完全自動で利益率17.8%達成!ランキングトップ2に。(シストレ今週の成績)

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 

先日、ネットを見ていると、
グーグルから翻訳機能があるイヤホンが発売されるという記事を見ました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21912180V01C17A0EAF000/
 
日本語を含め40か国以上に対応しているらしく、
そのイヤホンをしていれば、
多くの言語を翻訳してくれるそうです。
 
翻訳の正確性は解りませんが、
ドラえもんの道具が現代に追いついたようで、
夢のようなアイテムですよね!
 
外国語の勉強って、
英語だけでも習得するのは大変なのに、
複数の言語を習得しようとすれば、
なおさら大変ですよね。
 
会話だけならこのイヤホンがあれば成立しそうなので、
外国語の習得の労力がなくなると思うと、
凄く価値があると思います。
 
これと同じような事が
システムトレードにもありまして、
 
完全自動売買のシステムトレードは売買ルールさえあれば
あとはコンピュータにお任せなので、
非常に運用がラクなのですが、
 
自分で売買ルールを作成する場合、
かなりの時間と労力を要する事になります。
 

「Chronus」の今週の成績

 
現在、私が作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 
さて、「Chronus」の今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から10月4日時点で、
548,062円の利益が上がっていたものが、
10月10日時点で、561,748円の利益となり、
約1万円の利益になっています。
 
3連休が絡んでいたという事もあり、
株式市場の営業日が少なかったので、
損益の幅も少なかったという面も大きかったですね。
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもあります。
 
2bb29e9d-22c1-45b8-ac0a-ec67bc74792f
 
今週は先週で損失になっていた空売りのCS4のストラテジーにて利益となっていました。
 
ストラテジーの名前には法則がありまして、
Lは買いストラテジー、
Sは空売りストラテジー、
数字が小さいものが1回の取引での利益率が
バックテスト上で多かったという法則があります。
 
CL1の場合、
買いのストラテジーの中で、
バックテストで1回の取引の利益率が一番高いストラテジーという事になります。
 
スクリーンショット 2017-10-12 11.28.02
 
CS3の場合、
空売りのストラテジーの中で
バックテストで1回の取引の利益率が3番目に高いストラテジーという事になります。
 
スクリーンショット 2017-10-12 11.28.12
 

資産曲線の推移は・・・

 
SnapCrab_Chronus#SIM_2017-10-11_16-43-2_No-001
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
9月の後半から多少の上下はあるものの、
資産曲線がほとんど横ばいになっています。
 
理想を言えば、凹凸の資産グラフではなく、
常に右肩上がりの資産グラフを描きたいところですが、
それはあくまでも理想論です。
 
こういった横ばいの期間をストレスなく過ごせるのが
完全自動売買のメリットですね。
 
逆に、裁量トレードで、横ばいのトレードが続くと
ストレスが大きいと思います。
 

「Chronus」がトップ2にランクイン!

 
現在、日本株やFXでの売買ルール販売を行っている、
株式会社テラス様のサイトのランキングにて
iTRADE「Chronus」がランクインしています。
URLはこちら
http://www.openterrace.jp/
 
SnapCrab_FX 日経225 株 システムトレードの口コミ、ランキング テラス_2017-10-10_13-52-44_No-001
 
日本株の売買ルールを40個以上販売しておられるサイトにて
ランクインされた事は私も非常に嬉しく思っています。
 
「Chronus」は高い利益率を売買ルールのコンセプトにはしておらず、
あくまでも現実の売買で安定した利益を生むことを第一と考えています。
 
そういった中でランキングに入る事が出来たのは
私自身驚きですが、
その反面、非常に嬉しく思っています。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS:外国語の文章を見るだけで
別の言語に翻訳してくれるメガネが既にあるみたいですので、
イヤホンと同時に使用すれば最高ですね。
http://search.fenrir-inc.com/?hl=ja&channel=sleipnir_s&safe=off&lr=all&q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D


カテゴリー:システムトレード | コメントする |

10月9日(月)今週の注目指標(先週の米:雇用統計解説も!)

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 

本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。
 
その前に先週金曜日注目のアメリカの雇用統計が発表されました。
結果は予想+8.0万人に対し-3.3万人と市場の予想を大きく下回っただけでなく
マイナスとなったのは2010年9月以来とじつに7年ぶりの結果となりました。
 

先週の(米)雇用統計を振り返る

 
米雇用統計加工画像
 
米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響が大きいため
 
前月よりかなり落ち込むことは予想されていましたが、
ここまで悪い結果は想定外だったと言えるでしょう。
 
しかし、その結果を受けて為替がどう動いたかというと。。。
 
USDJPY
上記のように発表直後は円安となっています。
専門家はこの動きを
 
「悪いと予想されていた雇用統計の数字に対し、
同時に発表された平均時給が良かったため」
 
などと解説していますが、
これが私が何度もお伝えしている
相場が大きく動く時が分かっていてもその方向を予測することは至難である
といういい典型例かと思います。
 
この解説もその後結局円高方向に動いていることから正しかったとしても
一時的な効果しかもたらしていません。

今週の注目指標

では、今週の注目指標を解説して参ります。
 

10/9(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 日本国旗 東京休場(体育の日)
- ユーロ国旗 (ユーロ圏) ユーロ圏財務相会合(於;ルクセンブルグ、-10日
- 地球 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第4回協議(於;ワシントン、-15日)
15:00 ドイツ国旗 (独) 8月鉱工業生産 (前月比) 0.0% 0.9% 上 2.3%
10/10(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 日本国旗 (日) 衆議院解散公示
- 地球 北朝鮮、朝鮮労働党創建72周年記念日
8:50 日本国旗 (日) 8月国際収支-経常収支 +2兆3200億円 +2兆2233億円 上 +2兆3804億円
8:50 日本国旗 (日) 8月国際収支-貿易収支 +5666億円 +2649億円 上 +3187億円
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月NAB企業信頼感 5 上 7
12:20 オーストラリア国旗 (豪) デベル・豪準備銀(RBA)副総裁 講演
14:00 日本国旗 (日) 9月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 49.7 50.2 上 51.3
14:00 日本国旗 (日) 9月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 51.1 50.5 上 51.0
15:00 ドイツ国旗 (独) 8月貿易収支 +195億EUR +195億EUR 上 +200億EUR
15:00 ドイツ国旗 (独) 8月経常収支 +194億EUR +170億EUR 上 +178億EUR
17:30 イギリス国旗 (英) 8月鉱工業生産 (前月比) 0.2% 0.2% 横 0.2%
17:30 イギリス国旗 (英) 8月製造業生産 (前月比) 0.5% 0.2% 上 0.4%
17:30 イギリス国旗 (英) 8月貿易収支 -115.76億GBP -111.50億GBP 下 -142.45億GBP
21:00 イギリス国旗 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP 0.4% 横 0.4%
23:00 アメリカ国旗 (米) カシュカリ・米ミネアポリス連銀総裁 講演        
10/11(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 中国国旗 (中国) 中国共産党第18期中央委員会第7回総会
8:50 日本国旗 (日) 8月機械受注 (前月比) 8.0% 1.0% 上 3.4%
8:50 日本国旗 (日) 8月機械受注 (前年比) -7.5% 0.7% 上 4.4%
9:00 アメリカ国旗 (米) カプラン・米ダラス連銀総裁 講演        
20:15 アメリカ国旗 (米) エバンズ・米シカゴ連銀総裁 講演        
27:00 アメリカ国旗 (米) FOMC議事録(9月19・20日分)        
27:40 アメリカ国旗 (米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演        
27:50 ユーロ国旗 (ユーロ圏) プラート・ECB専務理事 講演
10/12(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 地球 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、-13日)
8:01 イギリス国旗 (英) 9月RICS住宅価格 6% 4% 上 6%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 8月住宅ローン貸出 (前月比) 2.9% 0.5% 上 1.0%
13:30 日本国旗 (日) 8月第3次産業活動指数 (前月比) 0.1% 0.1% 下 -0.2%
18:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 8月鉱工業生産 (前月比) 0.1% 0.6% 上 1.4%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月生産者物価指数 (前月比) 0.2% 0.4% 横 0.4%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月生産者物価指数 (コア:前月比) 0.1% 0.2% 上 0.4%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月生産者物価指数 (前年比) 2.4% 2.6% 横 2.6%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月生産者物価指数 (コア:前年比) 2.0% 2.0% 上 2.2%
21:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 26.0万件 25.2万件 上 24.3万件
23:15 ユーロ国旗 (ユーロ圏)ドラギ・ECB総裁、ブレイナード・米FRB理事 講演        
23:30 アメリカ国旗 (米) パウエル・米FRB理事 講演        
10/13(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 地球 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(於;ワシントン、-13日)
- 地球 国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季総会(於:ワシントン、-15日)
6:30 NZ国旗 (NZ) 9月企業景況感(PMI) 57.9 下 57.5
12:27 中国国旗 (中国) 9月貿易収支 +419.9億USD +380.0億USD 下 +284.4億USD
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月消費者物価指数 (前月比) 0.4% 0.6% 下 0.5%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月消費者物価指数 (コア:前月比) 0.2% 0.2% 下 0.1%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月消費者物価指数 (前年比) 1.9% 2.3% 下 2.2%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月消費者物価指数 (コア:前年比) 1.7% 1.8% 下 1.7%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月小売売上高 (前月比) -0.2% 1.7% 下 1.6%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月小売売上高 (前月比:除自動車) 0.2% 0.9% 上 1.0%
23:00 アメリカ国旗 (米) 10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報 95.1 95.0 上 101.1
23:00 アメリカ国旗 (米) 8月企業在庫 (前月比) 0.2% 0.7% 横 0.7%
23:25 アメリカ国旗 (米) エバンズ・米シカゴ連銀総裁 講演        
24:30 アメリカ国旗 (米) カプラン・米ダラス連銀総裁 講演        
26:00 アメリカ国旗 (米) パウエル・米FRB理事 講演        

 
今週の特徴としては各国政治に関わる重大イベントが控えています。
 
特に10月10日(火)の北朝鮮朝鮮労働党創建72周年記念日近辺にはここのところおとなしい北朝鮮
新たな挑発をする可能性が高く注意が必要です。
 
また同日、日本でも衆議院解散公示があります。
この日はバイナリーオプションのレンジ相場攻略法はまず使えないでしょう。
 
翌日11日(水)には中国共産党第18期中央委員会第7回総会があります。
ここでは最高指導部メンバーが大幅に入れ替わる政治局常務委員(現7人)の人事が焦点となります。
 
さらに12日-13日にはG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれます。
為替に対する要人の発言があれば大きくレートが動く可能性があります。
 
また経済指標としては13日に発表される
(米) 9月消費者物価指数
(米) 9月小売売上高
 
には注目が必要でしょう。
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

初心者はまず騙される、ほとんど知られていない“上場した取引所の実態”

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
こんにちは。たまねぎ先生です。
 
今週の仮想通貨業界は、価格の上下という意味では落ち着いていますが、
日本国内で大きなニュースが2つありました。
1つは「ADAコインのBittrex上場」、
もう1つが
「テックビューロのCOMSAとCAMPFIRE事件」です。
 

ADAコインのBittrex上場

 
ADAコインというのは、日本国内で販売されていたコインです。
仮想通貨によくあるICOで資金調達をした時に
発行されるトークンといったわけではなく、
 
約2年前から代理店方式によって販売されてきたコインになります。
個人的にはこのコインには絡んできませんでしたが、
周りには販売している人間、
それを購入している人間が複数いました。
 
インターネットで検索すると「詐欺」という言葉と
セットででてくることが多いです。
仮想通貨業界の「詐欺」の定義付けはとても難しく
 
現在でもICOをして資金調達を完了させたにも関わらず
プロダクトを1つもローンチしていないプロジェクトもあり、
 
それらも見方を変えると詐欺のようにも思えます。
そのことは前提として頭に入れておいてもらいたいのですが。
 
今回のこのADAコインの上場は何が問題視されて
話題になったのかといいますと、
Bittexなどの取引所への上場は資金があれば可能だということです。
 
一説には8,000万円〜1億円を支払うと仮想通貨を上場させてくれるとの情報があります。
 
仮想通貨の業界に入ったばかりの人は
 
取引所に上場している=まともな仮想通貨
という風に考えてしまう可能性があります。
 
ですが、実際はお金を支払えば誰でも仮想通貨を
取引所に上場させることができてしまうのです。
 
しかもBittrexのような世界最大規模の取引所にです。
ICOを成功させたり、代理店販売などで大きな利益を得ているプロジェクトの本体は資金力があるので、
簡単に取引所に上場させることが可能ということになってしまいます。
 
つまり現在の仮想通貨業界は、
「資金力を持っているところが勝つ」という構図になってしまっているということです。
これから仮想通貨の取引を始めようとしている人、
始めたての人はこれらの情報は頭に入れておいてください。
 
pry-1332305_1280
 

テックビューロのCOMSAとCAMPFIRE事件

 
今週のもう1つの大きなニュースは、
日本国内の仮想通貨取引所である「zaif」を運営しているテックビューロが行う
 
COMSAというICO案件で、
第一弾ICOが予定されていたCAMPFIREが
突然中止するというツイートを社長が流した
ことで問題になりました。
 
双方当然意見はあるようですが、
特に変更なくCOMSAのICO・トークンセール案件は継続しています。
 
今回の問題がどこまで拡大するのかはわかりませんが、
まだまだ業界自体が未熟なのだと感じました。
 
私個人としては、NEM/XEMを推してるだけあって、
取扱のある「zaif」を応援しているのですが、
 
どうにも企業としては未熟だといわざるをえません。
今後の発展に期待するしかありませんね。
 
ちなみに私は、事前にzaifトークンというものを購入しており、
今回のCOMSAにこのzaifトークンで参加できるということから
少しだけ参加してみます。
 

世界に先駆けた日本の制度

 
仮想通貨業界はまだまだこれからの業界です。
 
日本では世界に先駆けて「仮想通貨交換登録業」という
仮想通貨を取り扱う企業の登録制度が始まりました。
 
この10/1スタートです。
この審査に通過したzaifでもこのような不備が多々ある状態なので
 
我々投資家は冷静に物事を見て、判断する必要があります。
 
投資は自己責任とよく言いますが、この業界では余計にそれを感じます。
 
これまでは仮想通貨の取引所からスタートしたような企業が多くありましたが、
今回の規制のタイミングから大手企業がこの業界に参入してきています。
 
SBIやマネーパートナーズ、更にはサイバーエージェントまで
仮想通貨事業を始めるようです。
 
ここから規制も厳しくなり、顧客保護の動きも強化され、
我々投資家が投資しやすい環境になってくれることを願っています。
今後の業界の動きに注目ですね。
 
これから仮想通貨の取引所の数は一気に増えてくると思います。
選択肢が増えて、サービスの競争になるので、
今よりも取引しやすくなったり条件がよくなったりするかもしれません。
 
FXの業界も昔はスプレッドが広かったが今は狭くなっています。
更に取引所が増えたら裁定取引を行うチャンスも増えるかもしれませんね。
 
楽しみです。
今の内から仮想通貨の取引に慣れておく
と今後メリットが拡大するかもしれません。
 
ぜひ積極的にチャレンジしましょう。
 
 
PS.
やってみたいけど、そもそも仮想通貨のことを良く分かってないから
なんとなく手をつけられない・・そんなあなたのために
仮想通貨取引を開始するのに役立つ無料プレゼントをご用意しました。

「仮想通貨のことをもっと知りたい!」
と言う場合は、以下のページからプレゼントをゲットしてください。(無料です)

↓ ↓ ↓

あおのり学校 特別レポート「知っておきたい仮想通貨のハナシ」


カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |
10 / 385«...89101112...203040...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ