ホーム > 無料メール講座 >  ロング戦略を仕掛ける条件

ロング戦略を仕掛ける条件

アメリカ国債の格付けが、

 

AAA ⇒ AA+

 

に変更となって、ドル不安が増したことは記憶に新しいことと思う。

 

 

 

昨日は、

 

アメリカばかりではなく、、

 

“フランス国債の格下げ懸念”へと移りつつある。

 

 

ユーロを支える経済大国フランスが格下げになると、

ギリシャやポルトガルとは比にならないほど、

世界中に大きなインパクトを与えることは避けられないだろう。

 

 

このように連日耳にする、

世界経済の行き詰まりを暗示する暗いニュース。

 

 

戦後最悪の事態と言っても過言ではない状況の中で、

私たち個人投資家がとるべき戦略とは!?

 

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

いつもメルマガご購読、誠にありがとうございます^^

 

 

景気回復が明らかに減速したことで、

先週末にアメリカはついに史上初の米国債格下げとなりました。

 

 

米国債が格下げされること自体、

世界経済が今までに経験したことがなかったわけですから、

市場が混乱するのは当然といえば当然でした。

 

 

とくにNYダウはその影響が顕著に現れていて、

週明けから急落、急反発を繰り返し、

現在もボラティリティが非常に大きい展開となっています。

 

 

そのような中で、

 

今度はフランス格下げの噂が広まり、

またしてもNYダウを中心に荒れた相場展開が続いています。

 

 

これまでフランスは、

ドイツと共にユーロを牽引する立場とされてきましたから、

 

実際に格下げが発表される前にリスクを回避したい、

 

という動きが強まりユーロは急落となりました。

 

 

 

しかし、

 

フランス格下げの憶測があろうとなかろうと、

ユーロ円もドル円も基本的には売り圧力が強く、

トレンドラインの上限で売り叩いていけば、

簡単に利益が出せる相場でした。

 

 

トレンドラインの動きに逆らわなければ、

大きく勝つことができた相場だったはずです。

 

 

ではドル円などは、

まだショート戦略は有効かと言うと、

ちょっと流れが変わってきたように感じます。

 

 

8月11日のあおのり先生売買戦略を見ると、

 

売り圧力が徐々に弱まっているのが見て取れますので、

あおのり先生はある一定の条件を満たせば、

ロングが有効だと考えています。

 

 

8月11日のあおのり先生売買戦略

 

その条件にはいくつかのパターンがあるのですが、

 

簡単に説明すると、

 

上昇トレンドが確定したポイントになります。

 

 

 

トレンドの変わり目を捉える方法に関しては、

 

FX勝利の法則Premiumの中で

 

解説していきます。

 

 

相場の原理原則を学ぶことで、

 

的確なポイントを捉えたトレードをしていきたいメルマガ会員様は、

 

9割以上の会員様より満足いただいている

 

FX勝利の法則Premiumを是非ご活用ください!

 

※FX勝利の法則Premiumでお伝えしている情報は、

FXだけではなく、株式、コモディティ(金、とうもろこし)など

あらゆる金融商品を売買するときに役立ちます。

一生涯の投資のバイブルとしてご活用いただければ幸いです。

 

 

« 為替介入に動じないトレードスタイル 無料メルマガ講座へ戻る 感情を完全排除する方法 »
このページトップへ