• ようこそ!あおのり学校ブログへ
  • FXで勝つために必要な知識はわずかに3つ
  • あおのり先生が教えるFX図書館
  • ベストなFX業者を探そう
  • FX投資にて豊かな人生を FXの学校ならあおのり学校

カテゴリー別アーカイブ: MT4チャート比較

MT4の機能と使い方

こんばんは、あおのり先生ですあおのり先生

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

『FXでより効率的に利益を上げていきたい!』

このように考えられている方であれば、

『優れた機能を備えたチャートを使っていきたい』

と考えられることからと思われます。

 

実際に今まで、

向上心の強い数多くの生徒さんやあおのり学校プレミアム会員様より、

『どこのFX業者のチャートが最も優れたチャート分析ができますか?

そのような質問を数多く受けてきました。

 

FXをするときに最も性能の良いチャートであると確信を持って紹介できるのはMT4です。

今回はそのMT4の性能の良さを実感してもらいたいと思います!

このチャートは世界中のプロやアマに利用されていると同時に、

利用者が世界で最も多いポピュラーなチャート機能です。

 

巷では、

世界最強のトレーディングチャートとも言われています!

最強のトレーディングチャートを利用することで、

今まで利用していた、あるいはこれから利用しようとするであろう

どのようなチャートよりもチャート分析力を高める上で有利となり

利益も出しやすくなるでしょう。

 

実際に私もMT4使っているのですが、3大メリットを挙げられます。

①ライントレードをする際に使い勝手が良い

②チャートに表示される期間が長いこと(月足チャートの場合は1978年から表示される)

③独自にチャートを分析するための改良が容易であること

 

①ライントレードをする際に使い勝手が良い

MT4は長い時間軸のチャート上に描いたトレンドラインが、

短い時間軸のチャート上にも描かれるため、

価格の動くトレンドをより正確に予測しやすくなります。

ちなみに、この機能は他のFX業者が提供するチャート分析ツールには搭載されていません。

 

文章だけではピンと来ない方もいると思いますので、具体的に図を使って説明します。

下のMT4チャートは豪ドル円日足チャートでチャート期間は約1年半を表しておりますが、

三角持合いを上抜けて以降、

価格は上昇波動を強めていることが分かります。

豪ドル円日足チャート

今度は豪ドル円の4時間足チャートを確認すると、

さきほど日足チャートで引いた上昇のトレンドラインも描かれており、

日足で引いた上昇ラインライン付近までの調整下落を予測していくこともできます。

この三角持ち合いを表すラインは、日足チャートで描かなければわからなかったことです。

豪ドル円4時間足チャート

このように、

MT4チャートを使えば長期的な時間軸のトレンドラインも把握できるために、

価格の動くトレンドを長い期間の時間軸からも把握できるのです。

 

トレンドは日足、4時間、1時間、10分足チャートなど、

どの時間軸にも出現するのですが、

MT4チャートを使えばあらゆる時間軸に表示されるために、

トレンドを見失うことがなくなります。

 

また、トレンドラインを引く場合、

そのトレンドラインと同じ角度のラインを複製することもできるのですが、

ラインを複製できればいちいちラインを引き直さなくても良いために

MT4は非常に使い勝手が良いです。

ちなみに、この複製機能も他のFX業者が提供するチャート分析ツールには搭載されていません。

 

複製機能について図を使って解説しましょう。

下のようなチャートがあった場合、

矢印で示してある箇所のトレンドラインと平行に上下にラインを引くことはとても簡単で、

一度引いたトレンドラインの上にカーソルを合わせ、

『CTRLキー+カーソル』を動かすだけで、

豪ドル円4時間足チャート

下の図のように簡単にトレンドラインを複製できます。

豪ドル円4時間足チャート

他のFX業者のチャート機能にはこのような複製ができないために、

トレンドラインをまた引く直す必要があるためにラインを引く場合には苦労することになりますが、

MT4は複製が容易なのでライントレーダーにとっては最高のチャートです。

 

次の機能は一般的なチャートでも利用可能なのですが、

MT4でも1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、

4時間足、日足、週足、月足チャートを利用することができますが、

MT4 時間軸

 

②チャートに表示される期間が長いこと

たとえば、ドル円の週足チャートを見ると、

最長で32年間の過去分チャートを見ることができます。

ドル円 週足チャート

週足チャートを確認すると、

ドル円も30年前は276円を付けていた時期もあったのですが、

現在のドル円が大局的に見て相当売り込まれていることも把握することができるようになります。

 

さらに、

下記のようなチャートの拡大・縮小機能を利用すると、

週足チャートの場合であってもより細かい動きを知ることもできるのです。

MT4 zoom in zoom out

今回は拡大機能を押すとどうなるかということを理解してもらえるように、

ドル円の週足チャートの期間をより細かく見てみましょう。

 

週足という同じ時間軸であっても、細かい期間の動きまで

ズームイン、ズームアウトをすることで把握できることがわかりますが、

この機能が搭載されている機能はFX業者が提供するチャートによってまちまちとなります。

ドル円 週足チャート

 

③独自にチャートを分析するための改良が容易であること

自分独自のテクニカル指標を搭載するうえでも役に立つのですが、

詳細は下のチャートを使って説明します。

 

こちらのチャートではMACDに加えて、

移動平均線が使用されていることが分かりますが、

移動平均線の数値も変更が可能となっており、

下のチャートのように25日移動平均線と75日移動平均線を設定の上使用したりもできます。

※チャートによっては数値設定ができずに固定されていものもあります。

豪ドル円 移動平均線

それに、

MT4ではほとんどのテクニカル指標が内蔵されているので、

一目均衡表などのテクニカル指標も加えることができますが、

背景を変えたりすると以下のように玄人っぽい感じで使うこともできるのです。

豪ドル円チャート 一目均衡表 MACD

プログラミングの知識があれば自動売買を独自に設定することも可能となるのですが、

MT4は他のチャートには備えていないような様々な機能が搭載されている優れものです。

 

『価格の動きをより正確に予測していきたい』

『トレンドラインをもっと正確に引いていきたい』

『最も人気の高い高機能チャートで優位性を活かしたトレードをしていきたい』

そのような方々のニーズを満たす、世界最強のトレーディングチャートであるMT4を

ぜひ利用してみてください。

 

FXDDに1分でデモ口座申請をするだけで、

MT4を使うことができます。

FXDDのデモ口座開設はこちら

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:MT4チャート比較 | 3件のコメント |

あおのり学校の先生

あおのり先生

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科卒。証券会社に4年間勤務後、株式やFXを中心に独自の取引手法を確立し、「信頼ある投資教育の創造」を経営理念にあおのり學校を創設。 FXを含む投資業界の信用が置けない慣習を打破すべく、FX投資で豊かな人生を育んでもらうための信頼ある投資教育を日々実践。実績として延べ1600人を超える受講生を世に送り出す。

トレードスタイルは、スキャル、デイトレ、スイング、中長期すべてに対応できるので、あらゆる時間軸のチャンスを掴むのが得意。

雑誌掲載実績:65回(2014年11月時点)

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS

掲示板

プレミアムはFXの通信講座です。FXを勉強したくても時間がない方、よりリアルタイムに実践的に学びたい方に最適なFX講座となります。 受講生の中には月間2000万円の利益を上げた方、毎月30万円コツコツ勝ち続ける方、2年間で2.4倍に資産を増やした方などが実在。詳細はこちら
あおのり学校情報室

あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ