FXの魅力

時間帯によって違う値動き

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

あおのり先生です。

 

FXは24時間取引できる金融商品となるために、

時間が忙しい主婦やサラリーマン、学生までもが、

空いた時間にお金を増やす機会を得ることができます。

為替市場は24時間取引可能

なぜFXは株や商品取引とは違い、24時間の取引が可能なのでしょうか?

それは世界中のいずれかの市場で、同じ為替レートで取引が行われているためです。

市場には、ウェリントン市場、東京市場、香港市場、ロンドン市場、

ニューヨーク市場など様々な市場があります。

 

世界三大マーケットは、

「東京市場」「ロンドン市場」「NY市場」となりますが、

これら市場での取引額は世界の中でもずば抜けています。

その他にニュージーランドのウェリントン市場も最も早く開かれる市場となるために、

上記三市場に次いで注目される市場です。

 

下の表は各市場の取引時間帯を表しています。

WS001630

 

ウェリントン市場は朝5時から開かれる市場となるために

参加人数や取引金額が少なく値動きが乏しい傾向がある反面、

NY市場やロンドン市場は市場参加者や取引額が最も多く、

価格の動きも最も活発となる時間帯となります。

 

各市場が開かれる時間帯によって価格の動きにも若干の違いが生じてくるのですが、

その違いを詳しく見ていきましょう。

 

 月曜日には注意!ウェリントン市場(朝5時)

ウェリントン市場は世界で最も早くオープンする外為市場となり、

日本時間の朝5時~15時前後まで取引される市場となります。

ただ、オープン時には東京市場やロンドン市場も締まっており、

ニューヨーク市場がクローズした時間を引き継ぐことになるために、

世界の三大市場の参加者の参戦がほとんどありません。

したがって、朝の6時~9時頃までは動きが大変緩慢となります。

 

また、ニュージーランド自体も小国のために取引額は小さいこともあり、

流動性が極端に低く基本的には価格の動きは非常に乏しい市場です。

 

しかし、土曜日か日曜日に大きな材料が出た場合、

ウェリントン市場では価格が大きく動き“窓開け”でスタートする場合もあり

月曜日のウィリントン市場の動向には注意が必要です。

 

 アベノミクスで注目度が高まる!東京市場(朝8時)

東京市場は、朝8時から夕方18時までオープンする市場となり、

主に日本人のプロディーラー達が主戦場としている市場です。

また、この時間帯は香港市場やシンガポールの市場も開かれるために、

主に「アジア勢」が価格を動かす時間帯です。

 

ただし、ロンドン市場やNY市場と比べると価格の動きが緩やかで、

価格の動きは一定のリズムで推移するという特徴があります。

しかし、アベノミクスによって東京市場の注目度はかつてないほど高まっており、

2012年末からは日本の経済指標や要人発言で

価格が大きく動きやすくなっていることに留意が必要です。

 

値動きが活発化する!ロンドン市場(夏時間15時、冬時間16時)

ロンドン市場は、夕方16時~深夜3時まで開かれる市場となり、

世界で最も多くの取引がされる活発な市場です。

また、チューリッヒ市場やフランクフルト市場と重なるために主に「欧州勢」の参戦が多く、

ドルや円を介在しないユーロクロスやポンドクロスといった、

日本人にとっては馴染みが薄い通貨ペアが動きやすくなります。

 

また、

東京市場と比べ参加者数や取引金額が増えるために価格の値動きが活発となり、

特に夕方5時くらいからは、イギリスや欧州の指標の発表が出ることで、

アジア時間の値動きとは違いボラティリティが大きくなる傾向があり、

アジア時間の緩慢な値動きから少し変わります。

 

最も値動きが激しい!ニューヨーク市場(夏時間21時、冬時間22時)

ニューヨーク市場は、世界で2番目に取引額が多い市場となりますが、

取引時間帯は夏時間は21時~7時、冬時間は22時~8時までとなります。

ロンドン市場と重なる時間が多く特に20時から24時にかけては、

価格のボラティリティが大きくなりやすい上に、

米系ヘッジファンド筋が仕掛け的に大口で売ってくることで

市場の動きが荒くなり価格の動きを予測をすることが難しくなる市場でもあります。

 

また、

世界経済の規模が最も大きいアメリカの経済指標は、

世界のトレーダーや投資家から最も注目されているために、

価格変動に大きな影響を与えることになります。

特に、米雇用統計FOMC政策金利発表といった重要経済指標や

バーナンキFRB議長の発言次第では価格の動きが

短い時間内で1円以上動くこともよくあり

価格のトレンドが急に変わることもあるので最も注意を要する市場です。

 

このように各時間帯によって価格の動きは微妙に違ってきますが、

値動きが乏しく一定のリズムで動きやすい安定した市場で取引したい方は、

東京市場を主戦場とされると良いでしょう。

 

一方、

値動きが大きいために利益を大きく増やしやすい反面、

そのリスクを受け入れることができる方は、

ロンドン市場やニューヨーク市場で取引されると良いでしょう。

 

スキャルピングやデイトレードをする方は

このような時間帯による特徴押さえておく必要がありますが、

スイングトレードや中長期投資家をする方にとっては、

ある程度長い時間軸でのポジション保有を想定しているので、

大して意識しなくてもよいでしょう。

【FXの必勝法とは】に続く

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード