FXノウハウ

成功するのに必要な◯◯とは?

皆様、こんにちは。本郷です。

12月10日、友人が神戸三宮に本格「四川料理」をオープンしました。
この店をオープンする計画を聞いてから約1年近く経過しましたが
ようやく営業するところまで来たので私としても嬉しい限りです。

四川料理 芙蓉苑
神戸市中央区三宮町2丁目11番1 センターブラザ西館 014号

何故こんなに時間が掛かったかというと
営業する店のビルには権利関係がメチャメチャ絡んでて
それぞれの権利に申請が必要でした^^;

それだけでも掛かる手間が増えて余分に時間が必要となりました。
また指定工事業者も決まっていて、割高な改装工事もあって
なかなかスムーズに進みませんでした。

彼は立地のリサーチは綿密にしていたのですが
飲食店の営業開始までのリサーチは不足していました。

だから計画を聞いてから営業開始するまで
想定以上の時間が掛かってしまったんですね。

ここがポイントです。
一つめのポイントは、いつも言っている「リサーチ」です。
2つめのポイントは、「工程」です。

計画というのは、リサーチを元に計画を立てて行きます。
そして、その計画の中には幾つかの「工程」を作ります。

その「工程」に期限を決めて、ひとつ1つの工程を
達成して目的達成まで邁進するんです。

今日、皆さんにトレードにおけるポイントとして
「工程」について説明したいと思います。

四川料理をオープンした友人同様
トレードにも「工程」があります。

思いつきで、何も考えずトレードする人は
ほぼほぼ居ないでしょう。

しっかり戦略やシナリオといった計画を持って
トレードしていると思います。

その戦略やシナリオの計画の中に
「工程」が存在しているはずです。

例えば、次のようにです。
・相場環境を認識する
・どの戦略でトレードするか決める
・決めた戦略条件が整う場所を見つける
・条件が整ったら戦略に基づいたポジションを持つ
・また相場環境と戦略に基づいた場所でポジションを手放す

このようにザックリと書いても
これだけの「工程」が存在しています。

問題は、その「工程」を作る精度を
高める必要があるということです。

何故なら、その「工程」の精度が高くなければ
曖昧さが生じてしまう為、想定以上の出来事も生じてしまいます。

今回、友人は「店を出す!」という想いが先行し過ぎて物件しか見えておらずその他のことが曖昧になっていたので想定以上の時間が掛かってしまいました。

これは、トレーダーが「稼ぐ!」という思いが先行し過ぎてしまい
その他のことが曖昧になってしまうので想定以上の事になってしまうのと同じです。

あなたにとって、その想定外のことも許容できているのであれば
何も言うことはありませんが、おそらくほとんどの人が許容できないでしょう。

ですので、あなたにとってトレードする上の「工程」で
曖昧になっていないか?定期的にチェックしてみると良いと思います。

人は日常には、すぐに慣れてしまいます。
初めは注意すべきと思っていても日常に慣れてしまって
曖昧になっていってしまいます。

トレードを見直すことは大切です。
今年の年末年始の連休に、チャレンジしてみても
良いかもしれませんね。

あなたにとって曖昧になっていることは何でしょうか?

P.S.
とにかく友人が、お店をオープンできたので
本当に何より良かったです(^^)

皆さんも、もし近くに寄られる際は
行ってみてください。

 

 

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード