チャート分析

ダブルボトムとダブルトップ

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

今回の為替講座では“トレンド転換”についてのお話です。

本題に入る前にまず、

下降トレンドが長く続いている場面を想像してみてください。

そして、このような時にあなたは仮に買いで入っていれば、

次のような衝動に駆られませんか?

『上に上昇しろ、上昇しろー』

『このままでは含み損がどんどん大きくなってしまう』

『一体、この下落はいつまで続くのだろうか?』

 

下降トレンドが続いているうちはどこまでも下がる可能性があります。

上に上がれと念じても、焦っても全く意味がありません。

下落している局面から上昇に転じるトレンド転換のサインがでてはじめて、

上昇に対して確信を深めることができるのです。

そのサインを、“ダブルボトム”と呼びます。

 

ダブルボトムとはどのようなサインとなるのか?

解説していきたいと思います。

ダブルボトムとは

“ダブルボトム”とは、チャート上に下降トレンドが描かれている中で、

二度にわたって底を打つパターンとなります。

図で表すと、次のような形状となります。

ダブルボトム

二番底をつけ、一度目の山を上抜けると、

価格は上昇しやすくなるという傾向があります。

『前回の天井を上にブレイクしたぞ』

『これは上に行く期待ができそうだ』

市場参加者はそう思うわけですね。

つまり、上昇トレンドに転じたことになります。

 

トレンドの定義を理解していれば、

別に形状を覚えるまでもない上昇波動の第一段階となるわけです。

 

最後に、具体的にチャートを使ってWボトムのパターンの復習です。

ダブルボトムは2回底をつけ、

底を付ける過程でできた山を抜けるパターンとなりますが、

この山を抜けてからは次のように大きく価格は上昇する可能性が高まります。

 

大きく下げてからダブルボトムを形成し、

その後大幅上昇している流れが確認できるでしょう?

ダブルボトム

ダブルトップとは

“ダブルトップ”とは、ダブルボトムの逆パターンです。

つまり、上昇トレンドにある時に二度にわたって天井を付け、

その後、底を抜けるパターンとなります。

ちょうど、下のような図に該当します。

ダブルトップ

我々トレーダーや投資家は、二回天井をつけた時点で、

次のような想定を深めます。

『前の高値を超えられなかったか』

『前の山を超えるにはパワー不足になりそうだな』

 

一度目の山と二度目の山の間にある底の部分を下に抜けると、

下落の勢いが増す可能性が高まります。

『あ、前の底よりも下げたぞ』

『これはもっと下がりそうだな』

と考える人が増えるわけですが、

要するに下降トレンドが確定したということになります。

 

このようにWトップやWボトムのパターンを知っていれば、

流れが変わる潮の目を、いち早くキャッチすることができます。

トレンド転換の変化をいち早くキャッチしておきたい方は、

覚えておくと良いでしょう。

【ローソク足の見方】に続く

FX業界の内部情報を公開

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

download