ホーム > 無料メール講座 >  今の相場で損切り貧乏になった場合の対処法!

今の相場で損切り貧乏になった場合の対処法!

 

設定していたストップロスオーダーに頻繁に入ってしまい、

何度も損切りさせられてしまう。

 

 

具体的な対処法はないのか?

 

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

 

本日のメルマガでは、

メルマガ会員様から頂く最も多い質問にお答えさせて頂きます。

 

その、質問というのは、

 

『損切りが頻繁に入ってしまい損切り貧乏になってしまう』

 

『損切りばかりで精神的にも参ってしまっている』

 

どうしたらよいでしょうか?

 

 

などといった声です。

 

 

 

確かに、私の売買手法は損小利大の実現を目指しているため、

もちろん負けは必然的に発生させることになります。

当然相場に絶対はないので当たり前のことですが。

 

 

会員様含め実践しているのは、損切りまでのリスクを1だとすれば、

リスクに対するリターンを最低でも2倍以上狙っているスタイルです。

 

 

もっと詳しくご説明すれば、

負ければ、次に勝つことが出来るように調整した手法です。

 

 

大きな損失を負わない反面、

注文と同時にストップロスオーダーを設定していますから、

確率的に見ると負けやすくなるのは当然のスタイルです。

 

 

ですが、

逆にいえば自分の思惑の方向に相場が動けば、

利益を大きく膨らませることができます。

 

 

損小利大というスタイルだから当然です。

 

 

一方で、損大利小という状態になってしまっているのが、

多くの勝てない個人トレーダーの特徴かと思います。

 

 

これはちょっと利益が出たらいとも簡単に

利食いするスタイルですから、勝率は高くなって当たり前です。

勝率も高くないとしたらもっと他に原因があるかもしれません。

 

 

ですが、

自分の思惑と違う方向に動いていけば、

損失が大きく膨らんでいくことになります。

 

 

多くの個人トレーダーというのは、

この損失を素早く切ることができないから、

数日や数週間の間にFXマーケットから

撤退することになるのです。

 

 

 

 

損小利大損大利小

どっちのスタイルが良いと思いますか?

 

 

一度大きな損失を受けたら

再起不能になる損大利小ではないですよね?

 

 

目指すなら、

やはり損小利大なのです。

 

 

パチンコの例を出してみると

損小利大がいかに重要かが分かってもらえると思います。

 

 

パチンコをやったことがある方ならわかると思いますが、

最初は小額のコストを払いパチンコ玉を購入します。

 

 

このパチンコ玉というコストをつぎ込むことで、

大当たりを狙っていくスタイルです。

 

 

すぐには大当たりすることはなく、

ある程度のコストを払うことによって、

大当たりする場合も出てくるのです。

 

 

還元率40%のギャンブルでさえ生計を立てるパチプロが存在しているのです。

還元率が100%に限りなく近いFXでそれが出来ないわけがないのです。

 

 

コストをある程度払い続けることで、

利益をあげられるというのはパチンコだけに限らず、

FXも同じようなものだと考えます。

 

 

FXの場合でも、

損切りという絶対に必要なコストを払うことで、

大きな利益を狙っていくことができるのです。

 

 

こういう相場の原理原則が分かっていないから、

損切りが続いたときに多くの個人トレーダーが考えることは、

『もうFXをやめよう・・』となってしまうのです。

 

 

それは、

無知ゆえに相場を放棄しているように思います。

 

 

 今この場で、損切りは絶対に必要コストであると、

マインドセットしてください。

 

 

勝ち組はそのように考えています。

 

 

損切りになることは当たり前であると受け入れており、

損切りに入っても別に精神的にきつくありません。

 

 

損切りは当たり前の経費だと理解しているからです。

 

 

 

マインドセットするために必要なことは、

まずは損小利大の成功体験を経験することです。

 

 

成功体験を得ないままだと、

おそらく私が言っていることがピンとこないでしょう。

 

 

だから、あなたの投資脳を変えるためにも

是非とも成功体験を積んでください。

 

 

あなたの投資脳の変化が、

トレードの結果にストレートにあらわれてくることを

実感するはずです。

 

 

ぜひ、この場所で勝ち組のマインドに切り替えて

いきましょう。

 

 

なお、損小利大を実現するためには、

マインドセットを完了さたあとに、

もう一つやることがあります。

 

 

それは、

相場の優位性を利用できるときに、

エントリーしていく手法です。

 

 

たとえば、

上昇トレンドラインとレジスタンスラインが交差するチャートがあったとして、

その二重のラインを上に抜けた時は、

一本のラインよりも買い圧力は強くなります。

 

 

一本のラインよりも、

二重のラインの方が買いで待ちかまえている

トレーダーが多くなるからです。

 

 

そういった優位性を確認できる場所でトレードをしていけば、

トレンドにも乗りやすくなるし、

乗りやすい分勝率もアップするはずです。

 

« 現在のドル円で必ず意識すべきポイントは!? 無料メルマガ講座へ戻る 勝ち組と負け組FXトレーダーの違いとは? »
このページトップへ