バケット先生のFXワールドニュース Vol.9【FXこぼれ話】大予想!2018年は円高?円安?

皆様、こんにちは。バケット先生です。
FXワールドニュースをお届けします。

 
 
Vol.9 【FXこぼれ話】大予想!2018年は円高?円安?
 
トピック
・昨年のドル円はほとんど動きがなかったが・・・
・北朝鮮リスクによる相場変動の実情とは?
・相場のマグマが噴き出す引き金は、何?
・アメリカの株価が上がっていることの影響とは?
・円安なら日本の大企業が喜ぶのだが・・・
・結局、2018年は円安?円高?
 

 
音声ファイルのダウンロードはこちら


カテゴリー:FXワールドニュース | コメントする |

1月15日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 

本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。

1/15(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- アメリカ国旗 NY休場(キング牧師誕生日)
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 11月貿易収支(季調前) +189億EUR 上 +263億EUR
27:15 イギリス国旗 (英) テンレイロ・MPC委員 講演
1/16(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 地球 北朝鮮問題に関する外相級会合(於;加・バンクーバー)
13:30 日本国旗 (日) 11月第3次産業活動指数 (前月比) 0.3% 0.3% 上 1.1%
18:30 イギリス国旗 (英) 12月消費者物価指数 (前年比) 3.1% 3.0% 横 3.0%
18:30 イギリス国旗 (英) 12月小売物価指数 (前月比) 0.2% 0.6% 上 0.8%
18:30 イギリス国旗 (英) 12月小売物価指数 (前年比) 3.9% 3.9% 上 4.1%
18:30 イギリス国旗 (英) 12月生産者物価指数 (前年比) 3.0% 2.9% 上 3.3%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月NY連銀製造業景況指数 18.00 19.00 下 17.70
1/17(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
8:50 日本国旗 (日) 11月機械受注 (前月比) 5.0% -1.4% 上 5.7%
8:50 日本国旗 (日) 11月機械受注 (前年比) 2.3% -1.0% 上 4.1%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 11月住宅ローン貸出 (前月比) -0.6% 0.0% 上 2.1%
17:55 ユーロ国旗 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁 講演
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 11月建設支出 (前月比) -0.4% 上 0.5%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) 1.4% 1.4% 横 1.4%
23:15 アメリカ国旗 (米) 12月鉱工業生産 (前月比) 0.2% 0.5% 上 0.9%
23:15 アメリカ国旗 (米) 12月設備稼働率 77.1% 77.4% 上 77.9%
24:00 アメリカ国旗 (米) 1月NAHB住宅市場指数 74 72 横 72
28:00 アメリカ国旗 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)        
1/18(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:00 アメリカ国旗 (米) エバンズ・米シカゴ連銀総裁 講演        
6:00 アメリカ国旗 (米) 11月対米証券投資 +232億USD 上 +575億USD
6:30 アメリカ国旗 (米) メスター・米クリーブランド連銀総裁 講演        
9:01 イギリス国旗 (英) 12月RICS住宅価格 0% -1% 上 8%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 12月就業者数 +6.16万人 +1.50万人 上 +3.47万人
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 12月失業率 5.4% 5.4% 下 5.5%
13:30 日本国旗 (日) 11月鉱工業生産・確報 (前月比) 0.6% 下 0.5%
16:00 中国国旗 (中国) 10-12月期GDP (前期比) 1.7% 1.7% 下 1.6%
16:00 中国国旗 (中国) 10-12月期GDP (前年比) 6.8% 6.7% 上 6.8%
16:00 中国国旗 (中国) 12月鉱工業生産 (前年比) 6.1% 6.1% 上 6.2%
16:00 中国国旗 (中国) 12月小売売上高 (前年比) 10.2% 10.2% 下 9.4%
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月住宅着工件数 129.7万件 127.5万件 下 119.2万件
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月フィラデルフィア連銀製造業指数 26.2 25.0 下 22.2
22:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 26.1万件 24.9万件 上 22.0万件
22:30 アメリカ国旗 (米) 12月建設許可件数 129.8万件 129.5万件 上 130.2万件
23:30 ユーロ国旗 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演
1/19(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:30 NZ国旗 (NZ) 12月企業景況感(PMI) 57.7
16:00 ドイツ国旗 (独) 12月生産者物価指数 (前年比) 2.5% 2.3%
18:30 イギリス国旗 (英) 12月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) 1.1% -0.8%    
24:00 アメリカ国旗 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報 95.9 97.0    
27:00 アメリカ国旗 (米) クオールズ・FRB理事兼副議長        

先週の動きとしては、主要通貨ペアで軒並み大きく値が動きました。
下記が、その騰落率になります。

EUR/USD 1.2199(+1.42%)
EUR/JPY 135.44(-0.39%)
GBP/JPY 152.47(- 0.60%)
AUD/JPY 87.86(- 1.17%)
USD/JPY 110.94(-1.84%)

特に、ドル円は大きく動き、この1週間で3円近く円高となりました。

ドル円チャート

これは、日本銀行による9日の超長期国債買い入れ減額がきっかけだと言われており
一時的なものだと言われていますが、

アメリカの株価が絶好調な中、投資家が抱える
漠然とした不安感の現れと言えるでしょう。

今後様々な実際の危機が表面化すれば
このような動きがいつでも起こりえるということを頭にいれておきましょう。

では、今週はどうでしょうか?

今週の注目指標

今週は、現在進行している円高の流れが一服するのか、トレンドとして継続していくのかが
最大の焦点になりそうです。先週注目すべき指標としてご案内していた

(米) 12月消費者物価指数

が無難な数字であったにもかかわらず、その後円高が止まらなかったことから、前半もこの流れが出やすい地合いではあります。

またユーロ関連では、昨年から混迷していたドイツの連立政権の行方について
メルケル首相が先週第2党の社会民主党(SPD)と連立に向けた正式交渉に入ることで暫定合意しました。
これが正式合意としてまとまるのか、注目が必要です。

その他注意すべき経済指標は

17日に発表される
(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

18日に発表される
(豪) 12月就業者数
(豪) 12月失業率

(中国) 10-12月期GDP (前期比)
(中国) 10-12月期GDP (前年比)

には注目が必要です。

では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

2018年に自動で手堅く儲ける唯一の方法

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
 
日経平均が新年早々、大幅に上昇していますね。
喜ばしい限りです。
このままどこまでも上にすっ飛んで行ってくれれば良いんですけどね。
 
しかしながら、知人やネットなどで景気が良い声が目立つのは
もっぱら仮想通貨関連で、
資産が一気に〇倍になった。とか
〇〇が今度急上昇するんじゃないか?とか
そういった盛り上がっている声が聞こえてきます。
 
私も、仮想通貨もってます
以前にもお伝えしましたが、
私も仮想通貨に手をだしており、
長期保有目的で購入したものが、
現在数倍になっています。
 
実際、システムトレードで短期間のうちに
資金を数倍にすることは難しいので、
この仮想通貨での利益は棚からぼたもち的な気分で嬉しいものです。
 
しかし悲しいかな
私が仮想通貨で仕掛けた資金は僅かであり、
「あ~、もっと買ってたら今頃爆益でウハウハだったな」
という思いが少し頭をもたげます。
 
しかしそれは結果論であり、
仮想通貨を買う時に(結果がどうなるか解らない段階で)自己資金の大半を注ぐ事は出来ません。
私のトレードのポートフォリオ(内訳)は
あくまでもシステムトレードが大本命です。
 

私の現在のポートフォリオとは?

 
個人のとれるリスク量は人それぞれですが、
私の場合は、
一か八かのギャンブル的なトレードに頼りきるのは良しとしませんので、
システムトレードでコツコツ安定的に稼ぎつつ、
資金の一部で仮想通貨にてハイリスクながらもハイリターンを狙う
というのが私の現在のトレード方法です。
 
ひとつのトレード方法で
運用資金を100%使うというのも良いとは思うのですが、
リスク&リターンが異なるトレード方法をミックスして、
自分の理想のポートフォリオを作っていくのも良いと思います。
 
そういった考えの上でも、
システムトレードはお勧めです。
 
何故なら、システムトレードは売買ルールが完成している段階では、
トレードにかける時間と労力が極端に短い(場合によっては皆無)ので、
他のトレード方法に時間と労力をかける事が出来るというメリットがあります。
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31

http://synergista.jp/lp/ic1y/

 

「Chronus」の今週の成績(12/29~1/11)

 

現在、私が「iTRADE」で作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 
さて、「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から12月28日時点で、
529,021円の利益が上がっていたものが、
1月11日時点で、532,906円の利益となり、
3,885円の利益となっています。
今期は僅かながら勝ちましたので、
3連勝となりました。
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。

 

スクリーンショット 2018-01-12 9.37.03

 

今期は小さな利益と小さな損を重ねながら
トータルでプラスになりました。

 

SnapCrab_NoName_2018-1-11_17-25-52_No-001

 

上の図の今期の日経平均の赤丸の箇所を見て頂きたいのですが、
今期の前半の新年に入り日経平均が上昇しております。
こういった日に利益が大きくとれなかったのは残念ですが、
元々空売りのポジションが多かったので仕方ない部分があります。
トレードでは大きく勝つ事も重要ですが、
大きく負けない事の方が重要ですので、
今回の場合、空売りでトータルで損にならなかっただけマシと考えるべきです。
 
現在のポジション比率は
空売りのポジション比率が圧倒的に多い状況になっています。
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-1-11_17-10-31_No-001
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
黄色の〇が今期の資産の推移です。
今期はほぼ横ばいであり、
今は引き続きチャンス待ち状態となっております。
いつ相場の変動があり、
チャンスが発生するか解らないのが
面白いところです。
 

「chronus」について

 
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
http://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

thermometer-833085_1280

 

PS:年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は年末年始を風邪で寝込んでしまい、
無駄な過ごし方をしました。
 
以前、風邪予防のために
マルチビタミン&ミネラルのアプリを愛飲していると言いましたが、
今回こっぴどくやられてしまいました。
しかもこの頃
風邪をひきやすいうえに、
いちど風邪をひいてしまうと、
なかなか治りが遅いという事態です。
 
ネットで調べていると、
グルタミンが風邪予防に効くという事で、
早速ネットで注文しました。
しかも疲労回復にも効く
との事で
新しい売買ルールを作って運用してみた時のような
期待感でいっぱいです。
 
私にとってグルタミンは救世主となってくれるんでしょうか。
 
体調にはくれぐれも注意してくださいね。


カテゴリー:システムトレード | コメントする |
2 / 39612345...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ