MT4の機能と使い方

こんばんは、あおのり先生ですあおのり先生

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

『FXでより効率的に利益を上げていきたい!』

このように考えられている方であれば、

『優れた機能を備えたチャートを使っていきたい』

と考えられることからと思われます。

 

実際に今まで、

向上心の強い数多くの生徒さんやあおのり学校プレミアム会員様より、

『どこのFX業者のチャートが最も優れたチャート分析ができますか?

そのような質問を数多く受けてきました。

 

FXをするときに最も性能の良いチャートであると確信を持って紹介できるのはMT4です。

今回はそのMT4の性能の良さを実感してもらいたいと思います!

このチャートは世界中のプロやアマに利用されていると同時に、

利用者が世界で最も多いポピュラーなチャート機能です。

 

巷では、

世界最強のトレーディングチャートとも言われています!

最強のトレーディングチャートを利用することで、

今まで利用していた、あるいはこれから利用しようとするであろう

どのようなチャートよりもチャート分析力を高める上で有利となり

利益も出しやすくなるでしょう。

 

実際に私もMT4使っているのですが、3大メリットを挙げられます。

①ライントレードをする際に使い勝手が良い

②チャートに表示される期間が長いこと(月足チャートの場合は1978年から表示される)

③独自にチャートを分析するための改良が容易であること

 

①ライントレードをする際に使い勝手が良い

MT4は長い時間軸のチャート上に描いたトレンドラインが、

短い時間軸のチャート上にも描かれるため、

価格の動くトレンドをより正確に予測しやすくなります。

ちなみに、この機能は他のFX業者が提供するチャート分析ツールには搭載されていません。

 

文章だけではピンと来ない方もいると思いますので、具体的に図を使って説明します。

下のMT4チャートは豪ドル円日足チャートでチャート期間は約1年半を表しておりますが、

三角持合いを上抜けて以降、

価格は上昇波動を強めていることが分かります。

豪ドル円日足チャート

今度は豪ドル円の4時間足チャートを確認すると、

さきほど日足チャートで引いた上昇のトレンドラインも描かれており、

日足で引いた上昇ラインライン付近までの調整下落を予測していくこともできます。

この三角持ち合いを表すラインは、日足チャートで描かなければわからなかったことです。

豪ドル円4時間足チャート

このように、

MT4チャートを使えば長期的な時間軸のトレンドラインも把握できるために、

価格の動くトレンドを長い期間の時間軸からも把握できるのです。

 

トレンドは日足、4時間、1時間、10分足チャートなど、

どの時間軸にも出現するのですが、

MT4チャートを使えばあらゆる時間軸に表示されるために、

トレンドを見失うことがなくなります。

 

また、トレンドラインを引く場合、

そのトレンドラインと同じ角度のラインを複製することもできるのですが、

ラインを複製できればいちいちラインを引き直さなくても良いために

MT4は非常に使い勝手が良いです。

ちなみに、この複製機能も他のFX業者が提供するチャート分析ツールには搭載されていません。

 

複製機能について図を使って解説しましょう。

下のようなチャートがあった場合、

矢印で示してある箇所のトレンドラインと平行に上下にラインを引くことはとても簡単で、

一度引いたトレンドラインの上にカーソルを合わせ、

『CTRLキー+カーソル』を動かすだけで、

豪ドル円4時間足チャート

下の図のように簡単にトレンドラインを複製できます。

豪ドル円4時間足チャート

他のFX業者のチャート機能にはこのような複製ができないために、

トレンドラインをまた引く直す必要があるためにラインを引く場合には苦労することになりますが、

MT4は複製が容易なのでライントレーダーにとっては最高のチャートです。

 

次の機能は一般的なチャートでも利用可能なのですが、

MT4でも1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、

4時間足、日足、週足、月足チャートを利用することができますが、

MT4 時間軸

 

②チャートに表示される期間が長いこと

たとえば、ドル円の週足チャートを見ると、

最長で32年間の過去分チャートを見ることができます。

ドル円 週足チャート

週足チャートを確認すると、

ドル円も30年前は276円を付けていた時期もあったのですが、

現在のドル円が大局的に見て相当売り込まれていることも把握することができるようになります。

 

さらに、

下記のようなチャートの拡大・縮小機能を利用すると、

週足チャートの場合であってもより細かい動きを知ることもできるのです。

MT4 zoom in zoom out

今回は拡大機能を押すとどうなるかということを理解してもらえるように、

ドル円の週足チャートの期間をより細かく見てみましょう。

 

週足という同じ時間軸であっても、細かい期間の動きまで

ズームイン、ズームアウトをすることで把握できることがわかりますが、

この機能が搭載されている機能はFX業者が提供するチャートによってまちまちとなります。

ドル円 週足チャート

 

③独自にチャートを分析するための改良が容易であること

自分独自のテクニカル指標を搭載するうえでも役に立つのですが、

詳細は下のチャートを使って説明します。

 

こちらのチャートではMACDに加えて、

移動平均線が使用されていることが分かりますが、

移動平均線の数値も変更が可能となっており、

下のチャートのように25日移動平均線と75日移動平均線を設定の上使用したりもできます。

※チャートによっては数値設定ができずに固定されていものもあります。

豪ドル円 移動平均線

それに、

MT4ではほとんどのテクニカル指標が内蔵されているので、

一目均衡表などのテクニカル指標も加えることができますが、

背景を変えたりすると以下のように玄人っぽい感じで使うこともできるのです。

豪ドル円チャート 一目均衡表 MACD

プログラミングの知識があれば自動売買を独自に設定することも可能となるのですが、

MT4は他のチャートには備えていないような様々な機能が搭載されている優れものです。

 

『価格の動きをより正確に予測していきたい』

『トレンドラインをもっと正確に引いていきたい』

『最も人気の高い高機能チャートで優位性を活かしたトレードをしていきたい』

そのような方々のニーズを満たす、世界最強のトレーディングチャートであるMT4を

ぜひ利用してみてください。

 

FXDDに1分でデモ口座申請をするだけで、

MT4を使うことができます。

FXDDのデモ口座開設はこちら

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:MT4チャート比較 | 3件のコメント |

本日為替予想:キプロスの銀行預金課税案採決なるか?ユーロの下落に繋がる可能性も

こんばんは、あおのり先生です。

 

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

 

あおのり学校の新ブログがスタートしてから、

 

2週間以上が経過することになりましたが、

 

あおのり学校のブログの立ち上がりにコメントをしてくださった方々にまずお礼を申し上げます。

 

あおのり学校ブログの存在価値が少なからずあることを確認できて、

 

改めてあおのり学校ブログは世の中に少しでも役立っているという思いを持つことができました。

 

 

 

あおのり学校ブログがアメブロにより消されたことから、

 

あおのり先生で検索すると、『あおのり先生 ブログ閉鎖』とリンク付けされているように、

 

ある程度の方々が気にされていたことなのだと思います。

 

まさに、FXのブログ購読者の方々にとって『あおのりショック』が起こったということでしょうか。

 

 

ショックといえば、昨日のキプロス・ショック。

 

このショックで日経平均株価は300円以上下落し、

 

外為マーケットもユーロ主導でクロス円も大幅に下落しました。

 

 

 

しかし、

 

今日の展開を見ると一転して、

 

日経平均株価は200円以上の大幅高となっているし、

 

ドル円やクロス円は上昇している展開に切り替わっております。

 

 

 

『このまま大幅に下落してしまうかもしれない、、、』

 

と考えら買いポジションを躊躇された方も多かったとは思いますが、

 

その思いとは裏腹に価格は急上昇している展開です。

 

 

 

昨日はいろいろな材料がありましたが、

 

このような材料で反転したというよりも、

 

下げ過ぎ感からの自律的な反発という方が妥当だと思います。

 

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14452.06ドル (-62.05ドル) 1.9550% (-0.0360%) 93.74ドル (+0.29ドル)
リスク商品のNYダウは下落。一方、WTI原油先物は共に値を上げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや消極的となってきています。また、米10年国債利回りは下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることにやや消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開となります!ドル円などの為替の動きとNYダウ・WTI原油先物などの株式市場・商品市場との相関関係を知ることで投資力は大きくアップします。
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 ユーロ圏 (オーストリア)ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
39335 (ポルトガル) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
23:00 ドイツ国旗 (独) ショイブレ独財務相、バイトマン独連銀総裁記者会見
3/1909:30 39283 (豪) RBA議事録
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるのか?

 

今日の注目イベントは3つあります。

(米) 2月住宅着工件数

 

(米) 2月建設許可件数

 

(キプロス) 銀行預金課税案の採決

 

 

米住宅関連のイベントではほとんど動きがありませんでしたが、

 

その次のキプロスの議会で銀行預金課税法案が通るか否かには注目です。

 

もし仮に通らないとなると、欧州不安が再燃する可能性もあるので注意です。

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

 

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
15:30 日本 (日)白川日銀総裁退任会見
19:00 ドイツ国旗 (独) 3月ZEW景況感調査 48.2 48.1
21:30 アメリカ (米) 2月住宅着工件数 -12 -4
21:30 アメリカ (米) 2月建設許可件数 90.4万件 92.5万件
25:00 ユーロ圏 (キプロス) 銀行預金課税案の採決
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。
まずは、昨日のドル円1Hチャートの動きを振り返ってみましょう。
ドル円1時間足チャート
(1時間足チャート期間:2月24日~3月18日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

 

 

チャートの全体の動きを確認しますと、

 

綺麗に上昇波動を継続している展開であることがわかります。

 

 

 

このような中であおのり学校では相変わらずしぶとくロング戦略を考えており、

 

今日の下落をチャンスと捉えて、

 

上記チャートのトレンドラインが引かれている、

 

赤サイン付近でのロングを狙っていくことができます。

 

このラインの根拠としては、

 

プレミアム会員様に提示しているラインとなります。

 

と指摘しておりましたが、今日のドル円を1Hチャートで確認してみましょう。

 

ドル円1時間足チャート
(1時間足チャート期間:2月25日~3月19日)

※ここで表示しているドル円MT4チャートは、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ売買ポイントがより明確化され、お金も増やしやすくなりますトレンドライン分析をマスターすることで、①価格の動くを精緻に予測できる、②売買ポイントが明確になるはずです。

予想通り思惑のポイントで強く反転していることがわかります。

 

今日は94.20円ライン付近で再度ロング目線で見てはおりますが、

 

ここで買う根拠は上記のライン以外にもあるのですが、

 

そういった根拠はプレミアム会員様にはお伝え済みですが

 

こういった根拠ある買い場がわかることで買いで拾いやすくなるものです。

 

 

 

とはいえ、

 

さらに値を下げる可能性もあるわけですから、

 

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

 

エントリーしていくようにしましょう。

ドル円を含むクロス円 、ユーロドル に関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

 

通貨 ペア    売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 会員様には提示してあるラインのある94.50円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。プレミアムでは何パターンかの戦略を提示しております。 なし
ユーロ円 様子見 会員様には提示しているラインがある箇所付近 なし
豪ドル円 会員様には提示しているラインがある箇所付近 なし
ユーロドル 会員様には提示しているラインがある箇所付近 なし
※有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。クリック

 

最後に、

 

チャートを見る上で大事なことになるのですが、

 

半値戻しとか、三分の1戻しとか、

 

そういった言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

 

 

ニュースレターなどを読んでいると、

 

よく半値戻しとかそういった言葉が出てくるわけなのですが、

 

高値と安値から見て半値を戻した時点では上昇が抑えられやすくなり、

 

そのようなポイントでは売り圧力が強まるということです。

 

 

 

このような見方は覚えてしまえば至極簡単なことではあるのですが、

 

なぜ半値戻しのポイントは重要となるのか、

 

そのような理由というのはわからないものです。

 

 

 

その答えに関しては、マネースクエアジャパンとあおのり学校がタイアップにつき、

 

レポートと動画をプレゼントしているのでその中にわかりやすく答えが解説してあります。

 

また、半値戻し以外でも、チャート分析の上級者向けの知識もお届けしているために、

 

チャート分析のレベルが上がり、利益も上がりやすくなる内容となっております。

 

ぜひ、お役立ていただければ幸いです。

 

 

 

なお、

 

マネースクエアジャパンに入金するだけでQUOカード1,000円分、

 

当サイト限定で初回30万円以上入金だとプラス1,000円分、

 

さらにオリジナルレポート+動画もプレゼントしています。

 

期間限定の企画なので、

 

相場の動きをさらに見極めたいという方は是非ご活用頂ければ幸いです。

タイアップのレポート動画に関しては、
メール配信代行を行う株式会社東京コンシューマーシステムに
メールアドレスを開示することに同意することもレポート進呈の条件になりますので、
下記のフォームに同意された上でお申し込みください。

価格の戻りと目標価格がわかるエリオット波動 価格の戻りと目標価格がわかるエリオット波動

 

それでは今日も頑張ってきましょう!

 

【あおのり学校限定】10万円入金+1回取引で5,000円キャッシュバック!さらに今なら、あおのり先生のトレードルールレポート(全24P)もプレゼント!

↓ ↓ ↓

外為オンライン

 

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:本日の為替予想 | 2件のコメント |

住宅着工件数(米)とは

あおのり学校へのご来校ありがとうございます。

 

今回は、アメリカの経済指標である“住宅指標”の代表格でもある

“住宅着工件数(米)”について見ていきます。

米住宅着工件数は、毎月第3週に発表されます。

 

住宅着工件数(米)とは

アメリカで月中に建設が開始された新設住宅戸数を集計したもので、

アメリカの商務省サンセン局から発表されます。

商務省

この指標が為替レートをある程度大きく動かす理由として、

景気動向を見る上で強く注目されているためです。

住宅着工件数の増加は、新しい家を建てられたことを表しており、

家具や電化製品といった耐久消費財の消費アップに繋がるために、

その結果として景気が良くなるのです。

 

一般的に、

住宅着工件数の増加 →  景気の拡大 → 政策金利引き上げ

というプロセスをたどります。

したがって、住宅着工件数が増加し続ける状況は景気が好調であると考えられ、

政策金利引き上げとなります。

反対に、住宅着工件数が減少し続ける状況は景気減速するために、

政策金利引き下げを連想させます。

 

FXでは、政策金利がいつ引き上げられるかで

為替レートの動きが大きく変わってくるため、

政策金利の動きに影響を与える住宅着工件数(米)は注目されるのです。

 

住宅着工件数(米)の動向

米住宅着工件数と住宅建設許可件数

1998年1月~2015年6月までの推移を下記の図では表しています。

住宅着工件数と許可件数の値動きは連動する傾向があることがわかります。

住宅着工件数は、1998年には月に150万件ほどの新築住宅の建設がありましたが、

アメリカの住宅バブルを背景に、

2006年には月間230万件の住宅建設がありました。

これは、アメリカの銀行が住宅購入者の貸し出しを増やしたためですが、

その後住宅価格が下落するとともに、

2006年をピークに右肩下がりに新築住宅の建設に陰りが見えだしてきます。

2009年には底を付け月間50万件にまで新築住宅の建設が落ちています。

 

その後は、アメリカの景気回復の流れに押されて、

月間70万件~100万件まで新築住宅の建設が回復してきています。

 

住宅着工件数の価格変動幅

星星星星星1

住宅着工件数はドル円で見ると10~20銭の値動きがあります。

2008年のリーマンショック後は最注目されていた指標でもありますが、

2014年度の現在ではそこまで価格に与えるインパクトは大きくはありません。

 

下記では、住宅着工件数の為替レートの変動幅を表しています。

米6月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年7月17日 20時50分~22時15分)
価格変動幅 15銭
WS000000
7月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 6月住宅着工件数
[年率換算]
103.6万件 110.6万件 上 117.4万件
米4月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年6月16日 20時50分~22時15分)
価格変動幅 7銭
WS000001
6月16日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 5月住宅着工件数
[年率換算]
113.5万件 109.0万件 上 103.6万件
米4月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年5月19日 20時50分~22時15分)
価格変動幅 18銭
WS000001
5月19日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 4月住宅着工件数
[年率換算]
92.6万件 101.5万件 上 113.5万件
米3月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年4月16日 20時50分~22時19分)
価格変動幅 14銭
WS000002
4月16日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 3月住宅着工件数
[年率換算]
89.7万件 104.0万件 下 92.6万件
米2月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年3月17日 20時50分~22時19分)
価格変動幅 4銭
WS000017
3月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 2月住宅着工件数
[年率換算]
106.5万件 104.0万件 下 89.7万件
米1月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年2月18日 21時51分~23時11分)
価格変動幅 10銭
WS000002
2月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 1月住宅着工件数
[年率換算]
108.9万件 107.0万件 下 106.5万件
米12月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2015年1月21日 21時51分~23時11分)
価格変動幅 16銭
住宅着工件数
1月21日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 12月住宅着工件数
[年率換算]
102.8万件 104.0万件 上 108.9万件
米11月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年12月16日 21時51分~23時11分)
価格変動幅 31銭
住宅着工件数
12月16日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 11月住宅着工件数
[年率換算]
100.9万件 104.0万件 下 102.8万件
米10月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年11月19日 21時51分~23時11分)
価格変動幅 13銭
住宅着工件数
11月19日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 10月住宅着工件数
[年率換算]
101.7万件 102.5万件 下 100.9万件
米9月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年10月17日 20時52分~22時12分)
価格変動幅 10銭
住宅着工件数
10月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 9月住宅着工件数
[年率換算]
95.6万件 100.2万件 上 101.7万件
米8月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年9月18日 20時53分~22時12分)
価格変動幅 13銭
WS000010
9月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 8月住宅着工件数
[年率換算]
109.3万件 103.7万件 下 95.6万件
米7月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年8月19日 20時52分~22時12分)
価格変動幅 13銭
WS000006
8月19日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 7月住宅着工件数
[年率換算]
89.3万件 96.5万件 上 109.3万件
米5月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年6月17日 20時52分~22時12分)
価格変動幅 14銭
住宅着工件数
6月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 5月住宅着工件数
[年率換算]
107.2万件 103.0万件 下 100.1万件
米4月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年5月16日 20時50分~22時10分)
価格変動幅  16銭
住宅着工件数
5月16日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 4月住宅着工件数
[年率換算]
94.7万件 98.0万件 上 107.2万件
米3月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年4月17日 20時53分~22時13分)
価格変動幅  8銭
住宅着工件数
4月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 3月住宅着工件数
[年率換算]
90.7万件 97.0万件 上 94.6万件
米2月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年3月17日 22時06分~23時24分)
価格変動幅  12銭
WS000555
3月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:30 アメリカ (米) 2月住宅着工件数
[年率換算]
88.0万件 91.1万件 下 90.7万
米1月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年2月19日 21時30分~23時00分)
価格変動幅 12銭
住宅着工件数
2月19日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 1月住宅着工件数
[年率換算]
99.9万件 95.0万件 下 88.0万件
米12月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2014年1月17日 22時00分~23時21分)
価格変動幅  14銭
住宅着工件数
1月17日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 12月住宅着工件数
[年率換算]
109.1万件 99.0万件 上 99.9万件
米11月住宅着工件数発表前後のドル円1分チャート
(期間:2013年12月18日 21時57分~23時18分)
価格変動幅  15銭
住宅着工件数
12月18日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
22:30 アメリカ (米) 11月住宅着工件数
[年率換算]
88.9万件 95.4万件 上 109.1万件

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:FX用語辞典, 投資力向上 | コメントする |
371 / 372«...102030...368369370371372

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ