バイナリーオプション

どんな相場でも安定的に利益を出せる、バイナリー攻略の超重要な考え方とは?

皆様、こんにちは

 

K先生です。
 

私のブログ前回と前々回は
バイナリーオプションのメリットとデメリットについてお話しさせていただきました。
私はバイナリーオプションはそのメリットを上手く使えばどんな相場でも、
損失を限定して、勝率を上げることで
利益を上げることができることができるのです。
 
しかし、実際にどのような取引をしたら
そんな夢のようなことができるのでしょうか?
その秘訣は、前々回実例を挙げて説明した通り
バイナリーオプションのメリットはどんな相場でも、
利益を出すことができる投資商品であるということを
フルに活用することにあります。
 
私は相場状況に応じて、
2つの戦略を使い分けることで安定的に利益を上げています。
 

相場状況で使い分ける、ある2つの戦略とは?


その2つの戦略とはレンジ相場の攻略法とトレンド相場での攻略法です。
 
相場の地合いとは究極、
値動きがない(レンジ)か、値動きがある(トレンド)という2つに分類することができますので、
この2つの攻略法を持っていれば、
どんな相場環境でも勝つことができるということなのです。
 
今回は、そのうちのひとつ、
レンジ相場でも利益を出すことができるバイナリーオプションの
攻略法の考え方について説明していきたいと思います。
 

FX取引では勝負に出れない “レンジ相場”


そもそも、値動きがないレンジ相場では、
FX取引では大きく利益を上げることは容易ではありません。
なぜなら、この本をご愛読いただいている読者の皆様は、
よくご存知だと思いますがFXでは、
ある通貨ペアで売りまたは買いから入った後、
その通貨ペアがポジション保有時のレートから
どれだけ値動きがあったかが利益に直結します。
 
しかし、レンジ相場ではレートは一方向に動くようなトレンドを形成しないため、
値動きはどうしても制限されてしまいます。
そのため、より多くの資金を投じて
取引数量を増やさない限り大きな利益を見込むことはできません。
その場合でも、思惑通りにレートが動けば、それなりの利益が見込めますが、
思惑を外れた場合、大きな損失を抱えてしまいます。
 
つまり、FX取引で大きく利益をあげるために
トレーダーは必ず次の2つのステップを考えた上で、
エントリーしているのです。
まず、取引をしようとしている通貨ペアのレートが大きく動くということを予想します。
この時点で値動きが見込めなければ、利益が見込めないためエントリーはしません。
その上で、その通貨ペアのレートが上がるのか、下がるのかを予想して
その予想が当たると思った時点で初めて取引をするのです。
これをわかり易くしたものが下の図になります。
図1
 
FX取引では、この思考プロセスが全て的中して初めて利益をあげることができます。
しかし、バイナリーオプションでは、
値動きの大きさは必ずしも利益には直結しません。
引時間終了時のレートが事前に設定されたレートよりも、高くなるのか、
低くなるのかということを的中できれば利益、できなければ損失という二者択一なのです。
 

“値動きがない” という予想までも利益になるバイナリー


ですから、極論すれば、
取引開始から、取引終了まで全く値動きがなかったとしても、
そのことを予想することができれば、利益を得ることができるのです。
これをわかり易くしたものが下の図になります。
図2
 
では、値動きがある場合と、値動きがない場合どちらの予想が簡単でしょうか?
上の2つの図を見れば明らかですが、値動きがない場合の方を予想する方がはるかに簡単です。
なぜなら、値動きがあるということが予想できても、
それが上昇方向なのか、下落方向なのかが予想できなければ、
FXでもバイナリーオプションでも利益を得ることができないからです。
 
一方、バイナリーオプションでは、
値動きがないことが予想できれば、それは方向性がないということなので、
どちらに動くかという予想をすることなく利益をあげることが可能なのです。
 
いかがだったでしょうか。
この考え方はバイナリーオプションで安定的に利益を上げるためには非常に重要な
考え方となります。
 
では、また次回お会いしましょう。
 
次回はこの考え方がなぜ有効なのかについてさらに詳しく解説したいと思います。

FX業界の内部情報を公開

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

download