画面の前に座りっぱし?相場が気になり過ぎなあなたへ。

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 

 

こんにちは、高橋です。
 
相場が大きく動いている時、
掲示板やチャットで皆がどんな事を考えているか
気になってチェックする事ってありませんか?
 
私はシステムトレード初心者の頃に
結構やっていました。
 
暴落時などは
「もっと下がる」
「早く逃げないとやばい」
といった掲示板の書き込みを真剣に見ては、
 
おもいっきり影響され、
「これ以上買いポジションを保有しているとやばいかも!」
「ああ~、はやく損切りしたい!」
などと思って焦っていたものです。
 
ほとんどは我慢していましたが、
初心者時代は何度か売買ルールの範囲外の事もやったりしていました・・・。
 
では今はどうなのかというと、
まず、掲示板をほとんど見なくなりました。
たまに「初心者は今、何を考えているのかな?」
という事で見に行くことはありますが、
 
書き込みを参考にしたり、
アドバイスが欲しいという感覚は無いので、
書き込みに影響される事はありません。
 
極々稀に「いい事言ってるな」と思う事もありますが、
そんな事は相当稀ですね。
 
いま思えば、
当時は相場の未来の値動きを当てようとしていて、
相場が上か下かどっちの方向にいくのか解らないから
不安になっていたように思います。
 

「相場が上か下かどっちに行くか」→本質ではない

 
システムトレードの観点から言うと、
相場が上か下かどちらに行くか当てようとしている。
それ自体がちょっとピントがズレていて、
 
どういった相場の動きになっても対応できるような
売買ルールをあらかじめ作っておく事に重要な意味があります。
 
システムトレードに慣れてくると、
膨大なバックテスト経験のなかから、
こういう値動きの後はこうなりやすい、
という傾向が頭に入っていて
 
値動きのパターンの引き出しが多い状態になっています。
(例えば、下落が激しいほど、その後の反発での上昇も激しい等)
 
ですので、冒頭にもあった、
相場が大きく動いている時も、
「ああ、この後はこうなる可能性が高いな」
という見当がつきやすく、
掲示板の書き込みに惑わされるようなことも無くなってきます。
 
こういった
「システムトレードの経験則を活かした相場観」
というのは非常に有効なのですが、
ひとつ弱点があります。
 
それは
実際にシステムトレードをある程度
経験していなければならない
という事です。
 
それは
システムトレードでの勝ち負けを大きく左右する重大な要素の
検証(バックテスト)を何度も繰り返し、
なおかつシステムトレードでの実取引の経験があって
培われていくものだと思います。
 

システムトレードの究極のメリット

 
なんだ・・・じゃあ結局自分には無理だな・・・
と思われるかもしれませんが、
システムトレードの凄いところは、
売買ルールが同じで資金が同じだとしたら、
 
私と、1回もトレードをしたことが無いトレード未経験者の
トレード損益が同じになるという事です。
 
しかも、iTRADEでのシステムトレードの場合、
完全自動売買ですので、
トレード自体未経験者でも
トレードメンタルの弱さから、
売買ルールに干渉してしまう余地がなく、
経験値に関係なく同じ結果が得られます。
 
つまり
トレード熟練者でもトレード初心者でも同じという
計算式が成り立つんですね。
 
他のシステムトレードアプリの場合は、
発注作業は自分で証券会社で手動で発注するのが普通ですので、
発注段階で自分の判断が途中で入る余地が発生してしまいます。
そうなった場合
長い目で見ると、良い結果にはならないのが普通です。
 
あとは、
システムトレードの核となる
売買ルールさえあれば良いのですが、
作成は既に私が完成していますので、
あなたに特別なスキルは全く必要なく、
統計的に優位性のあるシステムトレードを
完全自動売買のiTRADEにて
売買ルール「chronus」を用いて
あなたの大切な資金を運用できるのです。
 

面倒くさい事は全部やっておきました

 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください。
 

 
https://www.synergista.net/chronus

「Chronus」の今週の成績

 
現在、私が作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
 
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 
さて、「Chronus」の今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から10月10日時点で、
561,748円の利益が上がっていたものが、
10月18日時点で、589,322円の利益となり、
約3万円の利益になっています。
少額とは言え、プラスになると気分も良いものです。
前回もプラスでしたので2連勝ですね。
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
左側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。

 

スクリーンショット 2017-10-19 16.18.24
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2017-10-18_20-0-7_No-001
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
10月12日に5万円ほど利益になっていましたので、
ちょこっと上昇したのが見てとれますね。
 

「Chronus」がトップ2にランクイン!

 
株やFXでの売買ルール販売を行っている、
株式会社テラス様のサイトのランキングにて
iTRADE「Chronus」がランクインしています。
URLはこちら
http://www.openterrace.jp/

 

SnapCrab_FX 日経225 株 システムトレードの口コミ、ランキング テラス_2017-10-10_13-52-44_No-001
 
「chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
http://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS: 普段私はテレビをあまり見ないのですが、
こないだ、ふとテレビをつけると「RIJIN」という格闘技の番組があり、
たまたま見たのですが、
久々にテレビでボクシング以外の格闘技を見た。
という事もあってか、かなり面白かったです。
女性選手も迫力がありました。
 
昔はK-1等の格闘技を結構見ていたので、
以前のように格闘技にスポットがあたると良いなって思いましたね。
 
格闘技とチャートって見ているだけで
ワクワクしてきませんか?
 
なにか共通している感じがして、
「ここは攻撃(買う)チャンス!」
「いったんガードを固めよう(仕掛けるのはやめておこう)」
というような事を色々妄想できて楽しいです。
 
因みに私が昔好きだった選手は「ブアカーオ」でした。


カテゴリー:システムトレード | コメントする |

10/16(月)今週の注目指標〜北朝鮮vs中国の緊張〜

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 

 

本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。

10/16(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 地球 第2回日米経済対話(麻生財務相、ペンス米副大統領)
10:30 中国国旗 (中国) 9月消費者物価指数 (前年比) 1.8% 1.6% 横 1.6%
10:30 中国国旗 (中国) 9月生産者物価指数 (前年比) 6.3% 6.4% 上 6.9%
13:30 日本国旗 (日) 8月鉱工業生産・確報 (前月比) 2.1% 下 2.0%
18:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 8月貿易収支(季調前) +232億EUR +233億EUR 下 +161億EUR
21:30 アメリカ国旗 (米) 10月NY連銀製造業景況指数 24.4 20.4 上 30.2
10/17(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 NZ国旗 (NZ) 7-9月期消費者物価指数 (前期比) 0.0% 0.4% 上 0.5%
6:45 NZ国旗 (NZ) 7-9月期消費者物価指数 (前年比) 1.7% 1.8% 上 1.9%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) RBA議事録        
17:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) コンスタンシオ・ECB副総裁 講演
17:15 イギリス国旗 (英) カーニー・英中銀総裁 議会証言        
17:30 イギリス国旗 (英) 9月消費者物価指数 (前年比) 2.9% 3.0% 横 3.0%
17:30 イギリス国旗 (英) 9月小売物価指数 (前月比) 0.7% 0.3% 下 0.1%
17:30 イギリス国旗 (英) 9月小売物価指数 (前年比) 3.9% 4.0% 下 3.9%
17:30 イギリス国旗 (英) 9月生産者物価指数 (前年比) 3.4% 3.3% 横 3.3%
18:00 ドイツ国旗 (独) 10月ZEW景気期待指数 17.0 20.0 下 17.6
18:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10月ZEW景気期待指数 31.7 下 26.7
18:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 9月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) 1.5% 1.5% 横 1.5%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月輸入物価指数 (前月比) 0.6% 0.6% 上 0.7%
22:15 アメリカ国旗 (米) 9月鉱工業生産 (前月比) -0.9% 0.3% 横 0.3%
22:15 アメリカ国旗 (米) 9月設備稼働率 76.1% 76.2% 下 76.0%
23:00 アメリカ国旗 (米) 10月NAHB住宅市場指数 64 64 上 68
2:00 アメリカ国旗 (米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演        
29:00 アメリカ国旗 (米) 8月対米証券投資 +13億USD 上 +672億USD
10/18(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 中国国旗 (中国) 第19回中国共産党大会開幕        
10:30 日本国旗 (日) 桜井・日銀審議委員 講演
17:10 ユーロ国旗 (ユーロ圏) ドラギ・ECB総裁 講演        
17:30 イギリス国旗 (英) 9月失業者数 -0.28万人   下 +0.17万人
17:30 イギリス国旗 (英) 9月失業率 2.3%   横 2.3%
17:30 イギリス国旗 (英) 8月ILO失業率(3カ月) 4.3% 4.3% 横 4.3%
18:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 8月建設支出 (前月比) 0.2% 下 -0.2%
20:45 ユーロ国旗 (ユーロ圏) プラート・ECB専務理事 講演
21:00 アメリカ国旗 (米) ダドリー・米NY連銀総裁、カプラン・米ダラス連銀総裁 ディスカッション        
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月住宅着工件数 118.0万件 117.5万件 下 112.7万件
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月建設許可件数 130.0万件 124.5万件 下 121.5万件
23:15 ユーロ国旗 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演
27:00 アメリカ国旗 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)        
10/19(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- ユーロ国旗 EU首脳会議(於;ブリュッセル、-20日)
- 地球 アジア太平洋経済協力会議(APEC)財務相会合(於;ベトナム・ホイアン、-21日)
8:50 日本国旗 (日) 9月貿易収支 +1136億円 +5568億円 上 +6207億円
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月就業者数 +5.42万人 +1.50万人 上 +1.98万人
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月失業率 5.6% 5.6% 上 5.5%
11:00 中国国旗 (中国) 7-9月期GDP (前期比) 1.7% 1.7% 横 1.7%
11:00 中国国旗 (中国) 7-9月期GDP (前年比) 6.9% 6.8% 横 6.8%
11:00 中国国旗 (中国) 9月鉱工業生産 (前年比) 6.0% 6.5% 上 6.6%
11:00 中国国旗 (中国) 9月小売売上高 (前年比) 10.1% 10.2% 上 10.3%
17:30 イギリス国旗 (英) 9月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) 1.0% -0.1% 下 -0.8%
21:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 24.3万件 24.0万件 上 22.2万件
21:30 アメリカ国旗 (米) 10月フィラデルフィア連銀製造業指数 23.8 22.0 上 27.9
10/20(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- ユーロ国旗 EU首脳会議(於;ブリュッセル、19日-)
- 地球 アジア太平洋経済協力会議(APEC)財務相会合(於;ベトナム・ホイアン、19-21日)
15:00 ドイツ国旗 (独) 9月生産者物価指数 (前年比) 2.6% 2.9%
15:35 日本国旗 (日) 黒田・日銀総裁 講演        
17:30 イギリス国旗 (英) 9月財政収支 -51億GBP -57億GBP
23:00 アメリカ国旗 (米) 9月中古住宅販売件数 535万件 530万件    
23:00 アメリカ国旗 (米) 9月中古住宅販売件数 (前月比) -1.7% -0.9%    
27:00 アメリカ国旗 (米) メスター・米クリーブランド連銀総裁 講演        

今週の一番の注目すべきイベントは18日に開催される
第19回中国共産党大会開幕
です。
党大会を経て今後5年間、中国の最高指導部が決まりますが、習近平総書記の
続投が確実な情勢です。
今回の党大会内で習近平総書記が3期目を狙えるかのような
布石が打たれるかに注目が集まります。

北朝鮮vs中国間の緊張

それ以外にも、毎週のことですが北朝鮮の動向にも注意が必要です。
北朝鮮は、アメリカが
主導する国連の制裁決議に賛同した中国に対し強い不満を持っており、
中国の記念日の周辺に新たな挑発をする可能性もうわさされています。
しかし、この挑発が実際に行われれば、
共産党大会までは波風を立てないようにしていた習近平政権が
大会後に何らかの報復をすることも想定されますので、
今週ミサイルや
核実験が行われるかどうかは今後数カ月単位の東アジア情勢の試金石となるでしょう。

警告:連日最高値の更新する株価

さらに、連日最高値を更新している株価の動向にも気を付ける必要があります。
今のように株価の動向の注目度が高いと
株価の値動きが為替相場にも大きく影響を与える傾向にあります。
特に来週以降選挙が終わるタイミングでは株価が下がることが多いので、
今の上昇トレンドから一転することも想定する必要があります。

ここの詳細は次回のブログで詳しくお話ししたいと思います。

英・豪の雇用統計も注目

今週の経済指標としては18日(水)に発表される英国の雇用統計
(英) 9月失業者数
(英) 9月失業率
19日(木)に発表されるオーストラリアの雇用統計
(豪) 9月就業者数
(豪) 9月失業率
には注目が必要でしょう。
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | 1件のコメント |

【お祭り状態】ビットコインの上昇が止まらない!!日本初の仮想通貨も爆上げ!!

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 

こんにちは。たまねぎ先生です。
 
ビットコインの上昇が止まりません。
一時50万円台をつけたビットコインの価格は一度40万円台に下落をし、
ウロウロとしておりましたが、
 
今週ビットコインは50万円を一気に突破。
その後も上昇を続け、次の大台である60万円台も上抜けを果たしました。
 
スクリーンショット 2017-10-13 11.41.35
 
ビットコインの勢いは止まりません。
 
ニュースやTwitter界隈では、
ビットコインのハードフォークの話題が盛り上がっており、
前回ハードフォークを行って、ビットコインキャッシュが誕生した時に、
自分自身が保有しているビットコインの量と同数のビットコインキャッシュがもらえたことから、
 
今回も同じようなことが起こる可能性が高いということに期待をして
ビットコインを購入している人も多そうに感じます。
 
更には前回のビットコインキャッシュが生まれたハードフォークの際に、
ビットコインの価格は上昇し、
分裂後も「下げるのではないか?」という予想がネット上で多かった中、
 
そんな予想は無視をして大きく価格を上げるビットコインを見ているので、
今回も同じような期待感を持ってビットコインを保有している方が多いのではないでしょうか。
 

ハードフォークとは

 
ハードフォークというのは簡単にいうと、分裂するということです。
現在あるビットコインとビットコインキャッシュに分裂したように、
今回もビットコインとB2Xというコインに分裂する。
 
更にはビットコインゴールドというものまで登場するなど
全ての情報を的確に追うには難しい状態となっております。
 
個人的には11月に予定されているので、
現段階では特に問題視はしていませんが、
日時が近づくにつれて更に新たな情報が出てきて、
確定事項も増えてくると思いますので、その時はお伝えします。
 

日本初の仮想通貨 “ モナコイン”が大きく上昇

 
スクリーンショット 2017-10-13 11.48.51
 
今週のもう1つの大きな話題は、「モナコイン」です。
MONAコインと書きます。
これは日本初の仮想通貨ということで私自身も応援をして、保有もしています。
 
現在日本国内では、zaifとbitflyerで購入可能です。
zaifは取引所で、bitflyerは販売所という違いがありますので、
手数料を安く取引したい場合は、zaifを利用することをオススメします。
 
モナコインはLitecoinをベースとした仮想通貨です。
キャラクターは2chのキャラクターであるモナーが採用されています。
 
実は多くの仮想通貨は使いみちが特にない中で、限られた中ではありますが、
モナコインは実用性が兼ね備えられています。
 
2ch周辺のサービスで利用できたり、Amazoギフト券やVプリペイド等への交換、
同人誌のネット販売やPCゲームの購入に使えます。
将来的には、日本国内で利用可能なサービスや店舗が増えてくることにも期待できます。
 
そんなモナコインが今週大きく上昇しました。
 
100円以下で推移していたものが、
12日に一時300円を超える価格まで上昇しました。
 
この週だけみても3倍以上ですし、
モナコイン自体はその前には40~50円くらいをウロウロしていたので、
そこから考える7~8倍の上昇です。
 
わたし個人としては更に前に10円台などで仕込んでいた分もあり、
300円を超える急上昇をした時に付近で一部決済をいたしました。
 
更なる上昇を見込んで保有を続けている部分もありますし、
また下落した時には買い増すかもしれません。
 

次に爆上げするのはどれ?

 
ここのところの仮想通貨は順番に上昇している傾向がありますね。
今回はモナコインでしたが、その前にはZcashが一時的に上昇しましたし、
その前はモネロ、更に前はLISKと順番に上昇しています。
 
そんな中で安定して上昇しているように見えるのはやはりビットコインですね。
仮想通貨の基軸通貨としての強さを誇示しているように見えます。
 
今のこの状態がいつまで続くかはわかりませんが、
毎週のように新しい仮想通貨は登場していますし、
今後も新たな情報から目が離せないといった状態です。
 
次の上昇仮想通貨を探してみるのも面白いかもしれません。
モナコインのチャートも見てみてくださいね。
個人的にはXRPやETH、更にはNEM/XEMに期待しています。
 
 

PS.
仮想通貨は法律が整備されていない為、
保証も整っていません。

なので、取引所選びは重要です。

取引所は、日本のものと海外のものがありますが、
最初は操作面でも表記などが分かりやすい、
日本の取引所を選ぶことをお勧めします。

日本で主要な取引所をいくつかピックアップ
したので参考にしてください。

coincheck     QUOINEX     Bitfyer
↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
    


カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |
1 / 37712345...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ