ホーム > 無料メール講座 >  相場の動きが小さい時にすべきことは・・・

相場の動きが小さい時にすべきことは・・・

ポンド円大幅下落!どこまで下がるのか?

 

ポンド円が爆下げ中。

いったいどこまで下げるのか?

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

大きな材料がない中で、

突如として動き出してきた通貨ペアがあります。

 

それは、ポンドです。

 

 

 

ポンド/円だけではなく、ポンド/ドルの動きを見ていると、

ポンドの下落が良くわかります。

 

凄い下げです。

 

あおのり先生は、すでにかなり前から売りで入って

いたのですが、大きな含み益が発生しています。

 

この下落の材料は、

イギリスのGDPが予想よりも悪かったことが

ポンド円の下落に繋がっています。

 

イギリスのGDPの結果は、

前期比ベース:市場予想は+0.5%  市場結果-0.5

前年比ベース:市場予想は+2.6%  市場結果+1.7

結果は前期比ベースでも、前年比ベースでも予想を下回りました。

このことが、マーケットで材料視されたようです。

 

 

 

では、いったいどこまで価格は下げるのでしょうか?

 

私の見立ててでは、

129.20円付近でいったん強い反発があると見ています。

 

 

 

それはなぜかというと、

実はポンド円はダブルトップの形が完成しているからです。

 

まず118日に高値132.50円を付け、

次に20日に安値130.60

最後に22日に132.30円の高値を付けたのち、

再度安値130.60円を割ってきました。

 

このパターンが完成したことから、

Wトップの形が完成していることが見て取れます。

 

Wトップの出現で、

上昇トレンドから下降トレンドへの転換パターン

を見て取ることができるのです。

 

 

Wボトムの完成前から私はWトップの出現を想定していました。

 

ということは、

メルマガ会員様にも何度かご説明してきたように、

WボトムやWトップのような形が出現したことで、

高値と安値の距離分だけ下がると判断することができます。

 

高値は118日の132.50円、

そして安値は130.60円、

差引で1.90円の開きがあります。

 

 

 

であるならば、次は安値から見て1.90円下のポイントを

下げ止まりポイントと位置付けることができます。

 

今の相場の振幅状況では、

1.90円ほど下がった128.50円付近が

目先の最も有力な下げ止まりポイントであると判断できます。

 

そのため、

このあたりで一部利食っておいてもいいでしょう。

 

 

 

ただし、

私個人の意見としては、まだ下は深いと思っているので、

128.50円付近で一部利食ったとしても、

まだ下を追いかけていきたいと考えております。

 

無料メルマガ講座へ戻る ドル円はこのまま上昇するのか? »
このページトップへ