ホーム > 無料メール講座 >  急反発したドル円は買っていけるのか!?

急反発したドル円は買っていけるのか!?

 

ドル/円は雇用統計後に急落した水準を急回復!

このまま上昇するのか?それともいったん調整か?

 

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

 

ドル/円の動きが凄いことになってきました。

 

雇用統計の悪化を受けドル/円は急反落したはずなのですが、

相場が大きく戻ってきているのです。

 

すでに雇用統計前の水準を回復してきているため、

力強い反発と言えそうです。

 

 

今回ののように相場が動きだしてくると、

多くの投資家は強気となり、

買いが買いを呼びやすくなります。

 

思惑通りに上昇してくれば、

『こんなに上昇しているのに買わない奴は馬鹿だ!』

なんていうことになってきます。

 

含み益まで出してくると、

さらに強気になりどんどん買い増していきます。

 

こうして買いが買いを呼び、価格は上昇波動を形

づくっていきます。

 

FXだけではなく、

株や土地でもそういった原理は同じですね。

 

 

 

しかし、

ドルも世界一流通しているとはいえ、

基本的には有限です。

 

多くの投資家が買いたいと思い、

ドルに資金が集中すれば当然価格は上がるでしょう。

 

 

 

また、ドルを買う資金量も有限です。

 

買い続ける資金が滞れば、

ドルの上昇もいずれは抑えられ、

徐々に動きはしぼんでいきます。

 

つまり、

上昇していたドルは必ず下がります。

 

 

 

特に、

今回のように急激に上昇している場合は、

その反動から急落なんていうことも十分にありえるわけです。

 

もちろん、

必ずそうなるということは断定できないのですが、

急激に上昇しすぎている局面ではよく見られる光景です。

 

 

 

こういう相場の時に、

多くの個人投資家が考えてしまうことは、

『ここで買わなければ、もう次の買い場がこないのではないか?』

と早まってアクションを起こしてしまうことです。

 

そういう考えでは、

上がりすぎている通貨ペアを追いかけて

しまうことになります。

 

実際、メルマガの購読者様の中にも、

ドル/円が反転している中を、

『今買い場を逃せば、次に買い場が来ないのではないか!』と考えてしまい、

エントリーポイントからかなり離れた距離から

買いで入っているという方もいらっしゃることと思います。

 

それでは、売買ルールの意味がありません。

 

もっと落ち着いて、ルールを守りながら冷静にトレードをしてください。

 

 

 

では、どうすれば落ち着いた冷静なトレードができるのか?

 

それは、

トレンドの変化を正確に把握することです。

 

 

 

今のドル/円のトレンドはどうかというと、

雇用統計後に大幅に反落しているため、

上昇トレンドとはみなしがたい相場です。

 

84.40円で高値を付けるも、

直近安値83.40円を下回り下降トレンドが確定しましたが、

再び83.40円を上に抜け、

雇用統計前の水準まで価格は戻ってきました。

 

つまり、

現在横ばいトレンドを形成しているということです。

 

 

 

横ばいトレンドでも、

もちろん買いでエントリーすることはできます。

 

その際に注意したいことは、

上昇トレンドのときのように

より強気には買ってはいけないということです。

 

なぜなら、トレンドレスの状態だからです。

 

 

 

強気で買っていけるのは

直近高値84.40を超えることで高値を切り上げ、

上昇トレンドが確定してからです。

 

高値を切り上げ、

強い上昇が確認できたわけですから、

次は買い場を探していけるのです。

 

ですが、

今のような横ばいトレンドのうちは、

上昇波動も半信半疑のため、

様子見でもいいくらいです。

 

 

 

このように、

相場の状況を高値や安値を意識しつつ見ていくことで、

相場の方向性が見えてきて

相場の状況をかなり正確に把握することができます。

 

このように見れれば、

ドル/円は横ばいトレンドの為、

今までのドル/円相場よりはやや買いにくいため、

様子見でいってみよう、

 

あるいは買いで入る場合でも、

横ばいトレンドと言うことを意識しているため、

上値の重さを警戒しながら買っていけるのです。

 

84.40円には3回も上昇を抑えたラインがあるため、

ここを上に抜けるのは容易ではないと判断できます。

 

 

このように、

一生懸命値動きを追っていれば、

おのずと相場が問うものに対して方向性を示してくれます。

 

相場のことは相場に聞けといわれる所以ですね。

 

まずは相場の方向性を把握して、

どちらに相場が動いていくかの方向性を掴んで下さい。

 

そして、トレンドが動くと判断できる方向に向かって

売買していくのです。

 

 

 

トレンド変化に応じて臨機応変にトレード戦略を変えていかなければ、

相場の世界では利益を上げることはできないんです。

 

« リスクに対するリターンを計算していますか? 無料メルマガ講座へ戻る 利益を出す簡単な方法 »
このページトップへ