイントも上昇するように、

ドルの魅力が高まることからドルは上昇します。

政策金利が上がればスワップポイントが多くつくことになるので、

それだけドルの需要が高まることになるからです。

 

逆に、

景気が悪い時にはデフレになり企業倒産が増え失業者が溢れやすくなるので、

政策金利を引き下げることで景気を良くしようとします。

政策金利が引き下げられれば、私たちのスワップポイントも低下するように、

ドルの魅力が低下することでドルは下落します。

 

FOMC声明文とは

また、FOMC政策金利発表と同時にFOMC声明文も発表されます。

FOMC声明文は非常に短い文章となります。

見るべきコツとしては前回発表の声明文と比較して、

どのようにFOMCメンバーの認識が変化したかを探ることができます。

 

FOMC政策金利(米)の動向

下のグラフは2006年1月~2015年7月までの

FOMC政策金利の推移を表しています。

2006年~2007年までは政策金利が上昇しており、

2006年1月には4.5%であった政策金利が2006年半ばからは5.25%という

高い水準を維持し推移していました。

これは、アメリカが住宅バブルで景気が良くなりインフレ気味になっていたために、

政策金利が引き上げられたからです。

 

しかし、

2007年後半からは住宅バブルがはじけて景気が悪化しだしたために、

景気を回復させるために急激に政策金利が引き下げられていることがわかります。

2008年末にはアメリカの政策金利は0~0.25%まで引き下げられていますが、

2014年5月現在でもこの水準が維持されています。

本格的には景気が回復していないから、低水準に金利が維持されていることがわかります。

 

政策金利の各国比較

下の図は、日本、アメリカ、ユーロ圏、イギリス、豪、NZの6各国の

政策金利を2006年1月から現在まで比較したものです。

リーマンショックが起きてから各国ともに金利を引き下げ、

日米英欧は0~1%近辺に金利を据え置き続けていることがわかります。

また、豪も2.5%まで金利を引き下げていますが、

NZのみ引き上げスタンスをとっており、

2.5%から3.25%まで引き上げていることがわかります。

 

価格変動幅は

星星星星星

市場に与えるインパクトは最大レベルの大きさがあります。

時として、トレンドを変えるほどの影響力を与えるために、

最大限の注意が必要となります。

 

ドル円で見ると、

40pips~100pips以上動くこともあるために

強い警戒感を持っておきたい指標です。

下記では、FOMC発表時の為替レートの変動幅を表しています。

FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年7月29日 26時20分~27時45分)
価格変動幅 22銭
WS000001
7月29日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年4月29日 26時20分~27時45分)
価格変動幅 35銭
WS000001
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年6月17日 26時20分~27時45分)
価格変動幅 47銭
WS000001
6月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年4月29日 26時20分~27時45分)
価格変動幅 35銭
WS000001
4月29日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年3月18日 26時23分~27時45分)
価格変動幅 48銭
WS000005
3月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年12月17日 27時22分~28時43分)
価格変動幅 79銭
FOMC政策金利
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年1月28日 27時23分~28時45分)
価格変動幅 39銭
FOMC政策金利
1月28日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
28:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年12月17日 27時22分~28時43分)
価格変動幅 79銭
FOMC政策金利
12月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
28:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年10月29日 26時24分~27時44分)
価格変動幅 47銭
FOMC政策金利
10月29日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年9月16日 26時21分~27時46分)
価格変動幅 58銭
WS000014
9月16日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年7月30日 26時21分~27時46分)
価格変動幅 18銭
FOMC政策金利
7月30日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年6月18日 26時21分~27時41分)
価格変動幅 44銭
FOMC政策金利
6月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年4月29日 26時23分~27時44分)
価格変動幅  18
FOMC政策金利
4月29日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% - 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年1月29日 27時23分~28時44分)
価格変動幅  41
FOMC政策金利
1月29日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
28:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% 0~0.25% 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2013年12月18日 27時23分~28時44分)
価格変動幅  97
FOMC政策金利
12月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
28:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% 0~0.25% 横 0~0.25%
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2013年10月30日 27時00分~15分)
価格変動幅  48
米国FOMC政策金利
10月30日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% 0~0.25% 横 0~0.25
FOMC政策金利発表前後のドル円1分チャート
(期間:2013年9月19日 27時00分~30分)
価格変動幅  89
WS000003
9月19日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
27:15 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0~0.25% 0~0.25% 横 0~0.25%

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:FX用語辞典, 投資力向上 | 1件のコメント |

『 FOMC(米)とは 』へ1件のコメント

  1. 餅 より 2013年11月26日 16:23

    バーナンキってハゲてるんですね
    初めて知りましたw

      返信  

コメントをお願いします

あおのり学校の先生

あおのり先生

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科卒。証券会社に4年間勤務後、株式やFXを中心に独自の取引手法を確立し、「信頼ある投資教育の創造」を経営理念にあおのり學校を創設。 FXを含む投資業界の信用が置けない慣習を打破すべく、FX投資で豊かな人生を育んでもらうための信頼ある投資教育を日々実践。実績として延べ1600人を超える受講生を世に送り出す。

トレードスタイルは、スキャル、デイトレ、スイング、中長期すべてに対応できるので、あらゆる時間軸のチャンスを掴むのが得意。

雑誌掲載実績:65回(2014年11月時点)

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS

掲示板

プレミアムはFXの通信講座です。FXを勉強したくても時間がない方、よりリアルタイムに実践的に学びたい方に最適なFX講座となります。 受講生の中には月間2000万円の利益を上げた方、毎月30万円コツコツ勝ち続ける方、2年間で2.4倍に資産を増やした方などが実在。詳細はこちら
あおのり学校情報室

あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ