本日為替予想:欧州失業率12%→12.2%

こんばんは、あおのり先生です。

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

ユーロ円やユーロドルの急落がきついですね。

テクニカル的にも買い加熱感もあったし、

FOMC声明文以降、ドル買い傾向が強まったことからのユーロ安局面です。

まあ、崩れるときは大きく崩れることはチャート上から想定内なので、

チャートがわかって、かつ相場観を持っていればこの下落に飲み込まれずに、

済んでいたと思いますが、

逆にショートで大きく取れた相場だと思います。

 

特に、プレミアムを見ればわかる通り

ユーロドルなどジャストミートといったポイントで、

1.380ドル付近で急下落していることがよくわかりますよね。

このポイントに関しては、来週のメルマガでお伝えしたいと思います。

メルマガの登録はこちらから

※来週火曜日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

一方で、ドル円は緩やかに下落波動を描いており、

ユーロ円以外のクロス円はわりとしっかりしていますが、

ユーロドルの下げがきつく、今週だけで300pipsの下落です!

下のチャートは、ユーロドルの4時間足チャートです。

ユーロドル 4時間足チャート

 

昨日はユーロが下げた理由としては、

失業率が悪化したことが原因ですが、

欧州圏の景気が容易には回復せずに悪化していることがわかります。

欧州全体の働ける人の数を1000人だとすると、

122人も失業している状況ですから。

 

それ以外では特に重要なイベントはありませんでしたが、

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15545.75ドル
(-73.01ドル)
2.5490% (+0.0170%) 96.38ドル (-0.39ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回りは上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます。
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
日本 (日) 日銀金融政策決定会合
15:00 日本 (日) 経済・物価情勢の展望
(展望レポート)
15:30 日本 (日) 黒田日銀総裁会見
16:00 ドイツ (独) 9月小売売上高指数 [前年比] +0.3% +1.1% 下 +0.2%
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 10月消費者物価指数・
速報[前年比]
+1.1% +1.1% 下 +0.7%
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 9月失業率 12.0% 12.0% 下 12.2%
21:30 アメリカ (米) 10/25までの週の
新規失業保険申請件数
35.0万件 33.8万件 下 34.0
万件
22:45 アメリカ (米) 10月シカゴ購買部協会景気指数 55.7 55.0 上 65.9
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日は(米) 10月ISM製造業景況指数

の予想と結果の乖離を注目していきたいところです。

予想を上回ればドル円・クロス円がさらに躍進、

下回ればドル円・クロス円が下落

一時的にそのような展開になりやすいでしょう。

 

本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
10:00 中国 (中国) 10月製造業PMI 51.1 51.2 上 51.4
10:45 中国 (中国) 10月HSBC非製造業PMI 50.2 50.7 上 50.9
22:10 アメリカ (米) ブラード・
セントルイス連銀総裁講演
23:00 アメリカ (米) 10月ISM製造業景況指数 56.2 55.0
24:15 アメリカ (米) コチャラコタ・
ミネアポリス連銀総裁講演
26:15 アメリカ (米) ラッカー・
リッチモンド連銀総裁講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:10月9日~10月31日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを見ると、どうも方向感なし。

当初はアメリカの国家破綻リスクを回避される期待が高まり一時的に99円をタッチ。

その後は米政府閉鎖がアメリカ経済に与える影響を危惧され、

ドル売り傾向を強め97円前後まで下げましたが、

現状では勢いよく反発をして98.60円台を一時タッチしました。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

ここから追いかけて行くという戦略も取れるので、

まあ打診的に上記ライン上の98.00円赤サイン付近で、

ロングで入ることもできるかなと考えられます。

あまり、良いロングポイントではないと思いますが。。。

 

結果がどうなったのかを、今日のドル円1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:10月10日~11月1日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

上記ラインのある98.00付近で、打診的に押し目買いをつくれましたが、

赤サイン付近で予想通り反発し、98.30円台まで上昇。

ここからの買いはかなり警戒できたポイントでしたので、

早めのロングが功を奏したわけですが、

事前にプレミアムでお伝えしていたとおりの展開となっているわけですね。

 

これで、今のところは2連勝ですが、いつまで更新できることやら・・・

最も、過去ブログを見ればわかる通り、

成績は60~70%の確率で勝っている方が多いので、

もちろん次も勝つ覚悟で頑張ります!

 

そこで、

ここからは安全を期して第2防衛ラインのある97.10円付近での買い、

そのポイントを待っている戦略で行こうと考えています。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨
ペア
売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 メルマガで説明する97.10円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
買いサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

あおのり学校ブログの連戦連勝記録の実績集。

http://aonorifx.com/blog/4088/
http://aonorifx.com/blog/5826/

引き続き連戦連勝記録を更新できるよう、

日々精進してまいります!

その極意はメルマガでお伝え中。

メルマガの登録はこちらから

 

それでは今日も頑張っていきましょう!!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

FXブロードネットに口座開設をして3万円入金するだけで、

①3万円入金で“実践的トレンドラインの引き方(レポート64P+動画33分)”

②“3,000円分の図書カード”をプレゼント中!

さらに5万通貨取引で5,000円もキャッシュバック

トレンドラインが引けるようになるだけで、

①価格の動く方向性がわかるようになる

①売買ポイントを発見できるようになる

『価格がどのように動くのかわからない』『売買ポイントが全くわからない』という方は、

それでは売買に迷いを生じやすいためにFXをすると損失を拡大するリスクが高まりますので、

まずはトレンドラインの実践的な引き方を学んでおいてください。

FXトレーディングシステムズ



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FX予想 | Leave a comment |

4連敗の弊害

あおのり学校へようこそ、あおのり先生です。

今回は、あおのり学校メンタル講座の最終日となります。

 

前回のメンタル講座では、『大損を不可能とする“ストップロス・オーダー

について見てきました。

逆指値注文を設定し、ストップロスオーダーを事前に予約しておけば、

大損自体が100%回避されることがわかりましたね。

とはいえ、物事には必ず良い面もあれば悪い面もあり、

トレードオフの関係になるようにできています。

 

悪い面としては、ストップロスの設定をしてしまうことで、

頻繁に損切り注文に価格がタッチしてしまいかねないということです。

実際に、私自身も損切りが連発して、恥ずかしながら、、、

10回連続で負けたこともあります。

 

『どんだけ、トレードのセンスがないんだよ』という声も聞こえてきそうですが、

起きてしまったことは事実なので仕方がありません・・・

 

このような失敗が続いてしまうと、トレードに対して悪い作用を及ぼします。

『ルールに従うトレードができなくなる』

『ルールを何度も変えようとする』

『FXをする気にならなくなる』

『損失を取り戻そうと、さらに傷口を広げる』

FXはギャンブルと責任転嫁する』

 

つまり、自己否定や責任転嫁の悪感情が芽生えて、

冷静な姿勢でマーケットに挑むことができなくなってしまうのです。

自己否定・責任転嫁

おそらく、そういったメンタル的なことはFXや株などの経験が短い方には、

悪感情がトレードに与える影響にピンとこないかもしれませんが、

間違いなく利益を減らす結果を引き寄せてしまう原因となりますので、

頭の片隅に入れておくことをおすすめします。

 

このような数々の、誰にもマネができないような大失敗を繰り返して気づいたことは、

損切りの連敗を受け入れる回数にも、

私たち人間には限度があるということです。

『1勝9敗のトレード』を推奨している著者もいますが、

でもそれは人間のメンタルという視点から考えれば、

やってはいけない行為です。

人間は機械ではなく、そんな9連敗も出して冷静でいられるマシーンなど、

実際にはほとんど皆無ですよ。

 

自分自身の感情と相談しながら私が見つけた連敗回数は3回まで。

4連敗を超えてくると、トレードに対して自信を失い、

自己否定・責任転嫁の感情が芽生えてきます。

4連敗の弊害

4連敗とならないようにするためには、、、

1.正確な損切りポイントを把握

2.様子見をすべきポイントを増やす

3.ストップロスオーダーの幅に時には余裕を持たせる

このバランスがうまくなればなるほど、

4連敗は起こりにくくなります。

 

ストップロス・オーダーを設定しながらリスク管理をして、

4連敗とならないように負け数もうまく調整しながら、

心理的に安定感を保ったトレードをぜひ実践していきましょう。

これだけで、今まで以上に有利なFXを実践されることになるはずです。

【成功の“許可”を与える】に続く 



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:メンタル強化, 投資力向上 | 2 Comments |

本日為替予想:FOMC声明文でドル高

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

今日は、ドル円が強く上昇している反面、

クロス円にはやや元気がない相場展開となっております。

日経平均においても170円の大幅安となっておりますが、

そのような相場地合いの中でも上げ続けているマーケットもあります。

それは、NYダウです。

 

下のチャートは、NYダウの10年間の値動きを表していますが、

歴史的最高値を更新し続けているのです。NYダウ強し。

NYダウ 5年チャート

NYダウの値動きならあおのり学校情報室

 

私は日本株はよく取引しているのですが、

日経平均株価もアメリカのような相場を期待したいものです。

もっとも、ダウと同じようにある一定期間はまだ上昇する余地はあるとは思うのですが、

あなたは、その準備ができていますか?

 

株や為替を持つものと持たざる者、

これらの間で格差が来年はより開いていくことでしょう。

 

そして、持つ者は投資に対して深い知識を持っています。

やはり、投資やトレードというのも、

準備段階も踏まずに最低限の知識なくやればお金を失ってしまいます。

といいますか、普通の人と同じ考え方でやっていても、

ほぼ100%に近い確率で負けると断言できる世界が、FX・投資の世界です。

 

まずは、勝っている人の脳みそに変えていくこと、

思考法を変えながら投資の技術を学んでいくこと、

その経過を辿ることでしかお金は増やせないばかりか、

むしろ減っていくことになるでしょう。

今日は、面白いほど勝っているトレーダーの頭脳、

このテーマに関してメルマガをお伝えしていきます。

ぜひ、ドルや株の上昇に備えておきたい方は、

参考にして頂ければ幸いです。

メルマガの登録はこちらから

※本日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

上記のとおり、ドルが躍進中という展開ですが、

その理由としては昨日のFOMC政策金利発表にあります。

昨日は以下の通り指摘していた通り、

特にFOMCには要警戒をしていきたいところです。

おそらく、アメリカの金融政策の変更はないとは思いますが、

ある程度の規模の大きさの価格変動が起きる可能性もあります。

FOMC声明では「経済活動は緩やかなペースで拡大している」

「財政面での圧迫にもかかわらず景気は改善する 見通し」

などアメリカの景気上向きに対する発言が多かったことから、

ドルを中心に上昇するといった展開となっております。

 

それ以外では特に重要なイベントはありませんでしたが、

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15618.76ドル
(-61.59ル)
2.5320% (+0.0290%) 96.77ドル (-1.43ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回り は上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して戦略的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます。
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:55 ドイツ (独) 10月失業者数 +2.5万人 0.0万人 下 +0.2万人
17:55 ドイツ (独) 10月失業率 6.9% 6.9% 横 6.9%
21:15 アメリカ (米) 10月ADP全国雇用者数 +16.6万人 +15.0万人 下 +13.0万人
21:30 アメリカ (米) 9月消費者物価指数 [前月比] +0.1% +0.2% 横 +0.2%
21:30 アメリカ (米) 9月消費者物価指数
[コア:前月比]
+0.1% +0.2% 下 +0.1%
22:00 ドイツ (独) 10月消費者物価指数・速報
[前月比]
0.0% 0.0% 下 -0.2%
26:00 アメリカ (米) 7年債入札(290億ドル)
27:00 アメリカ (米) FOMC政策金利発表 0.00-0.25% 横 0.00-0.25%
27:00 ドイツ (独) バイトマン独連銀総裁講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日は(米) 10/25までの週の新規失業保険申請件数

の予想と結果の乖離を注目していきたいところです。

予想を上回ればドル円・クロス円がさらに躍進、

下回ればドル円・クロス円が下落

そのような展開になりやすいでしょう。

 

本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
日本 (日) 日銀金融政策決定会合
15:00 日本 (日) 経済・物価情勢の展望
(展望レポート)
15:30 日本 (日) 黒田日銀総裁会見
16:00 ドイツ (独) 9月小売売上高指数 [前年比] +0.3% +1.1%
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 10月消費者物価指数・速報
[前年比]
+1.1% +1.1%
19:00 ユーロ (ユーロ圏) 9月失業率 12.0% 12.0%
21:30 アメリカ (米) 10/25までの週の
新規失業保険申請件数
35.0万件 33.8万件
22:45 アメリカ (米) 10月シカゴ購買部協会景気指数 55.7 55.0
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:10月8日~10月30日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを見ると、

アメリカの国家破綻リスクを回避される期待が高まり一時的に99円をタッチ。

その後は米政府閉鎖がアメリカ経済に与える影響を危惧され、

ドル売り傾向を強め97円前後まで下げましたが、

現状では緩やかな反発をしている局面です。

なお、あおのり学校では下落時の中で97.30円台のロングが成功中です。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

ここから追いかけて行くという戦略も取れるでしょうが、

あおのり学校ではその気持ちをグッと抑えてかなり安全パイの、

第1防衛トレンドライン(プレミアムを参照)のある97.40円付近あたりから

押し目買いのロング戦略を作っていこうと考えています。

 

結果がどうなったのかを、今日のドル円1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:10月9日~10月31日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

FOMC声明を受け、ドル円は98.60円台まで急伸。

ドル円かなり強い動きをしております。

ここから追いかけて行くという戦略も取れるので、

まあ打診的に上記ライン上の98.00円赤サイン付近で、

ロングで入ることもできるかなと考えられます。

あまり、良いロングポイントではないと思いますが。。。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 メルマガで説明する98.00円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
売りサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

あおのり学校ブログの連戦連勝記録の実績集。

http://aonorifx.com/blog/4088/
http://aonorifx.com/blog/5826/

引き続き連戦連勝記録を更新できるよう、

日々精進してまいります!

その極意はメルマガでお伝え中。

メルマガの登録はこちらから

 

それでは今日も頑張りましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

あおのり学校から2万円以上入金するだけで“マーケットの魔術師(2,940円)”をプレゼントしています。

マーケットの魔術師は、数百億円や数千億円をトレードや投資で増やした桁違いの実績を上げた数十人の声をまとめた本となります。ぞのため、FXで利益を上げようと考えられる全ての方にとって大変役立つ内容です。

アイネットFX



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FX予想 | Leave a comment |
362 / 419«...102030...360361362363364...370380390...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ