本日為替予想:中東リスクで原油、金価格暴騰。リスク回避の円買い

こんばんは、あおのり先生です。

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

様々な材料が出てきて、マーケットが波乱模様ですね。

昨日のNYダウは170ドルの大幅安、

そして今日の日経平均も200円以上の暴落となりました。

また、外為マーケットにおいても、

ドル円、クロス円の急下落の反面、

ユーロドルは一進一退といった展開であり、

確実にリスク回避ムードが高まって円買いに傾いています。

 

そもそもの原因というのは、

アメリカがシリアに対して化学兵器を使ったから29日に征伐するという発言を嫌気し、

中東情勢に対するリスク懸念が深まっているためです。

 

この懸念から、産油地域である中東の原油に対しての安定供給に対して

不安感が高まり原油高暴騰といった展開となりました。

下のチャートは、WTI原油先物の1年間の値動きを表すチャートとなりますが、

一時112ドルを突破していることがわかります。

原油が上がれば私たちの生活コストが上昇します。

今のように原発を停止している状況ならなおさら、上昇します。

そして、企業の製品製造コストや輸送コストも上昇しますが、

業績下落を懸念され世界中の株価急落でリスク回避の円買い。

 

この不安定な状況下で、

多くの識者がマーケットが恐慌を起こすことを懸念しだしている声も

ぼちぼちキャッチすることもできますが、

あおのり学校のスタンスとしては恐慌は今のところないと見ています。

 

むしろドルなどは上がる可能性の方が高いだろうと見ていますが、、、

その理由を政治と絡めて明日のメルマガでお伝えします。

 

マーケットの今後の展望に興味のある方は、

メルマガに登録しておいてください。

混迷の時代は政治力を磨いておくと未来を見渡せやすくなりますし、

為替の読みも冴えてくることになるでしょう。

メルマガの登録はこちらから

※明日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

さて、昨日はアメリカの経済指標がありましたが、

こういった材料というよりもシリアに対する戦争リスクの方で、

マーケットはドル売りに反応しました。

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14776.13ドル
(-170.33ドル)
2.7087% (-0.0775%) 109.01ドル (+3.09ドル)
リスク商品のNYダウは下落。一方WTI原油先物は上げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回りは下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開が予想されます。
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:00 ドイツ (独) 8月IFO景況指数 106.2 107.0 上 107.5
19:50 アメリカ (米) ウィリアムズ・
サンフランシスコ連銀総裁講演
20:00 ユーロ (ユーロ圏) クーレECB理事講演
22:00 アメリカ (米) 6月S&P/ケース・シラー
住宅価格指数 [前年比]
+12.17% +12.10% 下 +12.07%
23:00 アメリカ (米) 8月リッチモンド連銀
製造業指数
-11 0 上 14
23:00 アメリカ (米) 8月消費者信頼感指数 80.3 79.0 上 81.5
26:00 ユーロ (ユーロ圏) アスムッセンECB理事
講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日はアメリカの経済指標があるので、

予想と結果の乖離には注目していきたいところですが、

そこまで大きな動きにはなりにくいと思うので、多少警戒する程度です。

また、シリア情勢次第ではさらなるドル円、クロス円下落を警戒できます。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
日本 (日) 岩田日銀副総裁講演
23:00 アメリカ (米) 7月中古住宅販売成約 [前月比] -0.4% ±0.0%
26:00 アメリカ (米) 5年債入札(350億ドル)
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:8月5日~8月27日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。
MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると上昇波動の動きになっており、

一時は95.80円台まで価格が下落するも、

その後は買い圧力が強まり一時99.10円付近まで上昇しています。

その後は読みとおりドル円は急落しているといった展開となりました。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

97.60円トレンドライン付近を参考に押し目買いロングを狙ってみます。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

(1時間足チャート期間:8月6日~8月28日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

97.60円を下に抜け、ドル円は急落していることがわかります。

とうとう連戦連勝記録が途切れました。残念。

 

ただ、言い訳がましいかもしれませんが、

今回のドル円のロングは結構躊躇できるポイントもあったのですが、

その辺の詳しい話は次週号のプレミアムで解説していきます。

 

ここからどのような戦略で挑めるかというと、

もう一段の下落も警戒しながら、押し目買いロング戦略で挑めると見ます。

96.90円ライン付近を次のポイントとみますが、

やや割安になったところなのでいいポイントになってきたかなと考えています。

 

もちろん材料次第ではさらに上昇する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 メルマガで説明する96.90円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します 売りサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
豪ドル円 買& メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは本日も、がんばっていきましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

FXブロードネットに口座開設をして3万円入金するだけで、

①3万円入金で“実践的トレンドラインの引き方(レポート64P+動画33分)”

②“3,000円分の図書カード”をプレゼント中!

さらに5万通貨取引で5,000円もキャッシュバック

トレンドラインが引けるようになるだけで、

①価格の動く方向性がわかるようになる

①売買ポイントを発見できるようになる

『価格がどのように動くのかわからない』『売買ポイントが全くわからない』という方は、

それでは売買に迷いを生じやすいためにFXをすると損失を拡大するリスクが高まりますので、

まずはトレンドラインの実践的な引き方を学んでおいてください。

FXトレーディングシステムズ


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

本日為替予想:シリア内戦リスク高まり、ドル円、クロス円暴落!今日も急落?

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

今日の外為はドル円、クロス円暴落、

ユーロドルは一進一退といった展開です。

あおのり学校で予想していた展開が続きますが、

その原因は今起こっているシリア内戦に対して、

アメリカが『化学兵器を使っているため武力によるシリア征伐も辞さない』

ということを指摘したことに原因があります。

その結果中東リスクが高まりリスク回避で円が買われていますが、

今の中東情勢の現状を単純化すると、

アメリカ(プラスヨーロッパ) VS ロシア(プラス中国)

という戦いであることがわかります。

 

より細分化してみると、彼らの支援を受けた

シリア政府軍(ロシア支援)VSシリア反政府軍(アメリカ支援)が

代理戦争をしているという図式が見えてくるのですが、

日本のメディアは欧米寄りなので真実が見えにくいのですが、

どちらか問えば国際法で定められているようにシリア内の問題はシリアに解決させ

内政干渉までして利権確保に動くべきではないと考えます。

 

そういえば最近のプレジデントの記事で面白い記事がありました。

1500万円以上の年収の人は政治的な意図や大局的視点で物事を観る傾向がある反面、

800万円以下の年収の人は大局的な視点で見ることができず日常のミクロ的視野しかない、

漫画や自己啓発本ばかり読んでいる層といういうことでした。

あなたは、どちら側の層に位置しているでしょうか?

 

自己啓発本も大事ですが、結局ある程度それら本を読めば言ってることはどれも同じなので、

さらにステップアップするためには、

プレジデントのアンケート結果から分かるように、

年収を増やすためには経済や政治などの大局観も大事ですし、

話せなければ年収が高い層に相手にされることは難しいのが現実なのかもしれません。

そしてその層と層の差が、格差となってモロに現れているのが、

今言われている二極化ということです。

時代を先読みすれば、この格差まだまだ開くことになるでしょう。

 

もっとも、私も漫画は大好きなので結構な頻度で読んでいるのですが、、、

政治的な変化や歴史、経済的な変化などの視点を併せ持つと、

未来をかなり精度高く見渡せるものと確信しています。

 

その辺の話を、次回のメルマガではしていきたいと思います。

投資家として利益を上げるための政治に対しての素養が身に付けば、

マーケットに与える影響も大きいから物凄く大事だとわかると思います。

メルマガの登録はこちらから

※明日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

さて、余談が過ぎましたが、

昨日はアメリカの耐久消費財受注が予想を下回ったことも、

ドル売りに寄与しています。

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14946.46ドル
(-64.05ドル)
2.7862% (-0.0321%) 105.92ドル (-0.50ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開となります!
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
15:30 ユーロ (ユーロ圏) リーカネン・
フィンランド中銀総裁講演
17:00 ドイツ (独) バイトマン独連銀総裁講演
21:30 アメリカ (米) 7月耐久財受注 [前月比] +3.9% -4.0% 下 -7.3%
21:30 アメリカ (米) 7月耐久財受注
[前月比:除輸送用機器]
-0.1% +0.5% 下 -0.6%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

では、今日はどのような展開となるか?

今日はアメリカの経済指標が相次ぐので、

予想と結果の乖離には注目していきたいところですが、

そこまで大きな動きにはなりにくいと思うので、多少警戒する程度です。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:00 ドイツ (独) 8月IFO景況指数 106.2 107.0
19:50 アメリカ (米) ウィリアムズ・
サンフランシスコ連銀総裁講演
20:00 ユーロ (ユーロ圏) クーレECB理事講演
22:00 アメリカ (米) 6月S&P/ケース・シラー
住宅価格指数 [前年比]
+12.17% +12.10%
23:00 アメリカ (米) 8月リッチモンド連銀製造業指数 -11 0
23:00 アメリカ (米) 8月消費者信頼感指数 80.3 79.0
26:00 ユーロ (ユーロ圏) アスムッセンECB理事
講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート
(1時間足チャート期間:8月4日~8月26日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。
MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると上昇波動の動きになっており、

一時は95.80円台まで価格が下落するも、

その後は買い圧力が強まり一時99.10円付近まで上昇しています。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

今日はトレンドラインを参考にして、98.80円付近でショートを狙います。

結果がどうなったのかを、

今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

(1時間足チャート期間:8月5日~8月27日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

予想通りのポイントで、ドル円は大幅下落。

数えていないのでわかりませんが、もう何連勝になるのでしょうか?

 

おそらく、ここまで視覚的に嘘偽りなく勝ち越しているとわかるサイトは、

日本には現在していないと思いますが、

あおのり学校では売買ポイントに自信があるから

明確にビジュアルとしてポイントを示しています。

 

お次は、ロング戦略とし見ていますが、

97.60円トレンドライン付近を参考に押し目買いロングを狙ってみます。

このラインの引き方は詳しくはプレミアムで見てみましょう。

 

もちろん材料次第ではさらに上昇する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 メルマガで説明する97.60円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します 売りサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは本日も、がんばっていきましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

FXブロードネットに口座開設をして3万円入金するだけで、

①3万円入金で“実践的トレンドラインの引き方(レポート64P+動画33分)”

②“3,000円分の図書カード”をプレゼント中!

さらに5万通貨取引で5,000円もキャッシュバック

トレンドラインが引けるようになるだけで、

①価格の動く方向性がわかるようになる

①売買ポイントを発見できるようになる

『価格がどのように動くのかわからない』『売買ポイントが全くわからない』という方は、

それでは売買に迷いを生じやすいためにFXをすると損失を拡大するリスクが高まりますので、

まずはトレンドラインの実践的な引き方を学んでおいてください。

FXトレーディングシステムズ


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

本日為替予想:連戦連勝記録!今日も当たり?

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

現状のマーケット展開は、動きがない地合いが続いています。

ドル円、クロス円、ユーロドルにおいても高値圏で方向感に乏しい展開であり、

なかなか難しい相場展開となっていますし、

あおのり学校でも取りにくい難しい相場だと見ています。

 

とはいえ、

いかなる相場であろうとも一貫した見方でブレなく見れば、

利は小さくなるにしても利益を上げ続けることは可能です。

7月18日からあおのり学校で提示してきた売買戦略を振り返れば、

利益を上げ続けることが可能であることがわかります。

 

7月18日は下落圧力が強まる中で、あおのり学校ではロング目線。

(1時間足チャート期間:7月18日~8月9日)

13日には、予想通りのポイントで上昇。

(1時間足チャート期間:7月22日~8月13日)

上げすぎたところは追いかけずに押し目買い待ち。

(1時間足チャート期間:7月23日~8月14日)

まだロングポイントまで来ないので、待ち。

(1時間足チャート期間:7月24日~8月15日)

落ちてきたところでロングエントリー。

(1時間足チャート期間:7月24日~8月15日)

緩やかに上昇波動。

(1時間足チャート期間:7月28日~8月19日)

少し上げてきてほっと一息。

(1時間足チャート期間:7月30日~8月21日)

思惑通り大幅上昇。一点ショート戦略に。

(1時間足チャート期間:7月31日~8月22日)

ポイントまで来たところで、ショート。

(1時間足チャート期間:8月1日~8月23日)

そして、ドル円は予想した箇所から最大80銭ほど下落しています。

上記はすべて過去ブログに掲載した内容となりますが、

本物のテクニカル分析を極めれば、このようなトレードも可能となります。

 

チャート分析は、FXをする上で最も簡単な知識しか要求されませんが、

この簡単な知識さえ学べば、上記のようにピンポイントで捉えることも

可能となりますが、チャート分析で連戦連勝するための最も重要な方法を、

明日のメルマガの中公開していきます。

この知識を今手にするかしないかで、

今後のあなたのトレード人生が大きく変わることになる可能性高いです。

メルマガの登録はこちらから

※明日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。
なお、先週金曜日のイベントでは、

(米) 7月新築住宅販売件数が予想を下回る結果となり、

ドル円はそこから値を崩す展開になりましたね。

金曜日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15010.51ドル (+46.77ドル) 2.8183% (-0.0661%) 106.42ドル (+1.39ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を上げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに積極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます。
金曜日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
15:00 ドイツ (独) 第2四半期GDP・確報 [前年比] +0.5% +0.5% 横 +0.5%
23:00 アメリカ (米) 7月新築住宅販売件数 49.7万件 48.7万件 下 39.4万件
23:00 ユーロ (ユーロ圏) 8月消費者信頼感・速報 -17.4 -16.5 上 -15.6
アメリカ (米) ジャクソンホール・シンポジウム(~24日)
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

では、今日はどのような展開となるか?

今日も米耐久消費財受注あたりが注目となりますが、

予想と結果の乖離には注目していきたいところですが、

そこまで大きな動きにはなりにくいと思うので、多少警戒する程度です。

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
15:30 ユーロ (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
17:00 ドイツ (独) バイトマン独連銀総裁講演
21:30 アメリカ (米) 7月耐久財受注 [前月比] +3.9% -4.0%
21:30 アメリカ (米) 7月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] -0.1% +0.5%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、金曜日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート
(1時間足チャート期間:8月1日~8月23日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。
MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると上昇波動の動きになっており、

一時は95.80円台まで価格が下落するも、

その後は買い圧力が強まり一時99.10円付近まで上昇しています。

 

このような展開の中で先週金曜日は、以下のとおり指摘していました。

ここからは追いかけないで多くの個人に反して、

売り向かいます。99.10円付近あたりでしょうか。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

(1時間足チャート期間:8月1日~8月23日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。
ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

いつも通りのことなのですが、

99.10円付近でトレンドラインを参考にして、

あおのり学校ではショート見通しでしたが、

その後は80銭ほど下落しているといった展開です。

やはりトレンドラインというのは上手く引けるようになると、

たいていの場合はそのポイントで売りや買い圧力が強まり、

一時値を戻すポイントと意識されます。

現在、ドル円チャートにおいて新トレンドラインが引ける状態になっておりますが、

このラインを知っていると結構利益を取れるかもしれません。

このラインの引き方は詳しくはプレミアムで見ていきましょう。

今日はトレンドラインを参考にして、98.80円付近でショートを狙います。

もちろん材料次第ではさらに上昇する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、 下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 メルマガで説明する98.90円付近まで値を上げれば、このあたりで売りエントリーを検討していきます。ラインの上にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します 横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロドル プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。 → ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは今日もがんばりましょう!

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

あおのり学校から2万円以上入金するだけで“マーケットの魔術師(2,940円)”をプレゼントしています。 マーケットの魔術師は、数百億円や数千億円をトレードや投資で増やした桁違いの実績を上げた数十人の声をまとめた本となります。ぞのため、FXで利益を上げようと考えられる全ての方にとって大変役立つ内容です。

アイネットFX


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |
356 / 396«...102030...354355356357358...370380390...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ