イエレンFRB議長会見とは

あおのり学校にいつもご来校頂き、

誠にありがとうございます。

 

今回は、アメリカの要人発言の中でも、

最も注目度の高いFRB議長会見に迫ります。

FRB議長の発言は、今後の米金融政策に

大きな影響を与えるだけにマーケットから注目され、

注目されるからこそ外為マーケットに変動を与えます。

 

FRB議長の発言が特に注目されるのは、

FOMC政策金利発表の後に行われる、

「FRB(連邦準備制度理事会)議長の会見」です。

FOMCは年間に8回の会合であり、

約6週の間隔で開催されますが、

毎週火曜日から2日間に渡り開催されます。

 

会見の内容次第で、マーケットに大きな変動を与えることになり、

ドルの変動が大きくなるために、要警戒の要人発言となります。

FRB議長は、メディアへのインタビューや政府議会での証言、

IMFなどの国際的な機関で発言を行いますが、

FOMC後の会見の注目度が最も高いと言えます。

 

FRB議長会見とは

FOMC政策決定会合後に行われるFRB議長の会見のことです。

会合そのものの内容を推測するのに役立ちますが、

議長個人の持論が中心に展開されることになるので、

12人の委員のメンバーの声は反映されません。

 

現FRB議長はジャネット・イエレン氏とは

1946年生まれの経済学者で、

元サンフランシスコ連邦準備銀行総裁であり、

前FRB議長バーナンキ氏の下で、

FRBの副議長を務めていました。

220px-Janet_Yellen_official_portrait

 

イエレンはインフレよりも失業に関心があるとの見方が一般的で、

金融政策において金利を安易に上げない、

または金融緩和を安易に停止しない「ハト派」として知られています。

つまり、インフレ容認派(=ドル安、株高)となります。

 

インフレ容認派とはいえ、

ベン・バーナンキ前FRB議長の時のような、

今は金融危機時ではないために、

彼のような果敢なインフレ派ではなく、

緩やかなインフレを志向しています。

 

元FRB議長はベン・バーナンキ氏とは

量的緩和政策を果敢に実施しているインフレ派の前FRB議長です。

バーナンキFRB議長

インフレ派であるだけに、FRB議長会見でも、

インフレに誘導するための会見が多く散見されます。

 

2006年2月に就任してから

住宅ローン担保証券などを1.75兆ドル買い入れる量的緩和第1弾(QE1)を、

2010年11月から2011年6月には米国債を6000億ドル買い上げる量的緩和第2弾(QE2)を、

2012年9月からは期限や総枠を設けない無制限な量的緩和第3弾(QE3「無制限緩和」)を実施し、

ドル安株高方向に市場を誘導し、

失業率の低下や米景気回復を成し遂げました。

 

FRB議長会見の動向

下の表では、過去のFRB議長会見において

どのような発表がされてきたのか、

主要ポイントを抜粋し掲載しています。

ジャネット・イエレン会見の注目内容
15/2/25 ・FOMC、機械的ルールに拘束されるべきでない
・今年、商品現物の新規制を提案へ-FRB
・FOMCは利上げ後も経済への支援を継続
・米国の家計と企業は健全性を回復
・インフレは目先、上昇よりも下落する見込み
・強いドルと原油安でインフレ率は低下
・インフレ率は2-3年で2%へ
・労働市場の改善、賃金上昇につながるだろう
15/2/24 ・利上げ前にフォワードガイダンスを変更する
・雇用情勢さらに改善の余地がある
・失業率の段階的低下が可能なほどにGDPは強い
・ガイダンスの変更後は、どの会合でも利上げが可能
・ただし、ガイダンス部分が修正されたからといって次の2回の会合で利上げすると受け取るべきではない
・原油安の影響、米経済には差し引きで大きなプラス
・『辛抱強い』の意味、次の2会合で利上げの可能性低いこと示す
・新ガイダンスは必ずしも次の2会合での利上げ意味せず
・総合(食品・エネルギー含む)の消費者物価に焦点絞る
・賃金の伸び悩み、労働市場の改善の余地を示唆
・賃金の伸びは十分に経済回復に追いついていない
・金融政策、通貨の価値に影響を与える可能性はある
・労働市場の傷は完全に癒えていない
・住宅市場は期待ほど順調に回復していない
・雇用の改善を阻害するような行動はしたくない
・原油価格低下でインフレは抑制されている
・FOMCは短期的にはインフレ率が一段と低下すると予想
・一時的な影響が消えれば、インフレ率は2%を目指す
・賃金の伸び、まだ大幅な加速みえない
・FRBは資産バブルのリスクに目配り必要
・利上げは景気への信頼がサイン
・中国では経済成長が予想以上に鈍化する可能性がある
・海外経済の動きは米国の経済見通しにとってリスクになり得る
14/12/19 ・FRBは政策に関して出来る限り明確にコミュニケートする
・低金利は銀行に利回り追求を促しかねない
14/11/7 ・政策正常化は金融市場のボラティリティを招く可能性がある
・政策正常化は健全性回復の兆候になる
・支援政策は引き続き必要。世界経済の回復は遅い
・FRBがインフレ目標をやめることは大きな間違い
14/10/30 ・FRBは均等な機会を与えることを非常に重視している
14/10/18 ・米国内での格差拡大を非常に懸念している
・格差は過去100年間で最大になっている
・高等教育のコストの高さがアクセスを制限している
14/8/22 ・FOMCは労働力の活用が極端に低いと判断
・目標への進展が緩やかなら利上げが遅れる公算
・目標への進展が早ければ利上げが早まる公算
・雇用増加でも労働市場は完全に回復していない
・FOMCの関心は雇用市場のたるみの水準に移行
・FOMCは2つの責務で目標に近づいた
・FOMCはたるみの度合いを測る段階にある」
・賃金にはインフレ誘発することなく上昇する余地ある
・低い賃金の伸びは弱い労働市場を示唆
・研究によると、労働市場はリセッション以降変わった
・退職率(Quits rate)は上昇したものの、依然落ち込んだ状況
・労働市場の変化の一部は構造的、循環的なもの
14/7/3 ・金利は安全確保の主要手段であってはならない
・独立性は金融政策には重要だが、中央銀行の活動のすべての分野に必ず必要というわけではない
14/6/19 ・FOMCは量的緩和の緩やかな縮小を決定した
・失業率は高いレベルを維持している
・労働市場には依然として大きなギャップが残存
・第1四半期の景気の落ち込みは一時的
・インフレは徐々に2%の目標に向かっていくと予想
・当面、バランスシートの縮小は予定されないだろう
・われわれは金利引き上げのツールも有している
・出口戦略の修正原則を今年中に発表する予定
・QE終了から利上げ開始までの期間は決まっていない
14/5/22 ・バーナンキ前議長は金融危機の際、勇気を示した
・当局は金融危機の際にいくつか失敗も犯した
14/5/16 ・米国は健全な経済の実現でさらなる道のり
・中小企業は景気回復で重要な役割
・中小企業は景気回復で多大な貢献をしている

 

FRB議長会見の価格変動幅

星星星星星

ドル円で見ると、

10pips~100pips程度動くレベルのために

マーケットからは大いに注目される材料です。

議長会見の重要発言の時間が前後することから、

チャートでの変動は載せていません。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック




カテゴリー:FX用語辞典, 投資力向上 | Leave a comment |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ