ホーム > 無料メール講座 >  天才トレーダーの売買ルールは絶対儲かるか?

天才トレーダーの売買ルールは絶対儲かるか?

ユーロ円が大幅に値を下げている。

私の売買ルールに当てはめてロングを示唆していたが

外れた格好だ。

しかし、

多くの個人トレーダーは

ルールが外れることである過ちを犯す傾向が強い。

それは感情的になってしまうことだ。

損失を出す行為は大切なお金を失うことであり、

確かに悔しいことでもある。

そのため、

外れた分を取り返そうと感情的にトレード枚数を増やし、

余計に傷口を膨らませてしまう。

また、

自分のトレードルールに対して疑心暗鬼となり、

コロコロとと売買ルールを変えてしまう。

そのような感情をセーブするためにはどうすればよいのか?

↓↓↓

http://aonorifx.com/a20121010.html

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガご購読、誠にありがとうございます。

FXで感情的なトレードを退ける有効な方法として、

売買ルールを構築することが挙げられます。

売買ルールさえあれば、

軸を持った状態で売買することができるために、

その分迷いが減り感情的なトレードを大幅に回避できます。

一方、

売買ルールという軸がなければ、

どこで売買すれば常に迷うことになり、

ポジションを持ってからも不安で不安で仕方なくなり

感情が入り込む余地を増やしてしまいます。

『売買ルールを持て!』

よく様々な投資本を読んでいて書かれていることですが、

その具体的なテクニックについては詳細に書かれている本は意外と少ないものです。

また、

実に多くのチャート分析ツールが存在するために、

売買ルールを構築することに困惑もしてしまいます。

チャート分析ツールとして、

トレンドライン、サポートライン、レジスタンスライン、

一目均衡表、パラボリック、ボリンジャーバンド、

MACD、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドと

挙げればきりがないほどです。

この中でどれが一番勝てるのかという質問がよくあるのですが、

はっきり言ってしまえば相場次第でその有効性が変わってきます。

ある月には横ばい相場が続いたとすると、

その時に有効なチャート分析ツールは違うものとなり、

またある月では上昇波動が続いたとすると、

横ばい相場と同じチャート分析ツールでは勝てなくなります。

そのため、

売買ルールを完成させるためには、

複合的にチャート分析ツールを組み合わせ見ていく必要があり、

そうすることで価格の動きをより正確に読み解くことができるようになります。

とはいえ、

私たちは未来という不確実性の高いことを、

売買ルールという軸を持ちただ予測しているに過ぎない関係上、

絶対に勝てるという売買ルールも存在しません。

売買ルールという軸を持ったとしても、

いつも負けるリスクを負う覚悟を持つことで、

その対価としてリターンを得ているのです。

ですので、

売買ルールに過度な期待を置くことは『禁物』であり、

いかなる時も割り切りスタンスが必要となります。

そうなることができれば、

損失を仮に出したとしても割り切って損切りできますし、

その損失を出す心構えができていないトレーダーよりも、

感情的になることもありません。

また、

一度や二度連続で負けたことで、

自分の売買ルールに対して自信を失う方もよくいますが、

どんな天才トレーダーであっても連続で負けることはあります。

大切なことは自信を持って使い続けることができる売買ルールをつくることです。

そうしない限りは、

いつもその売買ルールに対して疑心暗鬼となります。

時にはトレンドラインを使ってみたり、

時には一目均衡表を使ってみたり、

また時にはMACDを使ってみたりと、

その行動に一貫性がなくなってしまい、

永久に外為マーケットの世界の勝ち方を探し続けることになります。

そして探し続け気付くことは、

どんな相場でも有効に機能するチャート分析ツールは

存在しないということです。

常に勝ち続けられる分析手法などないのですから、

相場に向かい合うときは一貫して使い続けることができる、

売買ルールという軸を持ってください。

相場とうまくその分析ツールがマッチングすれば、

いずれ連戦連勝できるのですから。

そうはいっても、

売買ルールを構築することは難しいことは承知しています。

だから、

あなたが直観的に合いそうで使い勝手の良いチャート分析ツールを

使い続けてください。

そこに答えが眠っています。

使い続けるメリットとして、

一つのあるいは複数のチャート分析ツールを軸に見ていると、

様々な見方がその単純なチャート分析ツールから見出すことができるようになってきます。

たとえば、

私がメインで使っているトレンドライン分析にしても、

これは初心者と私の引き方とでは雲泥の差があるはずですが、

引いているうちにより価格の動きを把握でき

売買ポイントとしてより優れたラインを引けるようになってきます。

また、

移動平均線にしても、

価格との関係を見ていくことで、

今がもみ合っている相場なのか、

どのタイミングがより買いやすいポイントになるのかも、

どんどん見えてくるようになります。

大切なことは、

自分が軸にするチャート分析ツールを使い続けることで、

その過程で価格の動きが見えてくるようになりますが、

逆にチャート分析ツールをコロコロ変えていても、

常に迷いが生じ相場の世界で利益を上げることができないはずですし、

そのチャート分析ツールの本質を理解しないで終わります。

売買ルールを構築する際に最も有効な方法は、

すでに利益を上げているトレーダーを参考にして

相場を見ていくことです。

私自身もトレンドラインを構築するときに、

すでに利益を上げているトレーダーを参考に、

思考錯誤を繰り返す過程で比類ないラインを引けるようになりました。

このトレーダーを参考にしていなければ、

今のトレンドラインを基軸にした売買ルールが完成されるまでに、

途方もない時間、そして途方もない損失を出していたことでしょう。

無駄な時間や損失を省くためには、

参考にすべき存在から学んだ方が早いのです。

あおのり学校プレミアムでは、

ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドル、

その週の勝ちやすいピックアップした通貨ペアのチャートの中に、

私が軸としているトレンドラインを元に、

売買ルールを組み立てて売買ポイントを提示しています。

このラインを参考にすれば、

どのように価格が動くのかのシナリオも作れるし、

売買判断に迷うことが大幅に軽減できるはずです。

もしあなたが売買ルールをまだ完成されておらず、

外為マーケットの中で右往左往されているのならば、

トレンドラインを軸にした売買を元に、

感情的になりにくい売買基準を是非構築してください。

トレンドラインはシンプルであるがゆえに、

世界中で最も利用者が多い分析ツールです。

利用する人が世界一多いからこそ、

例えば上昇ライン付近では買いが集まりやすく反転するのですが、

その効果は驚くほどです。

ラインの引き方はあおのり学校プレミアムをご参考にして

ご自身の売買ルールの構築にお役立て頂ければ幸いです。

 

« ドル円とユーロ円の売買ポイントは? 無料メルマガ講座へ戻る FXで儲かっている人の実像とは? »
このページトップへ