ホーム > 無料メール講座 >  ドル円相場に変化の兆し

ドル円相場に変化の兆し

 

ドル/円に相場の流れを変えるチャートパターンが出現中。

チャートパターン出現で、ドル/円相場はどう変わってくるのか?

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

日本人投資家で最も取引が多い通貨ペアは、

当たり前の話ですが、ドル/円です。

 

そのため、

多くの日本人トレーダーの方たちが、

ドル/円の動きに最も注目しているはずです。

 

 

 

そこで、

今回はあおのり先生のドル/円の相場展望について

解説していきます。

 

ドル/円は、

先週末の高値83.67円をつけてから、

その後ジリジリと価格を切り下げてきています。

 

 

 

どのくらい値を切り下げているのかというと、

本日82.40円台まで値を下げています。

 

緩やかにじりじりと下げている、

なんとも取りづらい相場です。

 

 

しかし、そのドル/円相場にも

相場の転換を表すサインが現れています。

 

そのサインとは、“Wトップとなります。

 

Wトップ形成までの一連の流れは以下の通りです。

 

先週末の高値83.67円をつけた後、

安値82.65円付近で下げ止まり、

再度83.50円付近まで値を上げるも、

安値82.65円を切り下げたことで、

Wトップの形が形成されています。

 

また、

先週末の高値83.67の次につけた高値では

83.50円までの上昇となっており、

買い圧力が低下していることが分かります。

 

 

 

そのため、

私がこのサインを見て感じることは、

今後のドル/円の弱い動きを予感することです。

 

今回のWトップの形を見ればよく分かりますが、

高値を切り下げており、

安値までも切り下げていることから、

下降トレンドが確定しているのです。

 

となると、

今後の下落相場を予感せずにはいられないのです。

 

あくまでもWトップの形が出現すれば、

下がりやすくなるというだけで、

絶対ではないということをご理解下さい。

 

« 勝ち組と負け組FXトレーダーの違いとは? 無料メルマガ講座へ戻る ドル円はどこまで値を下げるのかを考える、、、 »
このページトップへ