システムトレード

逆張り買いのコツとは?

皆様、こんにちは。高橋です。
今日は逆張り買いのコツについて話します。

 
 
chance-2692435_1280
 
ここでいう逆張り買いとは
価格が下がっている時に反発して上昇に期待するトレードです。
 
 
結論からいうと、
直近で大きく下がれば下がるほど
利益のチャンスが増しているという考え方で問題ないです。
 
 
というのも、大きく下がった価格は
その後ある程度までは価格が戻る可能性が高いので、
長期的には下がり続けるにしても、
一時の反発には期待できるので、
数日間程度の短期トレードにおいては
チャンスという事なんですね。
 
 
ただ、逆張り買いは基本的に
損失の額が大きくなりがちなトレード方法なので
1銘柄に資金の全部を突っ込むというような事は無謀なので、
銘柄や仕掛タイミングを調整した
資金管理をきちんと行う事は大前提です。
 
 
下落率と下落中の期間の兼ね合わせを考える事が
逆張り買いのトレード方法の根本となるので、
その辺りをチェックされてみてはどうでしょうか?
 
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
 
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31
https://synergista.jp/lp/ic1y/
 
 

「Chronus」の今週の成績(4/20~4/26)

 
「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から2018年4月19日時点で、
217,908円の利益が上がっていたものが、
4月26日時点で、29,3709円の利益となり、
75,801円の利益となっています。
 
 
今期は勝ちましたので、
2連敗がストップしました。
 
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
 
 
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
SnapCrab_NoName_2018-4-26_22-28-53_No-001
 
今期は4/20に大きめの利益となっており、
その影響で全体のパフォーマンスがプラスになりました。
 
SnapCrab_NoName_2018-4-26_15-16-43_No-00
 
上の図の日経平均のチャートを見て頂きたいのですが、
今期の日経平均は中盤に大きく上げて
トータルで見ると上昇した事が解ります。
 
現在のポジション比率は
買いのポジションがやや多いです。
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-4-26_22-29-17_No-00
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れとなっており、
下の画像の黄色い枠が今期分の資産グラフとなっています。
 
SnapCrab_NoName_2018-4-26_22-29-17_No-001
 
「Chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
https://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
 
PS:
私は普段ノートパソコンと
テレビをモニター代わりにして
2つのモニターで
パソコンライフをエンジョイしているのですが、
先日、テレビの電源を入れると
全く映らなくなっていました・・・。
 
 
普段2つの画面でネットを見る事に慣れているので、
私としては非常に困った事態になったわけです。
 
 
さてどうしたものかと
救いを求めてメーカーのサイトにいくと、
いくつか質問に答えると対応策を教えてくれる
故障診断シミュレータ的なものがあり、
「おお!こんなのがあるのか!助かった!」
とホッとしながら質問に答えていると、
シミュレータが導き出した回答は
「修理にだしてください。
修理代15,000円~20,000円」
という無慈悲な回答・・・。
 
 
最後の手段として自分で修理をしようと
ネットやYoutubeで調べた方法を試すものの、
結局ダメでした。
 
 
もうこのテレビを使い続ける事は、
修理代が高い&壊れているテレビは7年間使っているようなので、
もう寿命かと諦め
新しいテレビを買う決断をしました。
 
 
新しいテレビも
デスクからの至近距離で見るので、大きいサイズは不必要で、
そうなるとそんなに高価なものではないので、
どこで買ってもそんなに変わらないだろうと思いつつも、
一応テレビやモニターの相場を見てから、
近所の電気屋まで買いに行きました。
 
 
あれですね。最近のテレビって安いですね。
50インチのサイズが10万円を切っていました。
 
 
大きいサイズ信仰者の私からすると
後ろ髪をひかれるモノでしたが、
私の用途では大きすぎて持て余すので、
32インチのテレビを買って帰りました。
 
 
以前のテレビはたしか26インチだったので、
32インチでも至近距離で見るとなかなか大画面に見えるので
なかなかの満足ぐあいです。

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード