バイナリーオプション

トランプと中国と通貨関税

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
 
梅雨真っ盛りの中、アジサイが満開の季節となりました。
 
 
私の近所でも凄く有名な名所があり、鮮やかな色彩にめを奪われています。
 
 
先週は大きなイベントが目白押しで、相場も大きく動きました。
 
 
今週はイベントや指標発表が少ないのでどうなるのかと思っていましたが、すでに月曜日、
火曜日と先週以上の動きを見せています。
 
 
原因はやはりというか、トランプ大統領による中国に対する通貨関税へ言及したためです。
 
 
これにより安全資産と言われている円に買いが集まり、急速な円高となっています。
 
 
相場格言に「落ちてくるナイフはつかむな」というものがあります。
 
 
これは、相場が大きく下落している状況で、流石にここまで行けば買いだ、として押し目買いに入ってしまうとその後下落が続き痛い目にあうという意味です。
 
 
バイナリーオプションのように短期トレードをしているとよくこの罠にはまって痛い目に
あいます。
 
 
相場が急変するときにはバイナリーオプションについては逆張りはしない方がいいでしょう。
 
 
なぜなら「落ちてくるナイフはつかむな」というのは裏返せば、
「落ちたナイフは地面にささったことを確認してからつかめ」ということだからです。
 
 
数時間という限られたトレード時間の中で相場の下落が止まったことを確認するのは至難の業です。
 
 
ただ、バイナリーオプションも2時間ないし3時間ごとに新たな取引時間が始まるので
半日くらいの時間軸で反転ポイントを確認してから小ロットでエントリーというのはいい戦略だと思います。
 
 
ただ、そういう場合は絶対に資金管理をしっかりした上でエントリーしましょう。
 
 
では、また次回お会いしましょう。

FX業界の内部情報を公開

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

download