FX予想

ドル円の上値を重くする下降トレンドラインの存在

こんにちは、あおのり先生です。

 

昨日は米新規失業保険申請件数が良好な結果を示し、

ドル円は118.30円台から119.30円台まで値を戻しました。

1円程の大幅な反発となりました。

 

とは言えっても、

今のドル円相場は依然として売り圧力も強く、

下降トレンドライン付近でその圧力は

特に強まりやすくなります。

 

今のドル円チャートを確認しても、

下落圧力が強まっていることは明らかです。

ドル円チャート

 

チャートを全体的に見ても、

高値と安値は切り上がり、

下降トレンドが継続しています。

 

一度形成されたトレンドは継続する

という特徴があるために、

さらなる下落を警戒していきたいところです。

 

今は118.30円のサポートラインで買い圧力が強まりやすく、

119.60円の下降トレンドラインで売り圧力が強まりやすいと

そのようにチャートを見ています。

 

このような状況の中で、

次にどこのように利益を増やす売買戦略を

組み立てていけば良いのでしょうか?

 

私ならこうするという戦略を

あおのりメルマガの中でこっそりと

教えています。

 

FX投資で利益を増やすために、

まず価格のトレンドを確認して、

その後売買ポイントを予測して、

そのポイントに来てから仕掛けることです。

 

「FXで利益を上げるスキルを学びたい」

「給与・年金に加えて、FXを第二の収入源としていきたい!」

という思いを本気で実現していきたい方は、

 

その答えを全て教えているあおのり學校メルマガに

登録すると決断して下さい。

 

決断ができる幸運な方には、

メルマガ登録後の特別講義の第一回で、

「FX勝率90%を実現する投資スキル」を

まず学んでもらうことになります。

メルマガの登録はこちらから

※本日19時までにメルマガを登録した方に配信します。二度と配信しない内容なので、興味のある方は今すぐ登録して下さい。

 

今日の注目イベントを見ると、

大型のイベントが予定されていないので、

大きな動きにはつながりにくいと思われますが、

(米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率]

で少し変動があることを警戒しています。

 

「前回変動幅」を見ることによって、

あらかじめ経済指標発表時の価格変動幅を

予測しながらマーケットを読んでいます。

本日の注目イベント 前回変動幅 前回発表値 市場予想 市場結果
08:30 日本国旗 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比] 3pips +2.4% +2.3% 下 +2.2%
08:30 日本国旗 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] 3pips +2.2% +2.1% 下 +2.0%
08:30 日本国旗 (日) 2月失業率 3pips 3.6% 3.5% 横 3.5%
19:30 アメリカ国旗 (米) フィッシャーFBR副議長講演
21:30 アメリカ国旗 (米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率] 19pips +5.0% +2.4% 下 +2.2%
23:00 アメリカ国旗 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 9pips 91.2 92.0 上 93.0
3/28 4:45 アメリカ国旗 (米) イエレン・FRB議長 講演      
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へにほんブログ村

 

上記の通り、

チャート分析とファンダメンタルズ分析の両輪でマーケットを見ると、

価格予測精度を高めることができます。

 

今日も的確なポイントを狙い、

利益を確保していきましょう!

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード