ホーム > 無料メール講座 >  本日のドル円の下落の下げ止まりはいくらだろうか??

本日のドル円の下落の下げ止まりはいくらだろうか??

 

本日のドル円はじりじりと下落の動き。

価格が下げ止まり、反発を試すポイントの想定を持つことは可能か!?

 

 

いつもメルマガご購読、誠にありがとうございます。

あおのり先生です。

 

 

さて、ドル円の下げ止まりのポイントはあるのでしょうか??

 

 

ドル円のチャートをぱっと見ただけでは、

何の手がかりもなくダラダラと値を刻んでいるかのように

見えるのかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

 

 

チャートは常に原理原則に基づいて値を刻んでいます。

 

 

チャート分析が身についてきてくれば、

サポートラインやレジスタンスラインと言った

重要と思えるポイントがわかってきます。

 

そうなると、

そのライン付近では売り派買い派

激しい攻防が行われてることがわかるはずです。

 

 

 

たとえば、

ドル/円チャートでは84.40円付近にレジスタンスラインが

存在しています。

 

 

高値はほとんど切り上がることがなく、

何度も何度もこのポイントで反落しています。

 

 

この現象は何で起っているのか?

 

 

それは投機筋の動きが影響しています。

 どういうことかというと、

たとえば今のドル/円を例に挙げるなら、

 

 

投機筋は84.53円付近の上昇トレンドラインの上に買いオーダーを入れ、

ラインの下にはストップロスオーダーをおいています。

 

 

そのため、

この付近まで値を上げてくれば売り圧力が強まり、

反落してくるかもしれないという想定を持つことができます。

 

 

仮にドル/円がずるずると上昇してきて、

直近高値84.53円の内側のオーダーが施工されると、

今度は外側のストップオーダーを巡って激しい攻防が行われます。

 

 

 

ストップ刈りを狙った投機筋の買いオーダーが入ってきます。

 

 

 

なぜ、投機筋はストップを取りに行くのかというと、

ストップロスオーダーの量に応じて

価格はしばしば値を飛ばすし強く上昇するからです。

 

 

 

つまり、売りい手のストップロスオーダーが発動すれば、

売りの決済で買いがでるため、

ストップポイントまで上昇すれば大きく上げてくるのです。

 

 

 

仮に、

84.53円付近まで上昇してくれば、

このあたりで売り派が踏みとどまれるのかに注目です。

 

 

 

売り派は買いの勢いを抑え踏みとどまれれば、

今までのパターン通り、さらに下を目指す展開となるでしょう。

 

 

 

このように考えていくと、

チャートのあらゆるポイントで、

『投機筋がどこで参入し、どこで価格を押し戻すのか?』という

想定を予め持っておくことができます。

 

 

そうすれば、ドル/円がどこで下げ止まるのかもわかり、

チャートの見え方が今までと比べ物にならないほど飛躍します。

 

 

 

このように、どこでどのような現象が起こるのかという

自分の売買ルールに従ったシナリオを描けていれば、

一見捉えどころがない相場の動きも見えてきます。

 

そうなるとしめたものです。

 

相場の動きに慌てたり、一喜一憂したりと

感情に左右された不安な気持ちになることもなります。

 

 

そこまでいけば、あとは機械的にトレードできるという

境地が待っているおのです。

 

« 感情に左右されない、迷いのないトレードを構築 無料メルマガ講座へ戻る 感情に支配されないトレードの作り方 »
このページトップへ