FX用語辞典

スプレッドとは

あおのり学校へようこそ。

あおのり先生です。

 

FXを始めると聞きなれない言葉に出合いますが、

まず初めに出合う言葉の一つとして“スプレッド”が挙げられます。

今回は、このスプレッドについて詳しく見ていきましょう。

 

スプレッドとは

spreadとは、「幅・広がり」と和訳すことができます。

FX取引の場合は通貨の買値(Ask)と売値(Bid)との“差額”のことです。

スプレッドを簡単に言ってしまえば、

FX取引をする際にFX会社に支払う外貨交換手数料と言えます。

 

FX取引では 売値(ask)と買値(bid)の2つの価格が提示されることになります。

売値(ask)とはFX会社が通貨を売る提示価格で、

FXユーザーはこの価格でFX会社から通貨を買うことになります。

 

買値(bid)とはFX会社が通貨を買う提示価格となり、

ユーザーはこの価格でFX会社に通貨を「売る」ことになります。

この売値(ask)と買値(bid)の差額がスプレッドと呼ばれており、

このスプレッドがFX会社の収益となるのです。

 

スプレッドの具体例

よくテレビなどのニュース番組をつけていると、

「1ドル100円00銭~01銭で取引されていて・・・」

という報道がありますよね。

為替レート

この場合、

売値(Bid)が100.00銭で買値(Ask)が100.01銭となり、

スプレッドが1銭という事を表しています。

図にすると、下のようになります。

スプレッド

この差額の1銭が

為替仲介業者(銀行、FX業者など)の実質的な手数料(=スプレッド)となります。

 

なお、

取引業者によって、このスプレッドはまちまちです。

当然ながら、このスプレッドが狭いほうがコストが小さくなるために

利益を残しやすくなりますので、

スプレッドが高い業者で取引している方は、

低スプレッドの業者を選択してみると良いかもしれませんね。

低スプレッド業者はこちら

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード