本日為替予想:米5月耐久財受注などの米指標が相次ぐ。これらの結果を受けたNYダウの動きを注視。NYダウが上昇すれば、、、

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

今日の外為マーケットは方向感に乏しい展開です。

ドル円、クロス円は方向感がほとんどなく、

ユーロドルも底値圏でもみ合っているといった展開です。

 

なんとも利益を上げにくい地合いではありますが、

やはり大きく取れるところからロング目線で見ておくべきだったと言えるでしょう。

あおのり学校では、6月10日からは多くのメディアが弱気になっている中で、

一貫してロング有利のポジションを取り続けてきました。

 

まず、出だしはショートで成功しましたが、

ドル円 1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月19日~6月10日)

ドル円1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月20日~6月11日)

お次は、ロング目線継続。

ドル円1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月22日~6月13日)

もちろん、買値よりもしたに突っ込んだ時もありましたが、

一貫してロング目線継続。

ドル円1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月23日~6月14日)

下がり続けているのに、全体が弱気になっているのに、一貫してロング継続。

ドル円1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月26日~6月17日)

再度下げてきても、またまたロング継続。

ドル円 1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月27日~6月18日)

底堅くなってきても、一貫してロング継続。

上のチャートではショートも取れる戦略を描いていましたが、

基本的にあおのり学校ではロング目線と会員様には伝えていましたし、

ショートを仮にとったとしてもど短期で行く旨をお伝えしていました。

つまり、ロングの方に強気でしたが、さらにロング継続。

ドル円 1時間足チャート(1時間足チャート期間:5月28日~6月19日)

ロング、ロング、ロング。

ドル円1Hチャート(1時間足チャート期間:5月29日~6月20日)

結局、大きく上抜けてきました。

このように、一貫してブレない戦略を維持していかなければ、

勝てる戦にも勝てなくなります。

『売りかな、でも怖いから買いにしよう』とか

『ちょっと上がってきたから買いを利食いしよう』とか、

あまりにも多くの迷いがあればあるほど、負けるのは仕方がありません。

 

まずは、実際に本当に利益を上げている人の技を盗むこと。

これが勝ちに近づく最短コースであることは、

私の経験則からも間違いありません。

しかし、世の中にはそのような勝てる技量が高まる情報は圧倒的に欠如していますので、

というかほとんどそんなものは落ちていないのが現実なので、

本物の勝ちに直結する技を磨きたい方は、

その技を一部木曜日のあおのり学校メルマガに公開したいと思います。

メルマガの登録はこちらから

※二度と配信しない内容なので、興味のある方は木曜日20時までのお早めの登録をお願いします。

 

なお、

昨日の経済イベントにおいては注目イベントもほとんどなかったために、

これら材料ではあまり動きがないと言った展開となりました。

 

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14659.56ドル
(-139.84ドル)
2.5420% (+0.0040%) 95.18ドル (+1.49ドル)
リスク商品のNYダウは下落。一方、WTI原油先物は値を上げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや消極的となってきています。また、米10年国債利回り は上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます。
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:00 ドイツ (独) 6月IFO景況感調査 105.7 105.9 横 105.9
26:00 アメリカ (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁
講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるのか?

今日は米経済イベントが相次ぎますので、

予想と結果の乖離に警戒しながら、

NYダウのさらなる下落が起こるかを見極めたいと思いますが、

ダウが強いようだとドル円、クロス円もさらに値を上げる要因になるだけに、

注目していきましょう。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:15 ユーロ (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
21:30 アメリカ (米) 5月耐久財受注 [前月比] +3.5% +3.0%
21:30 アメリカ (米) 5月耐久財受注
[前月比:除輸送用機器]
+1.5% ±0.0%
22:00 アメリカ (米) 4月S&P/ケース・シラー
住宅価格指数 [前年比]
+10.87% +10.60%
23:00 アメリカ (米) 5月新築住宅販売件数 45.4万件 46.0万件
23:00 アメリカ (米) 6月リッチモンド連銀製造業指数 -2 2
23:00 アメリカ (米) 6月消費者信頼感指数 76.2 75.1
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:6月2日~6月24日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると、

一時93.80円台まで急下落してから底付近でもみ合っている

といった展開となっていますが、

バーナンキFRB議長の金融緩和短縮発言を受けて、

レンジ相場から上昇波動入りにドル円の動きは切り替わってきています。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

そのため、底堅い97.00円サポートライン付近を次の売買ポイントに

狙っていけると見ていますが、

ここで買える理由はいつも会員様にはお伝えしているように日足チャートから見ても

買い支えの根拠になりやすいことが分かります。

よって、この2つのロング根拠から、97.00円付近でロングを仕掛けられると見ております。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:6月3日~6月25日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

昨日は、97.20円台まで下げてきましたが、

この付近から反転し98.00円台まで上昇してから、

今度は97.00円台まで下落してから反転しているといった展開です。

 

あおのり学校で指摘していた通り、

97.00円のサポートラインが有効に機能していますね。

このようにサポートラインもうまく引いていくと

『どこで反転しやすいのかな?』という読みが深まります。

こういったもろもろのことは、メルマガでお伝えしているので、

メルマガでサポートラインを勉強してください。

メルマガの登録はこちらから

 

もちろん、

材料次第ではさらに下落することもありえるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円 、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 明日のメルマガで説明する97.00円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
メルマガでは何パターンかの戦略を提示します
横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは本日も、がんばっていきましょう!

 

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

 

 

 


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

FXで毎月50万円!勝ち続ける人の法則

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

あおのり学校プレミアムは、今まで述べ千数百人の方々に利用いただいています。

もちろん、その中では負けてしまっていた方もいますが、

一方で、わずか数十万円から始めて8000万円にまでお金を増やした方、

月間数千万円お金を増やした方や、資産を3カ月で5倍に増やした方、

あるいは毎月30万円を安定的に増やされる方もいました。

 

なんで同じことを教えているのに、負けている人、そして勝っている人がいるのか?

色々考えさせられたのですが、

勝っている人は、自分なりの勝てるやり方を確立している人だと、

3年以上FXを教えてきて痛感しています。

 

ご自身で手法を確立しているから、FXにおいても迷いがあまりありません。

確かに、マーケットの動きというのは不可解な動きを時にはするので、

いかに手法を確立したからとはいえ、

自分の思い通り動いてくれるほど都合のよいものではありません。

 

このような不確定な動きをするマーケットの中で、

迷いがない人は自信を持ってトレードをされている、

だから利益を伸ばすこともできますし、

損切りもスパッといれることができます。

結果として、利益を出しているのです。

 

では、迷いが生じないためにはどうすればよいのか?

まず、相場に詳しくなること、相場のことを理解することです。

相場のことが分からなければ、その分迷いが生じることになります。

 

その上で、自分のことを良く知ること。

どんな天才的なトレーダーと全く同じ真似をしてみたところで、

それだけでは勝てるようにはなりません。

自分に合った、型というものを身につける必要があるのです。

 

あおのり学校プレミアムの心理編ではその辺を詳しくお伝えしていますが、

この型が身についてくればくるほど、迷いというものがなくなります。

 

まず、自分はどのようなタイプのトレーダーなのかを理解する必要があります。

スキャルピング、デイトレ、スイング、中長期、

このスタイルの中から自分が勝ちやすいスタイルを選ぶことです。

 

私も色々と自己分析をしてみた結果、

ある型が最もフィットすると同時に、お金を増やせるスタイルということを

発見したのですが、そのような型を身につけることがお金を増やす上での大前提です。

 

私がどのようなスタイルでトレードをしているのかということを、

FXで毎月50万円勝ち続ける人の法則の中で取材を受け取り上げられましたので、

そちらを参考にしていただければ幸いです。

FXで毎月50万円!勝ち続ける人の法則

 

FXで毎月50万円勝ち続ける人の法則は次のような構成となっています。

はじめに

第1章
為替が大きく動きだした 1000万円作るチャンス到来
・為替は大きく円安に!流れに乗るだけで稼げる!
・今からではもう遅い? 否、むしろこれからが稼ぎ時
・1日の中で稼ぎ時は、夜! 帰宅後にじっくりできる
・毎月50万円以上! 勝ち続ける人が続出中!
・あなたのFX適性を診断!

第2章
3日で30万円も 勝ち続ける人たちの二刀流FXとは?
・今の円安相場に乗って大勝ちする方法
・二刀流で稼ぐ!「米ドル」+「ランド」で月100万円超
・二刀流で稼ぐ! 3日に1度の取引で週10万円稼ぐ秘密
・FXで1000万円! チャンスで一気に稼ぐ人たちの方法
・山岡和雅の2013年後半・このニュースで為替が動く
・よく当たる! FXカレンダー

第3章
これだけ覚えれば初心者でも月10万円 FXの超基本講座
・これを知らないと稼げない! FXの超基本ルール
・この4つが基本の動き! チャートの基礎知識
・ローソク足から移動平均線まで応用テクニック
・サルでもわかる! FX用語辞典

第4章
FXで1億円を手にした人たちの
「チャンスで一気に稼ぐワザ」

・勝手にお金が入ってくる「FX投資」儲けのスパイラル
・いまさら聞けない! FXの攻略法
・クイズに答えるだけで儲けの達人に! FXドリル25問

 

まず、相場で勝つためにはFXに詳しくなること。

詳しくなるための情報が詰まっている本でもありますので、

参考にされてみると、FXでお金を増やす第一歩を踏み出せるはずです。

 

また、私のトレードスタイルは『2刀流』となるのですが、

私の型からご自身の型を身につける参考にしてみてください。

勝ち組の大前提、自分に合ったスタイルのヒントを得ることができるはずです。

FXで毎月50万円勝ち続ける人の法則のご購入はこちら

あおのり学校の過去記事掲載一覧はこちら


カテゴリー:あおのり先生掲載雑誌, 投資力アップの書 | コメントする |

本日為替予想:バーナンキFRB議長の金融緩和短縮発言の余韻を残し、今日もドル円・クロス円強い展開!今日も上昇するのか?

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

先週木曜日に発表があった、

バーナンキFRB議長の金融緩和短縮発言以降、

マーケットの雰囲気がガラリと変わりました。

バーナンキFRB議長

ドル円やクロス円は今日も底堅い半面、

ユーロドルは弱いと言った展開となっています。

 

とはいえ、先週も指摘した通り、

あまり深追いはしたくないなと考えているのですが

その理由はなんなのか?

その理由をメルマガで公開していきたいと思います。

『ここからがドル円の上昇相場の再スタートだ!』

『これでようやく、持ちこたえた含み損から解放される』

そのように強気の方や『ほっ』と一安心の方には役立つはずです。

メルマガの登録はこちらから

※二度と配信しない内容なので、興味のある方は火曜日の20時までのお早めの登録をお願いします。

 

なお、

先週の経済イベントにおいては注目イベントもほとんどなかったために、

これら材料ではあまり動きがないと言った展開となりました。

金曜日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
14799.40ドル
(+41.08ドル)
2.5380%
(+0.1170%)
93.69ドル
(-1.45ドル)
リスク商品のNYダウは上昇。一方、WTI原油先物は値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや積極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることに積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われやすくなる相場展開が予想されます。
金曜日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:00 ユーロ (ユーロ圏) 4月経常収支 +259億EUR +195億EUR
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるのか?

経済イベント自体がほとんどありませんので、

今日はNYダウなどの動きを見極めたいと思いますが、

ダウが弱いとドル円、クロス円も崩れやすい要因となりやすいだけに、

注目していきましょう。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
17:00 ドイツ (独) 6月IFO景況感調査 105.7 105.9
26:00 アメリカ (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁
講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:5月30日~6月21日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると、

一時93.80円まで急下落してから底付近でもみ合っている

といった展開となっていますが、

バーナンキFRB議長の金融緩和短縮発言を受けて、

レンジ相場から上昇波動入りにドル円の動きは切り替わってきています。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

それではこれからの売買戦略ですが、

正直なかなか読みにくい地合いでもありますので様子見でも良いとは思います。

敢えて入るなら96.10円付近辺りかなと見ています。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:6月2日~6月24日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

ドル円はもう一度高値を更新してきて、

上昇トレンドが明らかになってきました。

そのため、底堅い97.00円サポートライン付近を次の売買ポイントに

狙っていけると見ていますが、

ここで買える理由はいつも会員様にはお伝えしているように日足チャートから見ても

買い支えの根拠になりやすいことが分かります。

よって、この2つのロング根拠から、97.00円付近でロングを仕掛けられると見ております。

 

ちなみに、97.00円のサポートラインが有効に機能していますね。

このようにサポートラインもうまく引いていくと

『どこで反転しやすいのかな?』という読みが深まります。

こういったもろもろのことは、メルマガでお伝えしているので、

メルマガでサポートラインを勉強してください。

メルマガの登録はこちらから

 

もちろん、

材料次第ではさらに下落することもありえるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル(60分)
ドル円 明日のメルマガで説明する97.00円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。
メルマガでは何パターンかの戦略を提示します
買いサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは今日もがんばりましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

 

 

 


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |
371 / 396«...102030...369370371372373...380390...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ