ホーム > 無料メール講座 >  日々のニュースに踊らされないトレード術

日々のニュースに踊らされないトレード術

 

FXをしていると、

日々様々な情報が入ってくる。

 

具体例を挙げると、、

 

『デモにより中東の情勢が不透明』

 

『アメリカの国債利回り低下でドル売り加速』

 

『インフレ期待からユーロ圏やイギリスの政策金利が上がりそう』

 

などなどなど、

実に多くの情報が日々入ってくる。

 

 

これだけ数多くの情報が毎日のように発信されると、

いったいどの材料を信じていいのかわからなくなると思う。

 

このようにお悩みのメルマガ会員様はいないだろうか?

 

 

つまり、

同じ日にドルにとって良い情報も流れることもあれば、

ドルに取って悪い情報も日々流れてくる。

 

いったいどちらを信じていけば良いのか?

 

判断に迷うところだ。

 

判断に迷わないために、

私たちがやらなければいけないこととは?

 

いつもメルマガご購読、誠にありがとうございます。

こんばんは、あおのり先生です。

 

 

判断に迷わないために私たちがやるこ

ズバリ、

チャートを常にチェックしていくということです。

 

日々の材料に踊らされている人は、

チャートを見ていない人、

そしてチャートの使い方がわかないない人です。

 

 

 

チャートは、

為替レートの過去の動きを時間軸別に表してくれます。

 

チャートを見れば、

為替レートが急激に上昇していたり、

急激に下落している箇所を見つけられると思いますが、

そのポイントでは何らかの材料が出ていたと考えられます。

 

何らかの材料があって為替レートは動いてくるものですから。

 

つまり、

過去の材料による為替レートの動きは、

すべてチャートを見ればわかることなのです。

 

だから、

日々の材料を見ていなくても、

今の相場がどういう状況かということは

チャートを見ていればわかります。

 

 

 

それに、

チャートを使っていれば、

今のトレンドがどうなのかということも教えてくれます。

 

上昇トレンドのときもあれば、

下降トレンドの時もある、

そして、もみ合いトレンドの場合もあります。

 

これら3つのトレンドのうち、

今見ているチャートはどのトレンドに当てはまるのかを

まずは考えていくのです。

 

 

 

仮に上昇トレンドだとわかれば、

買っていった方が有利であとるいう判断を持つことができます。

 

なぜなら、

トレンドは継続するという特質があるため、

うまく上昇トレンドに乗れれば利益拡大を狙っていけるのです。

 

 

 

買うのか売るのかの方向性が確認できたら、

次に私たちがやるべきことは、

どの価格帯で売買していくのか?ということを決めることです。

 

私の場合なら、

トレンドラインを使って売買するポイントを発見していきます。

 

わずか一本のトレンドラインを引くだけで、

売買ポイントが明らかになりますからね。

 

 

 

ですが、

トレンドラインは引く人によって十人十色と言っても良く、

アマチュアが引いてもほとんどの場合、

正しい引き方とは言えないのです。

 

このような誤った引き方でFXをしていても、

そもそも引き方が間違っているだけに、

正しいトレードというものができようがありません。

 

 

 

正しいと自信を持てる引き方をマスターできれば、

日々の材料によって恐怖した投資家たちが売ってきたところを

上昇トレンドラインまで下げ反発したという理由で

自信を持って拾っていくことができます。

 

つまり、

日々の材料に踊らされているトレーダーたちを

食い物にできるわけです。

 

 

 

日々の材料に流されないためにも、

まずはチャートの見方を覚え、

その上でトレンドラインの引き方もマスターしなければいけません。

 

これらができれば、

日々の材料に踊らされなくて済みますし、

踊らされているトレーダーが恐怖して売ってきた所を

買っていくという芸当ができるようになるのです。

 

 

 

もし、

どこでトレンドライン引いていいのかお悩みの方、

チャートをどうやってみたらいいかわからない方がいましたら、

Premiumの中でチャートの見方やトレンドラインの使い方を

届けしていますので、お役立て頂ければ幸いです。

 

日々の材料に踊らされなくなるばかりか、

正確に売買ポイントがわかっているため

自信を持ってトレードできるようになり、

トレードチャンスを見逃さない術が見につくはずです。

 

 

« 1日にチャートは何回見ればいいのか? 無料メルマガ講座へ戻る 変化の動きがみられる通貨ペアは? »
このページトップへ