ホーム > 無料メール講座 >  ドル円を買っていけるポイントとは?

ドル円を買っていけるポイントとは?

 

ドル円は現在82.16円。

 

大きく下げた反動から、

ある程度の戻りが想定される局面である。

 

事実、

ドル円には反転のサインである

“Wボトム”の形が出現している。

 

そのため、

短期的に反発してきそうな雰囲気が出ている。

 

 

では、どのあたりで反転を見越したドル円の買いを

入れていくのが良いのか?

 

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガご購読、誠にありがとうございます。

 

 

先週までの相場は、

中東情勢の不安定化から、

投資家たちは安全資産である“円”を買い越していました。

 

ドルやユーロなどをもっていても、

大きく下げるだけですので、

投資家たちは一時的に円を買っていたわけです。

 

 

 

しかし、

今週からはWTI原油先物が安定的に推移し出しているため、

投資家たちの不安心理は後退し、

相場の方は自律的な回復を見せています。

 

特に、

他のクロス円と比較しても出遅れている

ドル円の動きが自律回復に向かうのか否かが、

多くのトレーダーたちの注目ポイントとなっています。

 

うまく自律回復の流れに乗れれば、

利益を拡大していくチャンスに恵まれそうです。

 

本日も原油価格は落ち着きを取り戻しており、

自律回復の流れが強まっていますが、

では、どのあたりでエントリーすれば良いのでしょうか?

 

 

 

個人的には、

長期形成のトレンドラインが存在している

81.60円~81.70円付近で拾っていくのが

ベターだと見ています。

 

このラインと言うのは、

Premium会員様にはお渡ししているラインとなりますが、

長期形成されているラインなだけに、

その効力は大きなものとなりそうです。

 

長期に渡り形成されているラインほど、

反転の威力は大きくなるものです。

 

 

 

そのため、

81.60円~81.70円のライン付近では、

買いで仕込んでみるのも面白そうです。

 

過去の値動きから見れば、

このライン付近では何度も価格が反転しているために、

今回も反転を想定しています。

 

※このラインを下に割り込んできたら、

ストップロスオーダーで損切りし、

リスクをヘッジしていきます。

加えて、売り目線の視点を強化していきます。

 

 

 

P.S.

私が日々どのようにトレンドラインを引いて、

どのようなポイントでエントリーしているかを

Premiumでは完全公開しております。

 

明確な売買ポイント、損切りポイント、利益確定ポイント、

 

これらすべてのポイントは

トレンドラインなどの複数のラインを引くことで

明らかになっているため、

エントリーする時に売買ポイントで迷うことはなくなるはずです。

 

 

まだ、

トレンドラインを上手く引けないために、

売買ポイントが不明瞭となり

相場の動きに振り回されてしまう方は、

Premiumに参加して明確な売買ポイントを掴んで下さい。

 

 

« 大儲けできるエントリーチャンスの探し方! 無料メルマガ講座へ戻る 勝ち組のトレード眼!! »
このページトップへ