バイナリーオプション

大口投資家が大衆を手玉にする“ダマシ”の実態とは?

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 

バイナリーの講座を持つようになってからよく、「バイナリーオプション取引でテクニカル指標は使えますか?」という質問を受けることがあります。
基本的にバイナリーオプションは限られた短時間の値動きを予想する金融商品のため私はテクニカル指標
を使わずによりファンダメンタルズ分析に重きを置いています。
 
しかし、バイナリーオプションではなくFXで取引をする時はファンダメンタルズ分析よりも
テクニカル分析に主眼をおいています。
 
依然ご案内した通り、今バイナリーオプション取引のリスクヘッジとしてFX取引を併用した手法を研究中です。
そこで今日はテクニカル分析とダマシについてお話ししたいと思います。
 

テクニカル分析とは?

 
テクニカル分析とは、
チャートや市場での取引高の統計などを用い、変動のパターンや 経験則から価格変動や売買のタイミングを予測する分析手法のことです。
この分析手法は 「市場価格は全ての事象を織り込む」という立場をとっています。
為替レートに影響を与えるありとあらゆる事象はすべて価格に反映されているということです。
 
つまり、膨大な情報収集や分析を行わなければならないファンダメンタルズ分析に頼らなくてもチャートを見たら一目瞭然ということです。

 

the-strategy-1080528_1280

 

テクニカル分析の弱点、ダマシとは?

 
しかし、このテクニカル分析にも弱点があります。
それが、ダマシです。
ダマシとは、テクニカル指標において、売買ポイントとされたにも関わらず実際の値動きは全く逆に動いてしまうことです。
 
まずは、ダマシが発生するメカニズムについて考えてみましょう。
 
先ほど、テクニカル分析とは、「市場価格は全ての事象を織り込む」という立場をとり、チャート上の値動きだけを分析する取引手法だと説明しました。
 
つまり、テクニカル指標の売買ポイントつまりブレイクアウトが起きる前兆は、全てのトレーダーが等しく入手できる情報だということです。
 
そして、この売買ポイント自体にブレイクアウトが起きる合理的な理由がある訳ではなく、このポイントに達すれば多くのトレーダーが
 
買い(売り)を入れることにより、レートが上昇(下落)するからブレイクアウトが起きる、
 
といういわば集団心理を予想するというものです。
 
ですから、この売買ポイント付近では、その通貨ペアの実態以上の値動きをすることがよくあります。
 
しかし、FX取引の世界は、わずかな資金を基に小ロットで取引をしているアマチュアと、大量の資金を持ち相場に影響を与えられる力をもったプロもいます。
年金、保険、銀行、証券会社、ヘッジファンドと言った機関投資家たちがこれに当たります。
 
彼らはその豊富な資金力により、時にはレートを動かすことができるため、言わば人為的にこのテクニカル指標の売買ポイントを作り出すことができるのです。
 
もしあなたが、その立場だったらどうするでしょうか?
 
偽りのブレイクアウトを作り出し、そうでないトレーダーたちがそれに追従してきたところで利益を確定すれば、大きな利益を上げられることができるのです。
 
そして、彼らの利益確定により相場は反転し、相場は逆方向に動いてしまうためブレイクアウトは起きない。
 
これが、ダマシの正体です。
 

ダマシの攻略法とは?

 
最も具体的な例は、東京市場が終わり、ロンドン市場が開くと一気に相場が動き出すという現象をみなさんも何回も見たことがあるかと思います。
 
では、このダマシを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
 
それは、より多くの人が参加できる売買ポイントを見つけ出すということです。
 
それが、自然発生したものであれ、人為的に作られたものであれ、より多くの人がブレイクアウトが起こると感じそのトレンド通りに取引をすれば、
 
たとえ、利益確定の反対売買が行われてもそれ以上のトレンドフォローの注文が続くため、相場は反転せずにそのままトレンドを形成していきます。
このブレイクアウトを見極める一番簡単な方法は、
複数のテクニカル指標で同じ売買ポイントを見つけていくことです。
 
ひとつのテクニカル指標が示す売買ポイントよりも、そのトレンドに沿った売買が行われやすくなります。
 
これは、よりシンプルで使用者の多いテクニカル指標であればあるほどこの傾向は強くなるため、移動平均線などの超メジャーテクニカル指標は、その指標の数値の意味以上に価格を動かす力があるわけです。
 
こういったメジャーなテクニカル指標を組み合わせることにより、
分析の精度をあげることができるのです。
 
では、また次回お会いしましょう。

FX業界の内部情報を公開

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

download