ホーム > 無料メール講座 >  トレンドを把握しづらい相場の対処策!!

トレンドを把握しづらい相場の対処策!!

 

ドル/円はトレンドの変わり目であるため、

売買の判断が難しい相場です。

 

ではトレンドがはっきりと表れる前は

どういったトレード戦略を練っていけばいいのか?

 

メルマガ購読誠にありがとうございます。

こんばんは、あおのり先生です。

 

 

今のドル/円相場はどうもトレンドが

はっきりしない相場です。

 

ドル/円は12月半ばから下げ続け、

今月に入り小反発しているといった展開ですが、

下降トレンドから上昇トレンドへの転換期を

疑うことも出来る相場故、対応が難しいのです。

 

 

では、こういう相場の変わり目の時は、

どうやって相場のトレンドを捉えたら良いのか?

 

それは、

仮のトレンドラインをまず引いてみることです。

 

 

まだ多くのトレーダーの視点から見て、

明確にトレンドが確定していない、

とても微妙な相場なわけですから、

こういう時はとりあえず仮のラインを引いて見ることです。

 

ラインさえ引いておけば、

今後のトレンドの動きを予測することができます。

 

『上昇トレンドラインが引ければ、

上昇していくのかな?』

 

『下降ラインが引ければ、

下落していくのかな?』

 

・・といった想定を持てますね。

 

 

 

今のドル/円相場で見ると、

仮のトレンドラインはどこに引けるのか?

 

仮のラインは80.90円付近の安値と、

81.65円付近の2点を結ぶことで引くことができます。

 

このラインを引いた後の価格の推移を見ると、

ライン上では価格の動きが下げ止まっているし、

わりと買いが入りやすいポイントであるという

想定を持つことができます。

 

であるならば、

『このライン付近では買っていけるのではないか?』

という発想に繋がるはずです。

 

 

 

今後の動きの想定を持つためにも、

とりあえず仮のトレンドラインを引いてみるのです。

 

外れていれば引き直せばいいわけですからね。

 

失敗を恐れずに、

仮のラインを引くことで、

トレンドは把握できるし、売買ポイントは明らかになります。

 

ぼやけていた相場が、

ある程度くっきりと方向性を示してくれるはずです。

 

 

 

仮のトレンドラインすらも引かなければ、

トレンドは掴みにくいだけではなく、

ましてや売買ポイントなど見つけることはできません。

 

ラインを引くことで売買の根拠を持てるわけですから、

ラインがなければエントリーすらもできないのです。

 

失敗を恐れずに、

仮のラインも引いていくことで、

相場の方向感を掴んでいきましょう。

 

« 損を未然に防ぐ、安全なトレード 無料メルマガ講座へ戻る ドル円急反発の原因と次の展開は!? »
このページトップへ