ビットコインはもう一度下がる。

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
今週はビットコイン(以下、BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)が大きく関連しながら動きました。
 
端的にお伝えすると、
11/12日にBCHが大きく上昇し、一時的に25万円を超え、
同じタイミングでBTCは下落し、
65万円を一時的に割りました。
 
現在はBCHは13万円ほど、
BTCは80万円を再度超える上昇を見せています。何が起こったのでしょうか。

 

スクリーンショット 2017-11-17 1.46.49
 

ビットコインをめぐる4つの要因

 
色々な要因が重なり今回の状況を生み出したと考えられています。
 
1つは
BCHのハードフォークが13日に予定されており、
その前にBCHに買いが集中してBCHが上昇したということ。
 
実際にハードフォーク前に上昇しています。
これはBTCの時と同じですが、
ハードフォークの時に分岐した新しい通貨も、
自動的に付与してもらえる取引所やウォレットにBCHを置いていると新しくうまれた通貨ももらうことができる
 
という期待値からBCHを購入した人が多くいたということかと思われます。
 
2つ目に、
BTCのSegwit2xによる分岐が中止される
というニュースがその前に流れていたこと。
 
これは3つ目の話に繋がりますが、
ビットコインのトランザクション問題に向けて動いていたものが
一旦中止というネガティブニュースと捉えられたようです。
 
これによりBTCが売られ、代わりにBCHが買われるという流れが起きました。
 
3つ目に、
BTCのトランザクション(取引)づまりから
取引の遅延や取引手数料の高騰問題があり、
BTCの信用度が下がっていたこと。
 
実際にここ最近BTCを取引所やウォレットから
 
他のところに送金している人が経験済みかもしれませんが、
BTCの送金手続きして、送金先に着金するまでにすごく時間がかかります。
 
もちろん送金手数料を自分で設定できるところで高めに設定すれば比較的早く着きますが、
 
そもそも海外送金などのコストダウンになるというのもメリットの1つであるBTCが、
 
送金手数料を高く設定しないと着金しないという現状では元も子もありません。
 
そして4つ目に、
ハッシュパワーの問題です。今回の要因の中ではこれが一番大きな要因になったのではないかと考えられています。
 
これを説明いたしますと、
BTCやBCHはPow(Proof of work)というアルゴリズムで動いています。
 
これはBTCやBCHのネットワークを動かすために世界中で
(実際は電気代が安く土地が広いところが多い、中国やアイスランドなど)
コンピュータが高難易度の計算をし続けています。
 
これをマイニング(採掘)と言いますが、
このマイニングの作業量のことをハッシュパワーといいます。
 
このBCHが上昇し、BTCが下落した時には、
このハッシュパワー(マイニング作業量)でBCHがBTCを上回ったのです。
 
このハッシュパワーが十分にないとPowによるネットワークを保持することができなくなるのです。
そもそもマイナー(マイニングをする人や法人や団体)は、
なぜマイニングをするのかというと、
 
色々な理由がある中でも
単純に「稼げるから」という理由が大きいです。
 
このハッシュパワーが大きい方がマイナーの利益が大きくなるのです。
これらの理由から多くの人がBTCからBCHに移動を開始し、
これがBCHの急騰に繋がったと言われています。
 

BTCとBCH。今後の行方

 
BTCからハードフォークされてうまれたBCHですが、
今後この2つの関係はどうなっていくのでしょうか。
 
色々な意見が出ていますが、
個人的には両者揃って残るのではないかと考えています。
 
どちらが本物のビットコインなのか?
というテーマでの議論もよく見かけますが、
別のものであるのであれば、
 
どちらがというのは関係なく両者の価格が上昇し、
安定してくれたらいいのではないかと考えています。
 
テクニカル的にはBTCはまだ下を見に来るのかなと判断しておりまして、
まだ買い増ししておりません。
 
逆に今はBCHの方を少しずつ買い増しております。
BTCはできれば60万円台、
更に下落して50万円台で買いたいなと思っておりますが、
 
そこまで来ないで100万円を越してしまう場合もありますので
買い逃したくない方は少しずつ買われるのがいいと思います。
 
 
PS.
仮想通貨は法律が整備されていない為、
保証も整っていません。
 
なので、取引所選びは重要です。
 
取引所は、日本のものと海外のものがありますが、
最初は操作面でも表記などが分かりやすい、
日本の取引所を選ぶことをお勧めします。
 
日本で主要な取引所をいくつかピックアップ
したので参考にしてください。
 
coincheck     QUOINEX     Bitfyer
↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
    


カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

ある日突然脱税に?トレードで税務署にしょっぴかれない方法

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 

年末が近づいてきました。
私が以前FX会社に勤めていた時は年末が近づいてくると
どんどんお客様からの問い合わせが増えていくので、
この時期はあまりいい思い出はありませんでした。笑
 
なぜならFXでは、その1年間の間に一定額以上の利益をあげた人は
必ずその金額を確定申告しなければならないのです。
 
ですので、
年末が近づくと、確定申告に必要な資料は?
といった問い合わせの電話が殺到し、
対応に大わらわだったからです。
 
後にも書きますが、
FXでの利益については一定額以上であれば必ず報告しなければなりません。
また
徴収される金額も大きいので儲かったからといって全て使い切ってしまうと大変なことになります。
今日は、FX取引で儲けた人が絶対知っておくべき確定申告と
儲けることができなかった人にもおトクな繰越控除制度について解説したいと思います。
 

FXやバイナリーオプションの所得にかかる税金とは?

 
まず、FXやバイナリーオプションの利益分にかかる税金は「雑所得」に分類され、
他の所得とは分離して税額を計算する必要があります。(申告分離税)
 
ですから、大体これくらいとか、合算でいくらという形での申告は認められず、
あなた自身がその詳細を確実に把握していなければなりません。
 
但し、国内業者であればFXとバイナリーオプションは、
利益の合算分(複数の業者にまたがって)を把握して報告すれば大丈夫です。
 
税率は20%(さらに復興特別所得税:0.315%(平成39年末まで)ですので、
出金して使うときはそのことも頭に入れておきましょう。
 

申告が必要な利益とは?

 
FXにおける利益とは、
決済が完了し確定した利益とスワップポイントにのみかかります。
どれだけ利益があってもポジションを保有したままの分は関係ありません。
 
バイナリーオプションでは
このポジションの繰り越しはありませんので、ペイアウト
途中清算で得た利益がそのまま申告に必要な利益になります。
 

いくらから申告が必要?

 
確定申告をする必要がある利益の下限額は、納税者の属性によって異なっています。
 
あなたの年収や、属性などによってもことなるため
お近くの税務署で確認されることをオススメいたします。
 
例えば年収が2,000万円以下のサラリーマンであれば、
FXでの儲けが年間20万円を超えれば、
会社の源泉徴収以外で確定申告をしなければなりません。
 

FXやバイナリーオプションの利益を確認するには?

 
各社取引プラットフォームから、年間の損益が確認できる報告書を用意しているので
基本的にはそこから確認してもらうことになります。
 
ちなみに、私の会社の報告書は、
日本時間ではなく世界標準のGMT(グリニッジ標準時)を採用していたため、
日本時間と9時間の時差があります。
 
そうすると年間の損益を出しても日本時間のそれとは異なってしまうことがあり、
それを説明するのが大変だった記憶があります。笑
 
そういったこともあるので、
今のうちにどうしたらいいのか確認しておくといいでしょう。
 

今年損失が出ててもこの話、関係あります。

 
FXやバイナリーオプションで損失を出した人の中には、
私には関係ない!と思っている方もいるかもしれません。
 
しかし、その考えは大間違いです!
 
残念ながら今年は利益を出すことができなかったあなたも
来年利益が出て税金の徴収対象となった場合、
 
前年の損失をキチンと確定申告で報告していれば、
この徴収分を控除してもらうことができるんです。
これを「繰越控除」と呼びます。
 

繰越控除とは

 
繰越控除とは、
取引で発生した年間の損失を翌年から3年間に渡って
その利益が出た分を相殺することができる制度です。
 
例えば、今年あなたは取引で年間100万円の損失を出したとします。
当然この場合非課税となりますが、
 
それをきちんと確定申告しておけば、
翌年取引で100万円の利益を出したとしても、
100万円の利益と100万円の損失を相殺することができます。
 
つまり、翌年も非課税になってしまうのです。
 
もし、確定申告をしていなければ翌年は100万円の利益に20%の税金が徴収されますから、
20万円を支払わなければならないので、大きな差になってきます。
 

繰越控除で気をつけなければならないこと

この繰越控除、3年に渡って利益を損失で相殺することが可能ですが、
1点気をつけなければならないことがあります。
 
それは、毎回きちんと確定申告をし続けなければならないということです。
 
例えば、今年確定申告をしても、
来年確定申告をしなければ再来年に損失を繰り越すことができなくなります。
 
ですから、取引では儲けようが、
損失を出そうが必ず毎年確定申告をすることをオススメします。
 
いかがだったでしょうか?
今年FXやバイナリーオプションで運良く利益を上げることができても、
この確定申告をきちんとやらないと税金で大変な目にあったり、
最悪脱税になってしまうこともあります。
 
さらに、繰越控除を使うことによって確定申告で徴収される税金を減らすことは、
取引でその分利益をあげるのと同じことです。
 
めんどくさい、利益がないから関係ないと思わずに、
例え損失が出ていても確実に確定申告をしていきましょう。
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

バケット先生のFXワールドニュース Vol.2「FX業者は、善か悪か」

皆様、こんにちは。バケット先生です。
FXワールドニュースをお届けします。

 
 
Vol.2 「FX業者は、善か悪か」
 
トピック
・バケット先生のFX会社での初業務とは?
・FX業者内部、カバーディーラーの実情
・ディーリングデスクがお客の利益を搾取している?
・NDD方式とDD方式は結局どっちがいいのか?
・私たちが見ているプライスは操作されている
 

 
音声ファイルのダウンロードはこちら


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |
3 / 38512345...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ