ホーム > 無料メール講座 >  ユーロ円は危険水域に!今後の売買戦略は?

ユーロ円は危険水域に!今後の売買戦略は?

 

今、注目している通貨ペアはユーロ円。

 

ユーロ円は3月初旬にかけて大幅に上昇し、

高値116.00円をつけたのですが、

現在は115.00円付近でもみ合っています。

 

116.00円付近までの上昇は、

過去10ヶ月間の動きを振り返ってみた時に、

もっとも高値圏にあるため注目に値する局面なのです。

 

 

 

高値圏にあると言われても『ピン』とこない方もいると思うので、

ユロ円日足チャートをご覧ください。

 

日足チャートを見ると、

116.00円が高値圏であることがわかります。

 

であるならば、

116.00円付近には強力なレジスタンスが

存在していることになります。

 

 

そのため、

116.00円を上に抜けてくるのか否かというところは

最注目となります。

 

過去の為替レートの動きから

116.00円付近で価格が下げて来ていますからね。

 

このような相場状況の中、

いったいどのあたりで売買していけば

よいのでしょうか?

 

こんばんは、あおのり先生です。

メルマガご購読、誠にありがとうございます。

 

今のユーロ円というのは、

116.00円付近で頭を抑えられています。

 

従って、

単純に売りを狙っていった方が、

過去の為替レートの動きから見ても

利益を上げやすいという想定をもちつつ

トレードをしていけます。

 

116.00円付近まで値を上げてくれば、

そのタイミングで売りを仕掛けていくのが効果的と考えます。

 

 

 

116.00円付近まで値を上げれば売れる

ということはわかりましたが、

116.00円にきただけで売っていけばいいのでしょうか?

 

それだけの条件が整ったときに売ってみるのも良いでしょう。

 

 

 

しかし、

より理想的な売り場としては、

Premium会員様にお届けしている

上昇トレンドライン群を下に抜けたポイントは

売り場としては魅力がより高まります。

 

なぜなら、

この上昇ラインを下抜けた箇所では、

買い圧力をこなし切っており、

その後下落に転じやすくなるからです。

 

特に、

116.00円付近でもみ合いながら、

最後の上昇トレンドラインを割ってきたら

そこは売りを仕掛けていける理想的な箇所となりそうです。

 

 

 

逆に、気をつけて欲しいこともあります。

 

それは、

116.00円付近を明らかに上抜けてくれば、

今度は買いが優勢になる展開になると思われることです。

 

そのため、

売りから入る場合は必ずストップロスオーダーを設定し、

リスクをヘッジした状態でエントリーしていきましょう。

 

どんな相場でも一方向だけの想定は危険であり、

常に複数の想定を持っておかなければ、

FXでは勝ち組になれません。

 

いかに自信がある相場でも、

常に複数の想定を持った上で

利益確保を目指していきましょう!

 

 

P.S.

Premium会員様にお渡ししている

上昇トレンドライン群を知りたい方は、

Premiumをご活用ください。

 

先週のPremiumでは、

ユーロ/円のレポートと動画について

詳細に解説しております。

 

 

« FXの勝率を高める手法とは? 無料メルマガ講座へ戻る 勝ち組トレーダーに必要な性質とは? »
このページトップへ