Coincheck事件で、これからどうなる仮想通貨!?

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
hacking-3112539_1280
 
今回の記事でわたしの投稿はラストになります。
 
このタイミングですが、業界は騒然としております。日本国内の仮想通貨取引所大手の1つであるcoincheckがハッキングされるという事件が置きました。仮想通貨はNEM/XEMです。
 
現在もcoincheckでは取引の停止、更にNEM/XEM以外の仮想通貨保有者も、日本円も出金を停止されるという事態です。色々な情報が飛び交っていますが、今はcoincheckからの正式な対応なりの発表を待つしかありません。わたしの周りでもcoincheckに資金を入れたまま拘束されている友人がいるので1日でも早くこの問題が解決してほしく思っております。
 
 
この事件に伴って、この事件前の暴落に更に拍車がかかっております。ビットコインは100万円を割る瞬間もありますし、その他のアルトコインも今回のNEM/XEMを筆頭に下落しています。いわゆる、coincheckの出川CMを見た出川組の人達は結構な高値で買ってしまい、損切りしているか、そのまま含み損で悲しみにくれているのではないでしょうか。
 
そういったことも考えると、今の問題が解決し、更に仮想通貨業界全体の信用度が上がって価格がATH(All time high)になることを、やはり望んでしまいます。
 
 

ここからの仮想通貨業界への自分自身の考えを書いておきます。

 
結論からいうと、まだまだ業界は伸びると思っております。仮想通貨の業界だけではなく、株や為替の業界でもそうですし、一般の事業などでもそうですが、業界の成長には大きなトラブルはつきものだと考えております。
 
過去にもマウントゴックス事件が2014年にあった後でも仮想通貨の市場は大きく拡大しました。今回のcoincheck事件も数年後には、「あんなことがあったなぁ〜」という風に語り継がれながらも仮想通貨の市場規模は更に拡大しているのではないでしょうか。
 
いくつかインタビューを受けましたが、わたしの考えでは、全く悲観的ではなくむしろ今が参入時期なのではないかと考えております。実際にわたしの回りの株トレーダーや為替トレーダーは、このタイミングで仮想通貨の業界に多額の資金と投じてきております。
 
ですので、「悲観は買い」という考えのもと、まだまだこれから中長期的な考えで市場は拡大していくとの予測のもと、わたしは更に仮想通貨への投資を続けていきます。
 
皆様ももちろんご自身でWPを読んだり、この機会に色々調べたりする上で、ぜひ業界に参入して頂けたらと思います。もしかしたら大きなチャンスが潜んでいるかもしれません。。。。ありがとうございました。
 
 
PS.
仮想通貨は法律が整備されていない為、
保証も整っていません。
 
なので、取引所選びは重要です。
 
取引所は、日本のものと海外のものがありますが、
最初は操作面でも表記などが分かりやすい、
日本の取引所を選ぶことをお勧めします。
 
日本で主要な取引所をいくつかピックアップ
したので参考にしてください。
 
coincheck     QUOINEX     Bitfyer
↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
    



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:仮想通貨 | Leave a comment |

【ヒント】リサーチの重要性

皆様、こんにちは。本郷です。
ワンエッジドレーディングについて解説します。

 
 

皆様、こんにちは。本郷です。
ワンエッジドレーディングについて解説します。

 

先週の木曜日、香港で開催された【iFX EXPO】に行ってきました。

man-2140606_1280

皆さん、ご存知ですか? 
 
 
FX事業者がメインの、博覧会みたいなイベントなんですが、各証券会社や、それらに関わるベンダーさんなどが参加する大きなイベントで昔は日本でも開催していたのですが、最近やらなくなったイベントです^^;
 
 
 
今回は、仮想通貨関係のリサーチ目的で行ってきたのですが、参加している企業も、やはり仮想通貨関係が目立ちました。
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もし、仮想通貨業界の事で質問があればコメントください(^^)
答えられる範囲で、お答え出来ればと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
そこで、今回のテーマは”リサーチ”です。
 
 
あなたも、FX、株式、仮想通貨など様々なマーケットで、投資をされていると思うのですが、ちゃんとリサーチってしてますか?
 
 
 
「何をリサーチするんだ?」と思われた方もいると思うので少しだけ具体的にお話しすると、
 
 
 
あなたが使っているルールの特性について、あなた自身がしっかりと調べて、理解して使えているか?という事ですね。(他の意味合いは、また別の機会に)
 
 
 

なぜ投資家はリサーチを重視しなければいけないのか?

 
 
 
これもビジネスに置き換えて考えてみて欲しいのですが、あなたが、もし会社員を辞めて独立するとしたら「何が必要か?」と、一度、じっくり考えて頂きたいのです。
 
 
 
仕事柄、「これから起業します」という方の相談を受けたりするのですが、その中で選ぶ事業について徹底的にリサーチされている方が、やはり倒産リスクも軽減できている傾向にあります。
 
 
 
そりゃそうですよね^^;
 
 
例えば業種によっては、ある都市で事業を始めるならそこの人口や競合となる会社など、調べる事はたくさんあります。ちゃんと調べて考えて取り組む方と、なんとなく事業を始められる方とでは、大きな差が生まれています。
 
 
 
それをトレードに置き換えるとするならば、、、「あなたが使っているルールで、独立するとしたら?」で考えてみてください。
 
 
 
・スキャルピング
・ブレイクアウト
・オーバーシュート
・スイング
・etc,,,
 
 
 
ルールのジャンルを書けば色々ありますが、【そのルール=その業種で食べて行こう】としたら、色々、調べませんか?
 
 
 
ここまで読んで「当たり前だろ!」と思われる方も多いと思いますが、それを実際、行動に移している方・・・つまり、ちゃんとリサーチされている方は意外と少ないんです^^; 選ぶ時間軸、選ぶ相場状況・・・この”選ぶ”という行動は、ちゃんとリサーチが出来ているからこそ、”選ぶ”事が出来るのです。
 
 
 
繰り返します。
 
 
 
そのルールのエッジが、どこで機能しているのかちゃんと理解しているから”選ぶ”事が出来ます。
 
 
 
今回、私がリサーチ目的で行ったイベントでも、たくさん調べて、情報を得るからこそ選択肢を増やすことが出来たのです。
 
 
 
もし、これがリサーチもせずに「えいや!」で仮想通貨業界で、ビジネスをやろうものなら、何も解らないので、支出ばかりが増え、採算を合わすまで、かなりの労力が必要となっていたはずです。ちゃんとリサーチをするから、最低限の必要コストで事業検討する事が出来るのです。
 
 
 
こうして考えると、どれだけ自分のルールをリサーチすることが重要か、解っていただけるかと思います。
 
 
 
如何でしたでしょうか?
 
 
 
あのウォーレン・バフェットは、こう言っています。
 
 
「大きな過ちを犯さないかぎり、投資家が正しく行わなければならない事は、ほとんどない」
 
 
つまり、ちゃんとリサーチするから大きな過ちを犯すことなく損失回避をする事が出来るのです。
 
 
 
あなたは、サクっとやったリサーチだけで勝負していませんか?一度、振り返って考える時間をとってみてください(^^)



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FXノウハウ | Leave a comment |

イエレン議長辞任で相場はどう動く?

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
dove-of-peace-2332907_1280
 
前回のメルマガでもご案内した通り、今週はアメリカの雇用統計をはじめとして重要指標が目白押しです。
 
その中で今回は、今週末の土曜に退任するイエレン議長についてお話ししたいと思います。
 

イエレン議長について

 
まず、本日(日本時間では明けて木曜日)に発表される FOMC政策金利発表とその後の イエレン・米FRB議長 定例会見がFRB議長として発表する最後の場となります。
 
議長退任後も理事として残ることは可能だったにもかかわらずトランプ大統領に辞表を提出し、金融政策には一切関与しないことを表明しております。
 
2017年12月の前回会合で利上げを決めたばかりで、今回は金融政策の現状維持を決める見込みです。
 
今回の会合で追加利上げに踏み切るとの見方は5%にとどまり、次回の3月のFOMCで利上げする との観測が76%になっており、ほぼ間違いなく利上げは行われないでしょう。
 
マーケットの関心は、利上げの有無よりもむしろ今年何回の利上げが見込まれるのかに移っております。
 
具体的には、現在絶好調なアメリカ経済の状況から年3回から年4回へ利上げペースを増やすという見方もあります。
 
イエレン氏は利上げに慎重な「ハト派」としてもともと知られていましたが、任期中の2015年末にゼロ金利政策の解除を決断しました。
 
ゼロ金利解除後の16年初めには中国発の世界同時株安に見舞われましたが、FRBは追加利上げを1年近く先延ばしして沈静化に努めその後は断続的に利上げを断行してきました。
 
そして、任期終了間際の2017年秋には長期国債などの保有資産を圧縮する「量的引き締め」を行いましたがその後も株価は上がり続けています。
 
日銀が未だに量的緩和を継続していることを考えると、イエレン議長は非常に大きな功績を残したと言えるでしょう。
 
本人も辞表の中で「米経済が危機後、しっかり改善したことをうれしく思う」と述べ、金融機関規制については「10年前に比べ金融システムはかなり強くなった。将来の不安定化に耐え、米国の家計や企業を支え続けることができる」と満足感を示していることからも、やれることはやり切ったということが伺えます。
 
しかし、前回の定例会見で「心残りだ」と述べたように目標だった物価上昇率は2%に届かないまま任期を終え、この課題は次のパウエル議長に持ち越されることになりました。
 
現在絶好調であるアメリカ経済を維持できるのかパウエル議長の就任会見にも注目が必要です。
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |
20 / 419«...10...1819202122...304050...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ