ホーム > 無料メール講座 >  ドル/円の直近高値@84.40超え後のトレード戦略

ドル/円の直近高値@84.40超え後のトレード戦略

 

ドル/円は84.40円付近に強い上値抵抗線が存在しています。

このポイントを上抜ければ、どのような戦略を取っていけばよいか?

 

 

いつもメルマガご購読誠にありがとうございます。

あおのり先生です。

 

 

本日は重要なイベントも予定されていないため材料不足ながら、

リスクテイクの動きを強めております。

 

豪ドル/円なども83.00円付近では上値を抑えていたのですが、

このラインを上抜けてきており、さらに力強い上昇を見せています。

 

ドル/円もこういったリスクテイクの動きを受け、

84.40円で何度も上値を抑えていたラインを超えられるかが

注目ポイントとなりそうです。

 

 

 

84.40円の下では何度も上値を抑えられているので

なかなか買いづらいのですが、

このポイントを一度上抜けてくれば、

マーケットの市場心理は強気に傾いてくるというシナリオを

持つことができます。

 

それはなぜかというと、

このポイントでは何度も上値を抑えているため、

多くの売り注文が入っている可能性が高いと予測できるからです。

 

 

 

そのため、

ドル/円が84.40円を超えて上昇してくれば、

売り方は84.40円の上に設定していたストップロスオーダーに

巻き込まれ、さらに値を上げることになるでしょう。

 

いわゆるストップ刈りによる反転です。

 

その勢いを利用して、買いエントリーして言ってもいいでしょう。

 

 

 

それに何度もレジスタンスとして機能していたポイントは、

抵抗ラインとしての威力も強力です。

 

何度も何度もその抵抗ラインがうまく機能しているということは、

その機能のお陰で成功しているトレーダーの売りを誘いやすくなります。

 

そういった売りがたまっているのが84.40円のすぐ下あたりなのです。

 

 

 

そのため、84.40円の上抜け以降は、

市場の心理状態としても今まで以上に買い優位の展開を想定できます。

 

それに一度このラインを超えてくれば、

高値を切り上げたことになり、

上昇トレンドがだれの目にもより明らかになります。

 

そうなれば、ドル/円に強気になる投資家が増えてくることも

見当がつきます。

 

 

 

そのような状況で、

値を下げることがあれば

絶好の押し目買いのポイントを提示してくれそうです。

 

その時はいつものように、

トレンドラインを使うことでトレンドを掴み、

押し目を拾っていきたいところであります。

 

 

このように、

予めどのような戦略でトレードをしていくかという

シナリオを持ちつつトレードをしていけば、

相場の動きに一喜一憂することなく、

淡々としたトレードができます。

 

ですが、シナリオさえもなければ、

ランダムに動くマーケットの動きに翻弄され、

エントリーしたと同時に、迷いが生じてきます。

 

 

 

迷いと言うのは、次のような迷いです。

 

『どこで損切りすればいいのか?』

 

『どこでエントリーしていけばいいのか?』

 

『どこで利益確定すればいいのか?』

 

多くのトレーダーが抱えている悩みです。

 

 

 

そういう悩みを持ったままエントリーしてしまうと、

結局は相場の動きに翻弄されるだけ翻弄されてしまうことになるでしょう。

 

なぜなら、

相場は刻一刻と動きを自由自在に変化させてくるために、

エントリーした時と心理状態が変化してくるからです。

 

 

 

マーケットの動きに翻弄されないためにも、

エントリーする前にどこで損切り、どこで注文し、どこで利確するのか

というシナリオをつくった状態で相場に入る必要があります。

 

マーケットにはいってから、シナリオを考えてもあまりにも遅すぎます。

 

 

 

利益を上げているトレーダーは、自分のトレードにシナリオを持っています。

 

すなわち、どこでエントリーし、損切りし、利食いしていくのかをあらかじめ

おさえているのです。

 

FXという戦場の場で、

どういった戦略で戦えばいいかわからない、

相場の動きに感情的になってしまうトレーダーと、

自分の売買ルールを貫徹し、鉄の意志を持って相場に向き合い

ながらトレーディングしているトレーダーとでは自ずと戦いは見えていると言えます。

 

« 来週からの相場では大きく勝てるチャンスがあります。 無料メルマガ講座へ戻る 注目のFOMCで相場は変わる? »
このページトップへ