• ようこそ!あおのり学校ブログへ
  • FXで勝つために必要な知識はわずかに3つ
  • あおのり先生が教えるFX図書館
  • ベストなFX業者を探そう
  • FX投資にて豊かな人生を FXの学校ならあおのり学校

ブログより質の高い学びを提供するあおのり學校メルマガ
ブログとメルマガの併用は、FX投資スキルの成長スピードをより速くします。
メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画を期間限定プレゼント中!
下の動画を見れば、連戦連勝できるスキルが必ず身に付きます!!

今すぐメルマガを見る!

大損を不可能とする“ストップロス・オーダー”

あおのり学校へようこそ。あおのり先生です。

FXで大損を出して外為マーケットから退場される方は、

あまりにも多いものですが、

今回はFXで大損を出すことを不可能とする、

実践的でありかつシンプルなテクニックを伝授します!

 

『そんなテクニックなんて本当にあるの?』と

思われる方もいるかもしれませんが、間違いなくあるのです。

このテクニックのみであなたも、大損を出すことが不可能となります!

 

前回の第一回目メンタル講座『FXで大損を出す人の心理』において、

人間は欲深い生き物だから本質的に負けるようにできている、

その点について指摘しました。

 

7~8割程度の方がこの損切りができないばかりに、

一発で大損を出して外為マーケットから退場している、

これが外為マーケットの参加者の実情なのです。

『ドキツ!』

『私のことじゃないか!』

と思い当たるフシがある方は多いと思いますが、、、

今日から大損という大失敗をしないように

この技を取り入れ実践していきましょう。

 

とはいえ、多くの方は自分に弱い、

人間は楽な方、楽な方に流されやすいもので、

皆が損切りをスッパリと決断できるわけではないのは事実です。

それでは、自分のその弱さを認めた上で、

つまり、『自分は意志が弱いので損切りができない』

この事実を認めた上で、トレードや投資環境を変えていけば良いのです。

 

どう変えれば良いのかというと、それは、、、

エントリー注文を出すと同時に、

逆指値注文を利用して、

“ストップロスオーダー(損切り注文)”を

予約することです!

 

そうすることで、注文と同時に損失が限定されます。

これさえできれば、あなたはFXで大損を出すことが不可能となるのです。

『FXはリスクが高い』という偏見もなくなり、

大損を出す不安もなくなるので、

精神的に安心感を持った取引ができるようになるはずです。

 

逆指値注文を損切り予約として利用する際は、

たとえば、ドル円を100円で買ったあとに、

100円以下の価格帯に損切りを予約できる注文方法となります。

図で表すと、次のようになります。

逆指値注文の応用

 

この逆指値という注文方法は、

あなたが利用しているFX業者の注文入力画面でも使えるはずです。

たとえば、下の画面はクリック証券の注文画面となりますが、

赤丸をしている箇所をみればわかるように“逆指値注文”が表示されていることがわかります。

逆指値注文

 

仮に、あなたがドル円を99円までくれば損切りしようと考えて、

100円でドル円を買ったとします。

次の画面の通り、逆指値注文で売りを設定して、

99円で損切りをする予約を以前に入れるだけで

ストップロスオーダーは完了です。

単純でしょう?

逆指値注文の設定方法

 

こうしておけば、上昇するという思惑に反して価格が99円まで下落しても、

自動的に99円で損切りが発動されることになります。

この逆指値注文を使えば、いかにメンタルが弱い方であっても、

自動的に大損を回避されるので、大損を出す不安に悩むこともなくなります。

 

資産を守るためにも重要なことなので、

くどいようですが、実際にチャートを使ってもう一度説明します。

ここでの売買戦略は、以下のようにします。

ドル円が100円を突破したところで買いを入れ、

101円で利益確定して、99円で損切りを入れる。

ストップロスオーダーの出し方

価格が上昇し100円に来たところで買いを入れ、

それと同時に逆指値注文を使って、

99円にストップロスオーダーを設定します。

 

思惑に反して101円まで上昇せずに価格が下落してきました。。。

『ああ、大切なお金が減るかもしれない』と

ここでは、心情的に損を確定したくないという心理が働きますが、

損切り予約を入れているので、99円まで来たところで

自動的に損切り注文が発動され1円の損失に限定されていることがわかります。

 

そのため、

以下のように損を先延ばしにして、大損を出すFXから、

あなたは永遠に解放されることになります。

ストップロスオーダーの出し方

ぜひ、事前に逆指値注文を予約することで、

あなたの大切な資産をプロテクトしていきましょう。

プロは皆、当たり前のようにできていることなのですが、

ギャンブル的にやりたいとか、知識乏しいアマチュアの方は

逆指値を入れないばかりに、大抵の場合は資産を減らす結果になっています。。。

 

次回は、この便利な注文方法である逆指値注文の弊害について見ていきます。

では、また次回にお会いしましょう!

【4連敗の弊害】に続く

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:メンタル強化, 投資力向上 | 2件のコメント |

『 大損を不可能とする“ストップロス・オーダー” 』へ2件のコメント

  1. ゲン より 2013年11月11日 17:47

    分かっててもなかなか出来ないんですよねぇ~(-_-;)

    でもやります宣言!

    トータルでの勝利を目指します(^O^)/

      返信  
    1. aonori より 2013年11月12日 10:56

      ゲンさん

      コメントありがとうございます。
      損切りは含み損が大きいほど、実践するのが難しくなってきます。

      私も昔はそうでした(・_・;)

      しかし、一旦、大きく減らした後、
      資金回復するのは物凄く大変でしたので、

      資金を大きく減らす前の損切りの徹底は必要条件だと思っております。

      もちろん、損切りは気分が良いものではないですが、
      負けを少なくすれば、必ず次にチャンスが巡ってきますから。

      逆に、損切りが遅れて、致命傷となった場合、
      マーケットの世界から、退場せねばならず、
      次のチャンスすら貰えません。

      事前に、ストップロスオーダーを機械的に設定しておくと、
      変な感情に左右されにくく、ロスカットが出来、
      大損を防げますので、オススメです。

        返信  

コメントをお願いします

あおのり学校の先生

あおのり先生

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科卒。証券会社に4年間勤務後、株式やFXを中心に独自の取引手法を確立し、「信頼ある投資教育の創造」を経営理念にあおのり學校を創設。 FXを含む投資業界の信用が置けない慣習を打破すべく、FX投資で豊かな人生を育んでもらうための信頼ある投資教育を日々実践。実績として延べ1600人を超える受講生を世に送り出す。

トレードスタイルは、スキャル、デイトレ、スイング、中長期すべてに対応できるので、あらゆる時間軸のチャンスを掴むのが得意。

雑誌掲載実績:65回(2014年11月時点)

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS

掲示板

プレミアムはFXの通信講座です。FXを勉強したくても時間がない方、よりリアルタイムに実践的に学びたい方に最適なFX講座となります。 受講生の中には月間2000万円の利益を上げた方、毎月30万円コツコツ勝ち続ける方、2年間で2.4倍に資産を増やした方などが実在。詳細はこちら
あおのり学校情報室

あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ