ホーム > 無料メール講座 >  相場の動きが小さい時にすべきことは・・・

相場の動きが小さい時にすべきことは・・・

FOMCを控え、トレーダーたちは様子見をしている。

そのため、ドル/円は動きが乏しいの状況ですが、

このような時に私たちができるトレードとは・・

 

 

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガをご購読して頂き、誠にありがとうございます。

 

 

ドル/円のマーケットを眺めていると、

本当に動きがなく、

とりづらい相場が続いています。

 

なかなかエントリーしたいポイントまで、

価格が戻してこないため、

戻り売りを仕掛けられないのです。

 

なんでここまで、

動きが乏しいのでしょうか?

 

 

 

それは、

明日早朝に控えたFOMCの結果がわかるまでは、

マーケットは動きを取りづらいからでしょう。

 

FOMCはアメリカの金融政策を決める会合であり、

この会合で決まったことが発表されるために、

相場の今までのトレンドを変化させるくらいの

力を持っているイベントなのです。

 

実際に、サプライズがあれば、

マーケットは大きく動くことがしばしば起ります。

 

ゆえに、

多くのトレーダーはどのような動きになるかを見極めるために、

様子見を決め込んでいるようです。

  

であるならば、

ドル/円で私たちができる売買戦略と言うのは、

様子見をすることでありましょう。

 

動きがない中を、

そして自分の売買ポイントにこない中を、

無理やりエントリーしていっても勝てるものではありません。

 

勝つためには好機を待つしかなく、

待つことによって始めて、

利益も付いてくるようになります。

 

 

 

逆に、一番ダメなトレードをするのは、

FX初心者にありがちなのですが、

常にポジションを持ちたがるポジポジ病であるということです。

 

ポジポジ病の人の特徴として、

チャートを開くと必ずどこかのタイミングでポジションを

持ちたがる傾向が強いということです。

 

チャンスがない所に思いつきで入っても、

勝てないのは当たり前ではないでしょうか?

 

 

 

たとえば、

チーターは地球上でもっとも速く走れる動物ですが、

彼らは常に獲物をとらえようとはしていません。

 

じっと草むらに隠れ、

幼かったり、怪我をしているシカなどの動物を狙います。

 

その好機が来なければ、

チーターは決して獲物に飛びついたりはしません。

 

1日でも、2日でも、時には1週間でも待ちます。

 

獲物を捕える可能性が高い時にしか襲いかからずに、

あとはじっと様子見をしています。

 

 

 

ポジポジ病であると心当たりのあるメルマガ会員様は、

チーターのようにチャンスが来たときにだけ相場に

入るようにみてください。

 

ポジポジ病が治るだけでも、

勝てる確率は今よりは高くなるはずです。

 

« ドル円は先週からの地合いを引き展開。 無料メルマガ講座へ戻る 日本国債格下で円売り!その後の展開はどうなる? »
このページトップへ