ビットコインが一時55万円まで続伸!そんな今、中国の動きがアブナイ

こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 

b301b761-2f0a-4d51-ad33-dbfcb43da5f9

 
 

ビットコインの価格は先週50万円を超えて、
9/1には一時的に55万円を超える価格をつけた取引所もありました。
 
そこからは上昇が落ち着き、50万円前後での推移を続けています。
 
 
ビットコインの価格というのは国によっても違えば、
取引所によっても違うのですが、
特に日本のビットコインの価格は他国と比べて高い値段なっております。
 
前回のメルマガでも書きましたが、
日本ではCMなど啓蒙活動に力を入れている取引所もありますし、
 
東京などの主要都市ではMeetupという集まりや、
各種セミナーも盛んに行われております。
 
徐々にではありますが、
ビットコインをはじめとする仮想通貨が普及していっているのを感じます。
 
 

中国の見過ごせない動き

 
話は変わりますが、今週はとても大きなニュースが出ました。
 
9/4に中国人民銀行を筆頭とする省庁を横断する委員会が以下のようにICOについて言及しました。
 
ICOによる資金調達は経済および金融の秩序を著しく乱す活動として直ちに禁止する。」
 
まずICOという言葉について簡単に説明します。
近頃仮想通貨界隈では毎日のように出てくる言葉である「ICO」というのは
 
Initial Coin Offering」の略で、
一言でいうと自社やプロジェクトの仮想通貨を発行し、
その仮想通貨を購入してもらうことで資金調達を行うというものです。
 
株の世界ではIPOという言葉がありますね。
この場合は東京証券取引所などに上場するところまでも含んだ言葉となっておりますが、
ICOは単に「仮想通貨を発行して、資金を集める」といった意味で使われています。
 
これまでベンチャー企業が事業計画を立て、
あとは資金だという時には、VC(Venture capital)や個人投資家、
エンジェル投資家に資金を投資してもらってその代わりに自社の株式を渡すという資金調達が一般的でした。
 
ですが、このICOはもっと個人レベルの人たちから資金を調達できるということで、
日本でも「新しい資金調達の方法」という見方で注目されていました。
 
もちろんそれに伴った問題は多数あります。
例えば資金は集まったものの一向に事業計画やプロジェクトが進まない問題であったり、
 
発行する仮想通貨の使いみちなど色々な人が問題を提起していましたが、
今週は国レベルでの動きが出たのです。
 
今週中国の委員会は、
ICOの大部分は「金融詐欺であり、ネズミ講である」と警告し、
ICO関連のサービスは停止、企業や個人に対して当面全面禁止という発表を行ったのです。
 
この中国政府がICO規制に乗り出した背景は、
投資家保護の観点からICOによる詐欺の防止やマネーロンダリング対策が主な目的とされています。
 
 
中国の仮想通貨マーケットに与える影響は大きく、
今回の発表を受けて、仮想通貨市場全体が下落する流れとなりました。
 
特に中国でのプロジェクトであるNEOやQtumといった仮想通貨の価格が大きく下落し、
それにつられて、その他の仮想通貨の価格も下落したということになります。
 
とはいっても現在この原稿を執筆している段階では、
少し戻してきている傾向もあるので、
絶好の買い場になった可能性もありますね。
 

僕自身は・・・

 
僕は、基本的にはBuy &Holdでの取引が多いので、
 
今回の下落をした時に少し複数の仮想通貨の買い増しを行いました。
 
具体的には、NEM/XEMという仮想通貨が一番多く買い増した仮想通貨です。
 
またNEMについても機会があれば説明します。
 
 
各国の動きにはこれからも注目する必要があるなと感じています。
 
特にマーケットインパクトが大きい、中国、韓国、米国、シンガポール、日本の仮想通貨に関するニュースなどですね。
 
実は仮想通貨にはビットコインのように非中央集権をテーマに動いているものと、そうでないものが存在します。
 
一概にどちらが良い、悪いという話ではありません。
 
少しでも興味を持った仮想通貨があれば調べてみて、
 
「あ、これおもしろそう」と思ったら少額からでも買ってみることをオススメします。
 
 


カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

コメントをお願いします

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ