本日為替予想:フランスとドイツのGDP速報値が悪化でユーロドル下落!今日の注目ポイント

こんばんは、あおのり先生です。

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

“押し目待ちに押し目なし”

今のように急激に上昇する相場には、ピタリと当てはまる言葉です。

 

自分が買いたいと思っていたポイントまで値を下げなければ、

ときには相場観を持っていつも以上にリスクを取ることも必要です。

もし押し目を待っていても、今のように大きく押してくれない地合いでは、

チャンスを逃してしまいかねないからです。

 

マーケットは生き物でもありますので、

今まで通用していた売買ロジックが急に通用しなくなり、

そしてまた新しい売買ロジックを採用した人が利益を出しやすくなります。

 

トレンドライン分析では生き物の相場に臨機応変に対応可能な便利なツールではありますが、

相場の世界には絶対に勝てる黄金法則など、

生き物のマーケットではありえないのであれば、

都度都度戦略を変更することは有効な手段であり、

今のドル円などはいつも以上に思い切った勝負をしたほうが良いのかもしれません。

 

そのような中でも巧みにベストの戦略を採用する必要がありますが、

そのヒントになる情報はメルマガでお伝えしているので、

メルマガをぜひ参考にしてください。

メルマガの登録はこちらから

 

さて、

今日も日経平均は上昇し15100円をつけ300円高、

ドル円を中心に値を上げて、クロス円も強く、

ユーロドルが弱いといった感じです。

 

ユーロは特に弱い状況ですが、

昨日の以下のようなイベントが原因でしょか?

(独) 5月ZEW景況感調査

予想 40.0 → 結果 36.4

(ユーロ圏) 5月ZEW景況感調査

前回発表値 24.9 → 結果 27.6

(ユーロ圏) 3月鉱工業生産・季調済 [前月比]

予想 +0.5% → 結果 +1.0%

(ユーロ圏) アスムッセンECB理事講演

(ユーロ圏) EU財務相理事会

 

ドイツのEZWがある程度影響を与えることになりましたが、

それ以外は特に材料視されませんでした。

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15215.25ドル
(+123.57ドル)
1.9750% (+0.0630%) 94.21ドル (-0.96ドル)
リスク商品のNYダウは上昇。一方WTI原油先物は値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることに積極的となってきています。また、米10年国債利回りは上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることに積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われやすくなる相場展開となります!
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
18:00 ドイツ国旗 (独) 5月ZEW景況感調査 36.3 40.0 下 36.4
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 5月ZEW景況感調査 24.9 27.6
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 3月鉱工業生産・季調済
[前月比]
+0.4% +0.5% 上 +1.0%
25:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) アスムッセンECB理事講演
ユーロ圏 (ユーロ圏) EU財務相理事会
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

さて、今日はどのような展開になるのか?

今日は欧州を中心にGDPが悪化したことでユーロドルは特に弱いですが、

その後はアメリカの経済指標に注目で、

予想よりもよければさらにドル円は上昇すると思われます。

 

今日の注目イベントは多く、7つほどあります。

(仏) 第1四半期GDP・速報値 [前年比]

予想 -0.1% → 結果 -0.2%

(独) 第1四半期GDP・速報値 [前年比]

予想 +0.2% → 結果 -0.2%

(ユーロ圏) 第1四半期GDP・速報値 [前年比]

(英) BOE四半期インフレレポート

(米) 5月ニューヨーク連銀製造業景気指数

(米) 4月鉱工業生産 [前月比]

(日) 第1四半期GDP・一次速報 [前期比年率]

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
14:30 フランス (仏) 第1四半期GDP・速報値
[前年比]
-0.3% -0.1% 下 -0.2%
15:00 ドイツ国旗 (独) 第1四半期GDP・速報値
[前年比]
+0.4% +0.2% 下 -0.2%
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 第1四半期GDP・速報値
[前年比]
-0.9% -0.9%
18:30 イギリス (英) BOE四半期インフレレポート
21:30 アメリカ (米) 5月ニューヨーク連銀
製造業景気指数
3.05 4.00
21:30 アメリカ (米) 4月生産者物価指数 [前月比] -0.6% -0.6%
21:30 アメリカ (米) 4月生産者物価指数
[コア:前月比]
+0.2% +0.1%
22:00 アメリカ (米) 3月対米証券投資
[ネット長期フロー]
-178億USD +350億USD
22:15 アメリカ (米) 4月鉱工業生産 [前月比] +0.4% -0.2%
5/16
08:50
日本 (日) 第1四半期GDP・一次速報
[前期比年率]
+0.2% +2.7%
5/16
08:50
日本 (日) 対外及び対内証券売買契約等の
状況
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:4月22日~5月14日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャートの全体の動きを確認すると、

100円付近で何度も反落していることがわかりますが、

100円を一度超えると102円付近まで上昇していることがわかります。

その後はジリ下げの展開でした。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

今日は102円付近で上昇を抑えられてから、

ジリジリと値を下げている展開が続いていますが、

引き続き100円付近まで値下がりしたところで拾っていきます。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

WS000015

(1時間足チャート期間:4月23日~5月15日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はメルマガの特典動画をご覧下さい

 

100円までは予想通り容易には下落しそうにはないので、

今日はややリスクを取って101.80円付近で、

押し目買いロングを狙います。

 

このロングの根拠はあおのり学校掲示板

ドル円カテゴリーの中で“ドル円が強い地合いでも新たな買い場所”で公開していますので、

興味のある方は参考にしてください。

 

もちろん、

100.80円を下回り下落することだってあるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 次のメルマガで説明するとおり101.80円付近で買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します
横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 横ばい
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカル を使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

明日は上記のドル円の売買根拠についてお伝えします。

プレミアム会員様には21時までにをお伝えしますが、

情報というのは鮮度が大事ではありますが、

その根拠を知るのと知らないのとではトレードの成績に差が出てきますので、

メルマガ会員様は明日のメルマガを読むようにお願いします。

メルマガの登録はこちらから

※興味のある方は二度と配信しない内容となりますので、明日の20時までにメルマガに登録をお願いします。

 

それでは本日も、がんばっていきましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

日本ブログ村 為替ブログ ドル円へFX初心者 ブログランキングへ

 

 


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |

クロス円とは

あおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

あおのり先生です。

 

FXの取引をしていると、『クロス円』という言葉を頻繁に耳にします。

おそらく、FXをはじめられたばかりの方にとっては、

『クロス円』という言葉を聞いても『?』になっていると思いますので、

今回は『クロス円』について学び、FXに対しての悩みを払拭していきましょう。

 

“クロス円”とは、

ドル円を除くユーロ円、ポンド円、 豪ドル円、ランド円、フラン円などの

外国通貨と円の組み合わせの通貨ペアを言います。

円とその通貨ペアの組み合わせ

たとえば、

ユーロ円の場合であれば、

ユーロドルと米ドル円の通貨ペアの合成通貨ペアとして表されています。

つまり、基軸通貨であるドルの動きをクロス円は必ず50%含むことになるのです。

 

ユーロ円を買う場合は、

円を売り、基軸通貨であるドルを買ってからユーロを買うことになるために、

ユーロ円と言ってもドルの影響からは逃れられません。

 

以下の計算式を見れば、

ユーロ円がどのように計算されているかわかるはずです。

ユーロドル × 米ドル円  = ユーロ円

1.308$  ×  86.30円 =  112.88円

上の計算式を見ればわかる通り、

ユーロ円を買う場合は必ず米ドル円の影響を受けることになります。

 

そのため、

クロス円の値動きは、ユーロドルと比べた場合、

似たような動きをする傾向が高まるのです。

下のチャートは、ドル円とユーロ円を比較したチャートになりますが、

似た動きをしていると思いませんか?

ドル円とユーロ円のチャート

 

 

一方、下のチャートは、ドル円とユーロドルを比較したチャート。 ドル円とユーロドルのチャート

ドルの影響をユーロ円のように半分だけ受けるのではなく

もろに受けるユーロドルの場合は、

ユーロ円と動きが違ってきます。

 

そのため、

クロス円のトレードをする際は米ドル円の関係も考慮に入れながら、

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルなどの値動きも加味した上で、

チャートを見る必要があるのです。


カテゴリー:FX用語辞典 | 2件のコメント |

本日為替予想:動きがなければ様子見

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

日本も、20年というデフレ時代から、

ついに消費者物価指数が上がってきそうですね。

日本の10年国債利回りも0.8%を超えてきており、

株式市場も盛況な展開が続いています。

 

昨日取り上げたガンホーが、

今日はさらに155000円と20万円高です。

下のチャートは、ガンホーの10年間のチャートです。

ガンホー

去年から見ると昨日までは90倍の値上がりをしていたガンホーが

1342000円→155000円にもなっています。

ガンホー

ガンホーを買っていたために、億万長者が続出しているようですが、

いつの時代も先見性を持つ人がお金持ちになります。

億万長者

 

さて、

暴騰が続く銘柄がある中で、ドル円、クロス円は方向感に乏しい展開です。

今は下手に動くのではなく、様子見に徹したほうが良いとは思いますが、

FXというのはチャンスの時にのみエントリーしなければ、

利益など出せるものではありません。

 

お金を増やすチャンスに関しては、

今日のメルマガの中で取り上げていきたいと思いますので、

興味のある方はメルマガに登録しておいてください。

メルマガの登録はこちらから

 

昨日はアメリカの以下の経済指標が注目でしたが、

予想を超える結果となり、ドル円有利な地合いが続きます。

(米) 4月小売売上高 [前月比]

予想 -0.3% → 結果 +0.1%

(米) 4月小売売上高 [前月比:除自動車]

予想 -0.2% → 結果 -0.1%

 

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15091.68ドル
(-26.81ドル)
1.9120% (+0.0190%) 95.17ドル (-0.87ドル)
リスク商品のNYダウ、WTI原油先物は共に値を下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや消極的となってきています。また、米10年国債利回り は上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的でも消極的でもない展開となっており、方向感に乏しい相場展開が予想されます!
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
14:30 中国 (中国) 4月小売売上高 [前年比] +12.4% +12.6% 下 +12.5%
14:30 中国 (中国) 4月鉱工業生産 [前年比] +9.5% +9.5% 下 +9.4%
21:30 アメリカ (米) 4月小売売上高 [前月比] -0.4% -0.3% 上 +0.1%
21:30 アメリカ (米) 4月小売売上高
[前月比:除自動車]
-0.4% -0.2% 上 -0.1%
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるか?

 

注目は5つです。

(独) 5月ZEW景況感調査

(ユーロ圏) 5月ZEW景況感調査

(ユーロ圏) 3月鉱工業生産・季調済 [前月比]

(ユーロ圏) アスムッセンECB理事講演

(ユーロ圏) EU財務相理事会

 

EU財務相理事会では、

マイナス金利などの発言がでればユーロを中心に値を下げそうなだけに、

要人発言には要注意です。

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
18:00 ドイツ国旗 (独) 5月ZEW景況感調査 36.3 40.0
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 5月ZEW景況感調査 24.9
18:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) 3月鉱工業生産・季調済
[前月比]
+0.4% +0.5%
25:00 ユーロ圏 (ユーロ圏) アスムッセンECB理事講演
ユーロ圏 (ユーロ圏) EU財務相理事会
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、金曜日のドル円1Hチャートです。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:4月21日~5月13日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャートの全体の動きを確認すると、

100円付近で何度も反落していることがわかりますが、

100円を一度超えると102円付近まで上昇していることがわかります。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

会員様には動画解説で指摘したとおり、

買える場合は高値でもエントリーしていきますが、

現在はマーケットの動きを見極めつつも、

100円付近まで値下がりしたところで拾ってきます。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:4月22日~5月14日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はメルマガの特典動画をご覧下さい

 

今日は102円付近で上昇を抑えられてから、

ジリジリと値を下げている展開が続いていますが、

引き続き100円付近まで値下がりしたところで拾っていきます。

 

もちろん、

100円を下回り下落することだってあるわけですから、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円 、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 次のメルマガで説明するとおり100円付近で買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します
横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 売りサイン
ユーロドル メルマガ会員様には売買根拠を提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

どこで売買すればよいのか?

どこで利食いすればよいのか?

どこで損切りすればよいのか?

売買の根拠がわからないという方は、

メルマガを見てその判断を養ってください。

投資眼が深まれば深まるほど、

投資やトレードでお金を増やす機会に恵まれることになります。

メルマガの登録はこちらから

 

それでは今日もがんばりましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

日本ブログ村 為替ブログ ドル円へFX初心者 ブログランキングへ

 

 


カテゴリー:本日の為替予想 | コメントする |
376 / 391«...102030...374375376377378...390...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ