2月12日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。

2/12(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
日本国旗 東京休場(建国記念日の振替休日)
2/13(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 1月NAB企業信頼感 11 上 12
18:30 イギリス国旗 (英) 1月消費者物価指数 (前年比) 3.0% 2.9% 上 3.0%
18:30 イギリス国旗 (英) 1月小売物価指数 (前月比) 0.8% -0.7% 下 -0.8%
18:30 イギリス国旗 (英) 1月小売物価指数 (前年比) 4.1% 4.0% 横 4.0%
18:30 イギリス国旗 (英) 1月生産者物価指数 (前年比) 3.3% 3.0% 下 2.8%
22:00 アメリカ国旗 (米) メスター・米クリーブランド連銀総裁 講演        
2/14(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
アメリカ国旗 (米) ムニューシン米財務長官、2019年度予算案を上院財務委員会で証言
8:50 日本国旗 (日) 10-12月期GDP・1次速報 (前期比) 0.6% 0.2% 下 0.1%
8:50 日本国旗 (日) 10-12月期GDP・1次速報 (前期比年率) 2.5% 1.0% 下 0.5%
8:50 日本国旗 (日) 10-12月期GDPデフレーター・1次速報 (前年比) 0.1% 0.0% 横 0.0%
16:00 ドイツ国旗 (独) 10-12月期GDP・速報 (前期比) 0.8% 0.6% 横 0.6%
16:00 ドイツ国旗 (独) 10-12月期GDP・速報 (季調前:前年比) 2.3% 2.2% 上 2.3%
17:00 ドイツ国旗 (独) バイトマン・独連銀総裁 講演
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 12月鉱工業生産 (前月比) 1.0% 0.1% 上 0.4%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10-12月期GDP・改定 (前期比) 0.6% 0.6% 横 0.6%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10-12月期GDP・改定 (前年比) 2.7% 2.7% 横 2.7%
20:20 ユーロ国旗 (ユーロ圏) メルシュ・ECB専務理事 講演
20:20 ユーロ国旗 (ユーロ圏) メルシュECB理事、ツアブリュックSNB副総裁、討論会に参加
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月消費者物価指数 (前月比) 0.1% 0.3% 上 0.5%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月消費者物価指数 (コア:前月比) 0.3% 0.2% 上 0.3%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月消費者物価指数 (前年比) 2.1% 1.9% 上 2.1%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月消費者物価指数 (コア:前年比) 1.8% 1.7% 上 1.8%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月小売売上高 (前月比) 0.4% 0.2% 下 -0.3%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月小売売上高 (前月比:除自動車) 0.4% 0.5% 下 0.0%
24:00 アメリカ国旗 (米) 12月企業在庫 (前月比) 0.4% 0.3% 下 0.4%
2/15(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
中国国旗 上海休場(旧正月)
8:50 日本国旗 (日) 12月機械受注 (前月比) 5.7% -2.0% 下 -11.9%
8:50 日本国旗 (日) 12月機械受注 (前年比) 4.1% 1.8% 下 -5.0%
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 1月就業者数 +3.47万人 +1.50万人 上 +1.60万人
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 1月失業率 5.5% 5.5% 横 5.5%
13:30 日本国旗 (日) 12月鉱工業生産・確報 (前月比) 2.7% 上 2.9%
17:15 ユーロ国旗 (ユーロ圏) メルシュ・ECB専務理事 講演
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 12月貿易収支(季調前) +263億EUR +270億EUR 下 +254億EUR
19:45 ユーロ国旗 (ユーロ圏) プラート・ECB専務理事 講演
22:30 アメリカ国旗 (米) 2月NY連銀製造業景況指数 17.7 18.0 下 13.1
22:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 22.1万件 22.8万件 上 23.0万件
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月生産者物価指数 (前月比) -0.1% 0.4% 横 0.4%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月生産者物価指数 (コア:前月比) -0.1% 0.2% 上 0.4%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月生産者物価指数 (前年比) 2.6% 2.4% 上 2.7%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月生産者物価指数 (コア:前年比) 2.3% 2.0% 上 2.2%
22:30 アメリカ国旗 (米) 2月フィラデルフィア連銀製造業指数 22.2 21.8 上 25.8
23:15 アメリカ国旗 (米) 1月鉱工業生産 (前月比) 0.9% 0.2% 下 -0.1%
23:15 アメリカ国旗 (米) 1月設備稼働率 77.9% 78.0% 下 77.5%
24:00 アメリカ国旗 (米) 2月NAHB住宅市場指数 72 72 横 72
2/16(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
中国国旗 香港、上海休場(旧正月)
6:00 アメリカ国旗 (米) 12月対米証券投資 +575億USD 下 +273億USD
6:30 NZ国旗 (NZ) 1月企業景況感(PMI) 51.2 上 55.6
17:20 ユーロ国旗 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演
18:30 イギリス国旗 (英) 1月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) -1.5% 0.5% 下 0.1%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月住宅着工件数 119.2万件 123.4万件 上 132.6万件
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月輸入物価指数 (前月比) 0.1% 0.6% 上 1.0%
22:30 アメリカ国旗 (米) 1月建設許可件数 130.2万件 130.0万件 上 139.6万件
24:00 アメリカ国旗 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報 95.7 95.5 上 99.9

 

金融不安を解消させる米要人発言に注目!

 
先週も、世界的な株価の続落に見舞われた1週間でした。
 
米国のダウ平均株価は1月までに過去最高値(2万6616ドル)をつけたましたが、
2月に入って急落、8日までに10%以上の急落となりました。
 
日経平均も9日の東京株式市場で大幅に反落し、前日比508円24銭(2.32%)安の
2万1382円62銭で終え、2017年10月18日以来、およそ4カ月ぶりの安値をつけています。
この株式市場の混乱は欧州、そして中国でも起こっており、
これにより「株式バブルの崩壊」が始まったとの見方も一部で聞かれています。
 
今のところこの下げは株式市場だけにとどまり、過去の大きな暴落相場の時のような
商品や為替相場にまでは波及せず、暴落相場と断定する証拠はありません。
しかし、この株式市場の混乱が長引けば、
「尻尾(単なる1市場の混乱)が頭を振り回す(全ての市場の混乱を誘発する)」こともありえるため、警戒が必要です。
過去同様の問題を解決するためにFRB 議長が市場に安心感を与える発言をしてきたことを考えると、就任直後のパウエル議長が この問題を上手くソフトランディングさせる
行動をとるのか、そしてFRB理事が利上げの回数に固執する発言を撤回するのか、
アメリカの要人発言に注目する必要があるでしょう。
 
では、今週注目の指標についてお話ししましょう。
 

中国旧正月休場によりイレギュラーな値動きに

 
今週は後半に中国で旧正月による休場が始まると、各種相場はいつもと違う動きになります。
最も有名なのが金相場で、旧正月に親しい人に金装飾品を送る習慣のある中国では、
この春節前に金の需要が大きく膨らみ、金の値段が上がり旧正月ではその需要が一巡するため下がるというアノマリーがあります。
これ以外にも、取引所が休場となり多くの人が取引を手控えることから 中国元、
香港ドルはこの時期欧米のクリスマス相場のように極端に流動性が低くなったり、
休場になっている資金が取引可能なFX市場に流れ込んだり、といつもの相場感が通用しないことが想定されます。
 
今年の旧正月による中国市場の休場は
 
香港市場:2月16日(金)~2月19日(月)
上海市場:2月15日(木)~2月21日(水)
 
となっていますので、上記を念頭に取引をしてください。
 

今週の注目指標

 
その他注意すべき経済指標は
 
14日に発表される
(日) 10-12月期GDP・1次速報
(米) 1月消費者物価指数
(米) 1月小売売上高
 
15日に発表される
(豪) 1月就業者数
(豪) 1月失業率
 
には注目が必要です。 では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ