バイナリーオプション

お金を増やす最善の方法は資金管理にあり

皆様、こんにちは。K先生です。

トレードや投資で最も大事なことは、自分の感情をセーブすることです。
お金を増やしたいのであれば、感情をセーブするしかありません。
このことは、実はチャート分析のテクニックよりももっともっと大事なことです。

世界一の投資家は、フォーレン・バフェットです。
資産5兆円を株式投資で築き上げた人です。

彼は、相場に向かい合う時のコツとして、次のことを徹底することを説いています。
「自分の感情をコントロールできなければ、お金をコントロールすることができない」と。

つまり、感情的になって相場に向き合えば、お金に振り回される結果になり、負けてしまうことになるということです。

お金をコントロールするためには、自分の軍資金の器を超えた売買をしないことです。

多くの人は、自分の器を超えた売買をして、すぐにお金を増やそうとします。
確かに、そのような人たちでもお金を増やすことはあるでしょう。一時的にですが。
投資人生は、もっとずっと長いはずです。

一時的にお金を増やしたところで、その資金を失ってしまっては、投資の世界にいる意味が、全くありません。

そこで、今回は50万円の投資資金を持っている場合を想定して、通貨ペア別の資金管理について話を進めたいと思います。

資産50万円の場合

・ドル円

通常ロット・・・2~3000通貨

打診・・・1000通貨

・ユーロ円

通常ロット・・・2000通貨

打診・・・1000通貨

・豪ドル円

通常ロット・・・3000通貨

打診・・・1000通貨

・ポンド円

通常ロット・・・2000通貨

打診・・・1000通貨

今のレートでいえば、上記のようになります。レバレッジを0.5くらいにするイメージです。

かなりロットを抑えておりますが、普通に考えて、通常の1ロット=1万通貨は、ポジションを構築した時点で、レバレッジを掛けることになります。
つまり、借金をしているのです。
FX参加者はその意識が薄いです。
自分の持ち資金よりも多いお金を運用しているという怖さを知って貰いたいです。

仮に1万通貨でポジションを構築すると、ナンピンできる回数が限られてきます。
直近の相場を見てもらえれば分かる通り、10000通貨などの取引では、損切りの連続でお金を減らすこと必至です。
為替はボラティリティが株と比べると低いので、資産50万程度ならば利益の目標値をより低く設定する必要があります。

倍々ゲームの意識は捨てる

倍々ゲームの意識は捨てたほうが良いです。
多くの人は、勘違いをしています。
特に、FXの世界は、倍々ゲームを過度に煽る人間が多いのですが、それは嘘です。
真実を見た投資を徹底しなければ、真実を見て投資をしなければ、勝てる戦にも勝てなくなります。
定期預金よりもマシくらいに思った方が良いでしょう。
低レバで儲けは少ないですが、1月からの相場でも継続して利益を積み重ねられますし、一方で、ハイレバの人は、お金を大きく減らしたり、退場したりしています。
多くの個人は、おそらくこのような惨状の結果になっている人が圧倒的多数を占めているのが現実のはずです。

トレンド相場は高レバの人は強いですが、今はトレンドレスで安定的な相場ではありません。
地合いが変わった途端勝てなくなり、それまでの利益を持っていかれます。
この世界、勝ち逃げはまず不可能です。

したがって、長期的な視点で見ると、
常にリスクを抑えた取引が利益を積み重ねる近道だと思います。

資金の少ない方は、節約して、お金をどんどん為替口座にいれるようにしてください。

毎日自販機でお茶買っている人は、
それを辞めて、タンブラーに自作のお茶いれて持って行くとか。

やはり資金力がモノを言うので、口座資金が多いに越したことはないです。

口座資金が増えれば、比例的に利益も多くなります。
維持率が上がり、心の余裕が違ってくるからです。

そうです。

この世界で勝つためには、精神的な余裕がなによりも大事なのです。
資産が少なく、かつ口座にお金を入れることも厳しい場合は、
以下のように、①を実践しつつ、
②、③の変遷時に利益を上げて資産を増やすしかありません。

①リスクを抑えた自分のスタイルで細かな利益を継続して積み重ねる

②ボラティリティが大きくなるなどの地合いの変化の時に利益を大きく取る

③取りやすい地合いの時に大きな利益を上げる

これは我慢が必要で、
①の毎日のトレードを淡々とこなしつつ、
②、③の時をじっくり待つ他ありません。

正直、今のユーロ円やユーロドルなどは、私は入れません。
チャートから判断しても良くないし、
6月には中央銀行の政策が変わり、
中期的に安くなりやすいと考えるからです。

フォーレン・バフェットは、投資するタイミングがない時は、
我慢することが必要だと言います。

忍耐することです。
休むも相場というように、動かないことです。
ただ、やみくもに入っていても、相場で利益を上げられません。

もちろん、取りやすい地合いなんてそんなに多くはありません。
地合いが悪化して、②がやってきた時など、
相場が荒れること必至ですから、メンタルも相当やられます。

急激なボラティリティ増により、
これまでコツコツ積み重ねてきた利益が一瞬にして含み損になることもあります。
(こういうときがチャンスなのですが・・・)

それでも、資産形成をしたいという各々の目標はあるでしょう。
その目標のためには苦労を厭わず、日々悪戦苦闘しながらやっていくしかないです。
お金でお金を増やすのは並大抵のことではありません。
そして、資金的に余裕な精神を持ったプレイヤーに、余裕がないプレイヤーから流れているという事実があります。
お金を増やしたいのであれば、資金的な余裕をもって、過度なリスクを抑え、対峙していく必要があります。

では、また次回お会いしましょう。

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード