本日為替予想:ボストン爆破事件が起こり、ドル円急落!今日は様子見が一番か

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

『ドッカーン、ドッカーン』

ボストン・マラソンの最中に、ゴール付近で今日の朝4時ころに2回の爆発が起こりました。

ボストンマラソン事件

3人の死者が出た惨劇となりましたが、

この結果を受け昨日のNYダウは暴落し、年内最大下げ幅を記録。

 

外為マーケットも、ユーロドルはしっかりしているものの、

ドル円やクロス円は暴落しています。

日経平均も300以上下げて始まるものの、

大引けには54円安の13220円を回復してきました。

 

ボストンマラソン事件や北朝鮮のミサイル発射の可能性など不安定な時代を迎えている昨今、

マーケットは今後どのように動いてくるのか?

ある強力なテクニカル指標と合わせて20時までの登録者限定で見通しを示します。

二度と配信しない内容となりますので、お早めにメルマガに登録しておいてください。

メルマガの登録はこちらから

 

さて、

昨日は以下の3つのアメリカの経済指標が注目でしたが、

(ユーロ圏) 2月貿易収支

予想 +50億EUR → 結果 +104億EUR

(米) 4月ニューヨーク連銀製造業景気指数

予想 7.00 → 結果 3.05

(米) 4月NAHB住宅市場指数

予想 45 → 結果 42

アメリカの指標は総じて悪化しており、ドル円下落の要因になっています。

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14599.20ドル
(-265.86ドル)
1.6800% (-0.0410%) 88.71ドル (-2.58ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開となります!
本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
11:00 中国 (中国) 第1四半期国内総生産(GDP) +7.9% +8.0% 下 +7.7%
14:30 日本 (日) 日銀地域経済報告
(さくらレポート)
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 2月貿易収支 -39億EUR +50億EUR 235 +104億EUR
21:00 アメリカ (米) シティグループ決算
21:30 アメリカ (米) 4月ニューヨーク連銀
製造業景気指数
9.24 7.00 下 3.05
21:45 ユーロ圏 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
23:00 アメリカ (米) 4月NAHB住宅市場指数 44 45 下 42
4/16
10:30
39283 (豪) RBA議事録
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日はアメリカの経済指標のオンパレードとなり、

特に住宅、消費者物価、鉱工業生産は注目したく、

昨日のように結果が悪ければドル主導で値を下げやすくなりそうです。

(独) 4月ZEW景況感調査

(米) ゴールドマン・サックス決算

(米) 3月住宅着工件数

(米) 3月建設許可件数

(米) 3月消費者物価指数 [前月比]

(米) 3月鉱工業生産 [前月比]

(米) インテル決算

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
18:00 ドイツ国旗 (独) 4月ZEW景況感調査 48.5 41.0
20:30 アメリカ (米) ゴールドマン・サックス決算
21:30 アメリカ (米) 3月住宅着工件数 91.7万件 93.0万件
21:30 アメリカ (米) 3月建設許可件数 93.9万件 94.2万件
21:30 アメリカ (米) 3月消費者物価指数 [前月比] +0.7% ±0.0%
22:15 アメリカ (米) 3月鉱工業生産 [前月比] +0.8% +0.2%
アメリカ (米) インテル決算
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:3月24日~4月15日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャートの全体の動きを確認すると、

緩やかに下落する流れから一転して、

日銀の強力な金融緩和策発表を受けてドル円が暴騰し、

その余韻が残りジリ上げの展開になるものの、

緩和発表の材料が一服し、ジリ下げの展開でした。

 

昨日は次のように指摘していましたが、

今日は一定のリズムで小刻みに下落している流れでもありますので、

ここからこのリズムに乗るというのも一つの戦略ではありますが、

あおのり学校では会員様にお伝え済みのラインを根拠に、

上記青サイン付近でショートを狙っています。

もっとも、今は会員様にお伝え済みの日足のラインを根拠に、

95円台後半あたりがエントリーポイントとしては良いという判断ではありますが、

短期保有目的のトレード戦略としては上記の戦略を取ることができます。

大局的にロングで拾っておくのが良いとは思うのですが、、、

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:3月25日~4月16日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はあおのり学校通学コースの詳細をご覧ください

 

ボストン爆破事件が起こり、価格が大幅下落している流れを確認できます。

昨日は、95円台後半で買えると言っておりましたが、

予想通り95.70円台まで下落したあとに急反発していることがわかります。

 

まあ、あるテクニカル指標が有効に機能した結果なのですが、

この見方を知っているだけで、今後のトレードや投資に変革が起こるでしょう。

 

見るべきテクニカル指標がどの時間軸に機能しやすいのか、

それを分かっていれば大幅利益が取れたわけですが、

チャート分析を底上げしていきたい方は、プレミアム4月16日号

再度読み返しておいてください。

 

今日の売買戦略は基本的には会員様に緊急配信でお伝えしたように、

様子見スタンスで挑みたいのですが、

あえてエントリーするとすれば上記赤サイン付近でロングを狙えます。

しかし、一度反発しているので、今回はその効果が半減していることには注意下さい。

 

もちろん、

さらに値を下げる可能性もあるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

ドル円を含むクロス円 、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 会員様には提示してあるラインのある96.00円付近まで値を上げれば、このあたりで売りエントリーを検討していきます。ラインの上にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
プレミアムでは何パターンかの戦略を提示しております。
買いサイン
ユーロ円 会員様には提示しているラインがある箇所付近 横ばい
豪ドル円 会員様には提示しているラインがある箇所付近 売りサイン
ユーロ
ドル
& 会員様には提示しているラインがある箇所付近 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それではのちほど利益を上げるために有効なテクニカル指標、

これをお伝えしますので、また明日メルマガでお会いしましょう。

メルマガの登録はこちらから

※本日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

それでは今日もがんばりましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

日本ブログ村 為替ブログ ドル円へFX初心者 ブログランキングへ

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

外為オンラインに10万入金をして1回取引するだけで『あおのり先生のトレードルールレポート』をプレゼント。さらに5、000円も現金でキャッシュバックされます。

外為オンライン

 

 

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

本日為替予想:米小売売上高が予想よりも悪化したことが、調整色を強める!もう上昇しないか?

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

あおのり学校プレミアムにおいては、

今週は調整色を強める展開になることをお伝えしていました。

 

ある有力なテクニカル指標が売りを示唆していたから

下がりやすくなったと察知できたのですが、

こういったテクニカル指標がわかってくるとチャート分析力もメキメキと上達していきます。

 

明日の20時配信予定のメルマガではチャート分析する際に役立つ

あるテクニカル指標をお伝えしていきます。

興味のある方は来週のメルマガにおいて解説していきますので、

二度と配信しない内容となりますので、お早めにメルマガに登録しておいてください。

メルマガの登録はこちらから

 

今週は日銀黒田総裁の積極緩和策も一服感がでてきており、

ドル円、クロス円ともに下落基調を強めており、

今週は調整色を強めそうな地合いとなりそうです。

上がりすぎたものはいずれは下落調整を迎えますが、

いずれにせよまた再度ドル円が100円を突破してくる局面もあるでしょう。

 

日経平均株価においても今日は下落する流れとなっており、

13275円と209円の大幅安となっています。

下のチャートは、半年間の値動きを表す日経平均株価の動向です。

日経平均株価

このところ約200円下落とか、約500円上昇とか

乱交下が激しかったのが日経平均でもありますが、

引き続き日経の動きも見ておくと、為替の動きも読み間違えにくくなるでしょう。

 

さて、

先週金曜日は以下の2つのアメリカの経済指標が注目でしたが、

どちらも悪い結果になっており、

(米) 3月小売売上高 [前月比]

予想 0.0% → 結果 -0.4%

(米) 4月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

予想 78.6 → 結果 72.3

その結果として、ドル下落、クロス円下落の一因となりました。

 

金曜日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14865.06ドル
(-0.08ドル)
1.7210%
(-0.0670%)
91.29ドル
(-2.22ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開が予想されます。
金曜日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 3月生産者物価指数 [前月比] +0.7% -0.2% 下 -0.6%
21:30 アメリカ (米) 3月小売売上高 [前月比] +1.1% ± 0.0% 下 -0.4%
21:45 アメリカ (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁、講演
22:55 アメリカ (米) 4月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 78.6 78.5 下 72.3
23:00 アメリカ (米) 2月企業在庫 [前月比] +1.0% +0.4%
25:30 アメリカ 米) バーナンキFRB議長、講演
未定 ユーロ圏 ユーロ圏財務相会合
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日は注目度が高くはないのですが、

以下の材料には少し注目できて、予想を下回る結果になれば、

さらにドル円を中心にクロス円も下落する可能性があります。

(米) シティグループ決算

(米) 4月ニューヨーク連銀製造業景気指数

(米) 4月NAHB住宅市場指数

 

明日早朝の以下の材料では、オーストラリアが利下げを強める文面があれば、

豪ドル中心にさらに値を下げることが警戒されます。

4/16 (豪) RBA議事録

 

今日は中国のGDP発表がありましたが、

予想を下回り、中国向け輸出が多いオーストラリアの豪ドルが

特に下げやすくなってもいますので、

豪ドルロング持ちの方は明日朝は要注意です。

(中国) 第1四半期国内総生産(GDP)

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
11:00 中国 (中国) 第1四半期国内総生産(GDP) +7.9% +8.0% 下 +7.7%
14:30 日本 (日) 日銀地域経済報告
(さくらレポート)
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 2月貿易収支 -39億EUR +50億EUR
21:00 アメリカ (米) シティグループ決算
21:30 アメリカ (米) 4月ニューヨーク連銀
製造業景気指数
9.24 7.00
21:45 ユーロ圏 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
23:00 アメリカ (米) 4月NAHB住宅市場指数 44 45
4/16
10:30
39283 (豪) RBA議事録
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、金曜日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート

(1時間足チャート期間:3月21日~4月12日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャートの全体の動きを確認すると、

緩やかに下落する流れから一転して、

日銀の強力な金融緩和策発表を受けてドル円が暴騰している展開となっています。

そして、その後は値動きが緩やかに値を上げている展開です。

 

金曜日は次のように指摘していましたが、

今日も緊急配信で会員様にはお伝えしてあるあるテクニカル指標を参考にして、

上記赤サインのあたりでロング戦略を狙うことができます。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認して見ましょう。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:3月24日~4月15日)

 

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はあおのり学校通学コースの詳細をご覧ください

 

一定のリズムの上昇が続かずに、その後下落している流れが確認できます。

そして今日は一定のリズムで小刻みに下落している流れでもありますので、

ここからこのリズムに乗るというのも一つの戦略ではありますが、

あおのり学校では会員様にお伝え済みのラインを根拠に、

上記青サイン付近でショートを狙っています。

 

もっとも、今は会員様にお伝え済みの日足のラインを根拠に、

95円台後半あたりがエントリーポイントとしては良いという判断ではありますが、

短期保有目的のトレード戦略としては上記の戦略を取ることができます。

大局的にロングで拾っておくのが良いとは思うのですが、、、

 

もちろん、

さらに値を下げる可能性もあるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 会員様には提示してあるラインのある99.20円付近まで値を上げれば、このあたりで売りエントリーを検討していきます。ラインの上にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
プレミアムでは何パターンかの戦略を提示しております。
買いサイン
ユーロ円 会員様には提示しているラインがある箇所付近 買いサイン
豪ドル円
会員様には提示しているラインがある箇所付近 横ばい
ユーロ
ドル
& 会員様には提示しているラインがある箇所付近 売りサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは明日の利益を上げるために有効なテクニカル指標、

これをお伝えしますので、また明日メルマガでお会いしましょう。

メルマガの登録はこちらから

※明日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

それでは今日もがんばりましょう!

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

日本ブログ村 為替ブログ ドル円へFX初心者 ブログランキングへ

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

あおのり学校から2万円以上入金するだけで“マーケットの魔術師(2,940円)”をプレゼントしています。

マーケットの魔術師は、数百億円や数千億円をトレードや投資で増やした桁違いの実績を上げた数十人の声をまとめた本となります。ぞのため、FXで利益を上げようと考えられる全ての方にとって大変役立つ内容です。

アイネットFX

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

時間帯によって違う値動き

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

FXは24時間取引できる金融商品となるために、

時間が忙しい主婦やサラリーマン、学生までもが、

空いた時間にお金を増やす機会を得ることができます。

為替市場は24時間取引可能

なぜFXは株や商品取引とは違い、24時間の取引が可能なのでしょうか?

それは世界中のいずれかの市場で、同じ為替レートで取引が行われているためです。

市場には、ウェリントン市場、東京市場、香港市場、ロンドン市場、

ニューヨーク市場など様々な市場があります。

 

世界三大マーケットは、

「東京市場」「ロンドン市場」「NY市場」となりますが、

これら市場での取引額は世界の中でもずば抜けています。

その他にニュージーランドのウェリントン市場も最も早く開かれる市場となるために、

上記三市場に次いで注目される市場です。

 

下の表は各市場の取引時間帯を表しています。

WS001630

 

ウェリントン市場は朝5時から開かれる市場となるために

参加人数や取引金額が少なく値動きが乏しい傾向がある反面、

NY市場やロンドン市場は市場参加者や取引額が最も多く、

価格の動きも最も活発となる時間帯となります。

 

各市場が開かれる時間帯によって価格の動きにも若干の違いが生じてくるのですが、

その違いを詳しく見ていきましょう。

 

 月曜日には注意!ウェリントン市場(朝5時)

ウェリントン市場は世界で最も早くオープンする外為市場となり、

日本時間の朝5時~15時前後まで取引される市場となります。

ただ、オープン時には東京市場やロンドン市場も締まっており、

ニューヨーク市場がクローズした時間を引き継ぐことになるために、

世界の三大市場の参加者の参戦がほとんどありません。

したがって、朝の6時~9時頃までは動きが大変緩慢となります。

 

また、ニュージーランド自体も小国のために取引額は小さいこともあり、

流動性が極端に低く基本的には価格の動きは非常に乏しい市場です。

 

しかし、土曜日か日曜日に大きな材料が出た場合、

ウェリントン市場では価格が大きく動き“窓開け”でスタートする場合もあり

月曜日のウィリントン市場の動向には注意が必要です。

 

 アベノミクスで注目度が高まる!東京市場(朝8時)

東京市場は、朝8時から夕方18時までオープンする市場となり、

主に日本人のプロディーラー達が主戦場としている市場です。

また、この時間帯は香港市場やシンガポールの市場も開かれるために、

主に「アジア勢」が価格を動かす時間帯です。

 

ただし、ロンドン市場やNY市場と比べると価格の動きが緩やかで、

価格の動きは一定のリズムで推移するという特徴があります。

しかし、アベノミクスによって東京市場の注目度はかつてないほど高まっており、

2012年末からは日本の経済指標や要人発言で

価格が大きく動きやすくなっていることに留意が必要です。

 

値動きが活発化する!ロンドン市場(夏時間15時、冬時間16時)

ロンドン市場は、夕方16時~深夜3時まで開かれる市場となり、

世界で最も多くの取引がされる活発な市場です。

また、チューリッヒ市場やフランクフルト市場と重なるために主に「欧州勢」の参戦が多く、

ドルや円を介在しないユーロクロスやポンドクロスといった、

日本人にとっては馴染みが薄い通貨ペアが動きやすくなります。

 

また、

東京市場と比べ参加者数や取引金額が増えるために価格の値動きが活発となり、

特に夕方5時くらいからは、イギリスや欧州の指標の発表が出ることで、

アジア時間の値動きとは違いボラティリティが大きくなる傾向があり、

アジア時間の緩慢な値動きから少し変わります。

 

最も値動きが激しい!ニューヨーク市場(夏時間21時、冬時間22時)

ニューヨーク市場は、世界で2番目に取引額が多い市場となりますが、

取引時間帯は夏時間は21時~7時、冬時間は22時~8時までとなります。

ロンドン市場と重なる時間が多く特に20時から24時にかけては、

価格のボラティリティが大きくなりやすい上に、

米系ヘッジファンド筋が仕掛け的に大口で売ってくることで

市場の動きが荒くなり価格の動きを予測をすることが難しくなる市場でもあります。

 

また、

世界経済の規模が最も大きいアメリカの経済指標は、

世界のトレーダーや投資家から最も注目されているために、

価格変動に大きな影響を与えることになります。

特に、米雇用統計FOMC政策金利発表といった重要経済指標や

バーナンキFRB議長の発言次第では価格の動きが

短い時間内で1円以上動くこともよくあり

価格のトレンドが急に変わることもあるので最も注意を要する市場です。

 

このように各時間帯によって価格の動きは微妙に違ってきますが、

値動きが乏しく一定のリズムで動きやすい安定した市場で取引したい方は、

東京市場を主戦場とされると良いでしょう。

 

一方、

値動きが大きいために利益を大きく増やしやすい反面、

そのリスクを受け入れることができる方は、

ロンドン市場やニューヨーク市場で取引されると良いでしょう。

 

スキャルピングやデイトレードをする方は

このような時間帯による特徴押さえておく必要がありますが、

スイングトレードや中長期投資家をする方にとっては、

ある程度長い時間軸でのポジション保有を想定しているので、

大して意識しなくてもよいでしょう。

【FXの必勝法とは】に続く

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:FXの魅力 | コメントする |
365 / 373«...102030...363364365366367...370...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ