WTI原油先物とは

あおのり学校へようこそ。あおのり先生です。

 

今回は、外為マーケットにも影響を与える、

WTI原油先物について解説していきます。

WTI原油先物は豪ドルやカナダドルなどの資源保有国通貨と

連動して動く傾向があるために、

資源国通貨の取引をする際には注目すべき指標となります。

WTI原油先物(NY原油先物)とは

WTI原油先物は、ウェスト・テキサス・インターミディエイトの略称で、

テキサス州とニューメキシコ州を中心に産出される原油となります。

原油先物の取引には、イギリスの“ブレンド原油先物”や

“ドバイ油田・オマーン原油”がありますが、

これらが原油先物取引の三大指標です。

取引量が最も多いのがWTI原油先物なので、

注目度が一番高いのです。

 

WTI原油先物は

ニューヨーク・マーカンタイル取引所で取引されている、

原油価格の代表的な指標で「NY原油先物」と呼ばれることもあります。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所はアメリカの商品先物取引所です。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所

原油取引の単位は、1バレルで表されます。

1バレルは、159リットルに相当する量です。

中東地域で紛争リスクが高まると、原油の安定供給が滞る懸念から、

原油価格は跳ね上がりやすいという特徴があります。

WTI原油先物の動向

下のチャートは、

WTI原油先物の2004年1月~2013年12月までを表したチャートとなります。

WTI原油先物

2004年には、1バレル=32ドルで推移していたものの、

その後は毎年上昇し続け、

2008年には歴史的高値の147ドルをつけました。

この背景には、中国やインドなどの新興国の需要の大幅拡大や、

日米欧の成長期とも重なり、需要の高まりを反映して上昇しました。

さらには、上昇の勢いにつられて投機的資金までもが

WTI原油先物市場に入り込んだことが挙げられます。

 

買いが買いを呼んだ後は、リーマンショックで大暴落。

一時20ドル後半まで下落するものの、その後は上昇波動を描き、

2011年~2013年までは100ドル前後で推移する展開が続いています。

WTI原油先物と為替の関係

WTI原油先物の上昇は

リスクの高い通貨(豪ドルや南アフリカランドなど)の上昇という動きに繋がります。

すなわち、

世界経済が好調 ⇒ WTI原油先物上昇 ⇒ リスク選好度上昇 

⇒ リスクの高い通貨(特に資源国通貨)ほど買われやすくなる

という相関関係が成り立ちます。

 

下のチャート群はWTI原油先物と各通貨の動きを比較したものです。

まず、WTI原油先物とドル円の相関関係を、

GMOクリック証券が提供する比較チャートを利用して比較していきます。

下のチャートは、2013年8月3日から12月3日までの値動きを

ひとつの画面で同時に表しています。

WTI原油先物

9月までは、ドル円とWTI原油先物の値動きは連動していました。

しかし、10月からはその動きが大幅に開いており、

ドルが上がればWTI原油先物が下落しているという

逆相関関係の値動きをしていることがわかります。

 

一方、WTI原油先物と相関関係が高い豪ドル円はどうでしょうか?

豪ドル円 WTI原油先物

豪ドル円は、ドルの影響を半分受けてしまうクロス円通貨のために、

ドル円とほぼ同じ動きをしていることがわかります。

 

それならば、

クロス円ではなく豪ドルドルで動きを見ることで、

豪ドルとの連動度合いがあるのかを見比べて見ましょう。

豪ドルドル WTI原油先物

豪ドルドルとWTI原油先物の関係を見ると、

10月序盤に一時的に逆相関関係の動きを見て取れますが、

その後は連動し下落している動きを示しています。

今の相場地合いでは、豪ドルなどの資源国通貨と比べても、

連動性はそこまで強くないかもしれませんが、

WTI原油先物と資源国通貨はかなり相関関係が高いので、

資源国通貨の取引をされる方は、チェックしておく必要があります。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FX用語辞典, 投資力向上 | Leave a comment |

本日為替予想:米ISM製造業景況指数で動きでるか

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

今日のマーケットもそこそこ強い動きをしていますね。

ドル円、ユーロ円は高値圏で方向感が出ていませんが、

ポンド円と豪ドル円は底堅い動きをしています。

NYダウや日経平均株価も高値圏で上値が重くなっていますが、

今のところマーケットの買い勢力の衰えは見られません。

 

とはいえ、今週はこのところ強かったマーケットの流れが変わりやすいだけに、

この強い動きが続くかどうかの見極めが必要です。

いずれにせよ、結局はさらに上方向に動くのでしょうが、

今週は為替レートを動かすイベントが多いのです。

 

特に、米雇用統計やそれに付随する雇用関連の経済指標など、

材料が選り取りみどりで予定されているために、

価格変動が大きい展開が予想されます。

材料

 

先週は、特に注目すべきイベントもありませんでしたが、

欧州の失業率とCPIがやや改善してユーロドルは上昇しました。

金曜日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
16086.41ドル
(-10.92ドル)
2.7440%
(+0.0080%)
92.72ドル
(+0.42ドル)
リスク商品のNYダウは小幅に下落。一方、WTI原油先物は値を上げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや消極的となってきています。また、米10年国債利回り は上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます。
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
金曜日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
16:00 ドイツ (独) 10月小売売上高指数 [前年比] +0.3% +1.4% 下 -0.2%
17:30 ユーロ (ユーロ圏) メルシュECB専務理事講演
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 10月失業率 12.2% 12.2% 上 12.1%
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 11月消費者物価指数・
速報[前年比]
+0.7% +0.8% 上 +0.9%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日はそこまで重視すべきイベントもありませんが、

ISM製造業景況指数には多少変動が起こりそうです。

予想と結果の乖離の大きさに注目しつつ、

結果が予想を上回ればドル高、クロス高、

結果が予想を下回ればドル安、クロス安、

といった動きに一時的になりやすいでしょう。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
10:45 中国 (中国) 11月HSBC製造業PMI 50.9 50.5 上 50.8
11:30 日本 (日) 黒田日銀総裁あいさつ
17:55 ドイツ (独) 11月製造業PMI改定値 52.5 52.5 上 52.7
17:30 ユーロ (ユーロ圏) コンスタンシオ
ECB副総裁、
ホノハン・アイルランド中銀総裁講演
18:00 ユーロ (ユーロ圏) 11月製造業PMI改定値 51.5 51.5 上 51.6
22:30 アメリカ (米) バーナンキFRB議長あいさつ
24:00 アメリカ (米) 11月ISM製造業景況指数 56.4 55.1
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、金曜日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:11月7日~11月29日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを見ると、

ドル円は102.60円台まで上昇しており、

力強い値動きをしていることがわかります。

米経済指標が予想外に好調が続いていたことや、

FOMC議事録によるドル高政策支持の声が多かったことから、

ドルに対する需要が高まっているといった展開です。

ちなみに、あおのり学校は5連勝です。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

非常に綺麗な上昇を描いている、誰でも勝てる相場環境です。

そこで、101.70円付近でロングを構築する戦略で望みますが、

流石に上げすぎなので少し怖い気もしますね。

 

結果がどうなったのかを、今日のドル円1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:11月10日~12月2日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

ドル円は、102.60円前後まで上昇している流れは変わらずです。

非常に綺麗な上昇を描いている、勝ちやすい相場環境です。

そこで、102.00円付近でロングを構築する戦略で望みますが、

流石に上げすぎなので少し怖い気もしますね。

下がったとしても、買いスタンスは継続です。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦術 有効なテクニカル(60分)
ドル円 メルマガで説明する102.00円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。 横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

あおのり学校ブログの連戦連勝記録の実績集。

連戦連勝コンボ①
連戦連勝コンボ②

引き続き連戦連勝記録を更新できるよう、

日々精進してまいります!

その極意はメルマガでお伝え中。

メルマガ登録

 

それでは今日もがんばりましょう!



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FX予想 | Leave a comment |

本日為替予想:買いが買いを呼ぶ

こんばんは、あおのり先生です。

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

群集心理を観察していると面白い。

人は、多くの人が買っていると買いたくなる。

人が集まっているところに、集まりたがる。

買いが買いを呼ぶ

今の相場もそうです。

盛り上がっている相場は、買い手を惹きつけ更に盛り上がる。

こうして、買い手が買い手を呼ぶスパイラルに入ります。

いずれ、ババを自分が引くことになることさえもわからぬままに。。。

 

私などは、盛り下がっている時こそが買いの好機と見ますが、

しかしその時にそう叫んだところで、狼少年、いや青年か。

であれば、あえてさらに盛り上がってくる余地ある前に叫びましたが、

まだ上げる余地は十分あるでしょうが、

そろそろ軽い調整の可能性もあるかもですね。

 

今日のドル円は、102.60円台を突破し、

今はややダレてきて102.20円台をつけています。

豪ドル円は相変わらず方向感に乏しいですが、

ユーロ円やポンド円は底堅いです。

 

今日は日経が前日を60円ほど安く引けましたが、

前半はそこそこ底堅かったことから、

円安波動が続伸するという展開となりました。

昨日は、アメリカ市場も休みで動きもありませんでしたね。

 

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
休場 休場 休場
NY株式、債券、商品市場は感謝祭の為、休場となりました。
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
アメリカ NY休場(感謝祭)
17:30 ユーロ (ユーロ圏) アスムッセンECB理事講演
17:55 ドイツ (独) 11月失業率 6.9% 6.9% 横 6.9%
17:55 ドイツ (独) 11月失業者数 +0.2万人 ±0.0万人 下 +1.0
万人
22:00 ドイツ (独) 11月消費者物価指数・速報
[前年比]
+1.2% +1.2% 上 +1.3%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日は重視すべきイベントもありません。

さらに、アメリカの市場の取引時間が短縮されているので、

今日もアメリカからのマーケット参戦者が減ります。

そのため、動きが緩慢な展開になりやすいでしょう。

 

本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
16:00 ドイツ (独) 10月小売売上高指数
[前年比]
+0.3% +1.4%
17:30 ユーロ (ユーロ圏) メルシュECB専務理事講演
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 10月失業率 12.2% 12.2%
19:00 ユーロ (ユーロ圏)11月消費者物価指数・
速報[前年比]
+0.7% +0.8%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:11月6日~11月28日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを見ると、

ドル円は102.30円台まで上昇しており、

力強い値動きをしていることがわかります。

米経済指標が予想外に好調が続いていたことや、

FOMC議事録によるドル高政策支持の声が多かったことから、

ドルに対する需要が高まっているといった展開です。

ちなみに、あおのり学校は5連勝です。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

101.50円付近でロングを構築する戦略で望みますが、

流石に上げすぎなので少し怖い気もしますが。。。

 

結果がどうなったのかを、今日のドル円1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:11月7日~11月29日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

ドル円は、102.60円前後まで上昇しています。

非常に綺麗な上昇を描いている、誰でも勝てる相場環境です。

そこで、101.70円付近でロングを構築する戦略で望みますが、

流石に上げすぎなので少し怖い気もしますね。

いずれにせよ、買いスタンスは継続です。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨
ペア
売買戦略 トレード戦術 有効なテクニカル(60分)
ドル円 メルマガで説明する101.70円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。 横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

あおのり学校ブログの連戦連勝記録の実績集。

連戦連勝コンボ①
連戦連勝コンボ②

引き続き連戦連勝記録を更新できるよう、

日々精進してまいります!

その極意はメルマガでお伝え中。

メルマガ登録

 

それでは今日も頑張っていきましょう!!



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FX予想 | Leave a comment |
353 / 419«...102030...351352353354355...360370380...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ