ホーム > 無料メール講座 >  注目通貨ペアはポンドドル!なぜなら・・

注目通貨ペアはポンドドル!なぜなら・・

 

 

ドル円を見ていると、

今週は動きがまったくありません。

 

日米英欧加の協調介入によって、

大陽線をつけて急反発してから、

その後おとなしい動きとなっています。

 

今の状態を簡単に解説するならば、

買い派と売り派の勢力が膠着状態であるために、

方向間が出ていないのです。

 

いったいどちらが有利な展開となってくるのでしょうか?

 

 

 

私個人としては

4時間足チャートで見ると下落トレンドは明らかであり、

ドル円に関しては売り目線で見ているのですが、

もうすこし動きがあるまで無理に手をださなくても

いいと思います。

 

ボラが少なすぎて、

たいして利益を確保できない相場ですので・・

 

 

 

では、

どういった通貨ペアで利益を上げられるのかといえば、

ポンドドルなど面白そうですね。

 

なぜなら・・

 

 

 

こんにちは、あおのり先生です。

 

本日は、

ポンドドルのテクニカル解説をしていきたいと思います。

 

 

 

ポンドドルは現在下落に向かって突き進んでおります。

 

それは、

ポンドルの1時間足チャートを見ればよくわかります。

 

まずは、

ポンドルの1時間足チャートをご覧下さい。

 

ポンドドル1時間足チャートはこちら

 

 

 

見ていただければわかるとおり、

今は下降トレンド相場です。

 

したがって、

トレンドに従うのが相場の基本ですので、

今は下降トレンドですので、

基本は売り待ちの展開です。

 

 

 

こういうときの

売りポイントは2つ

 

①二重のラインで抑えられている1.612ドル~1.613ドル付近

 

上値が重くなることが想定されるポイントです。

 

 

 

 

①の利益確定ポイントとしては、

 

②のサポート付近のある1.609ドル付近か、

1月25日安値1.594ドルより形成されている

上昇トレンドライン付近のある1.603ドル~1.605ドル付近を

利益確定ポイントにすることができます。

 

 

 

②直近安値のサポート1.609ドル割れで

ショートを仕掛けていきます。

 

下にブレイクで、

下降トレンドが確定しています。

 

ここではいるのは下げすぎている分ちょっと恐いですが、

思いっきり飛び乗っていけます。

 

 

 

②の利益確定ポイントは、

上昇トレンドラインを利益確定ポイントにしていきます。

 

 

 

しかし、

注意したいことが一点あります。

 

それは、

前回のメルマガでも指摘していたことなのですが、

今回のポンドドルのように大きく下がりすぎたり、

大きく上がりすぎた場合は、

反転した場合の上昇力も強くなると言うことです。

 

ですから、

下降トレンドライン(青ライン)を上にブレイクしてきた場合、

急激な為替レートの上昇に巻き込まれるリスクがもあります。

 

そういったリスクを受けないためにも、

エントリーと同時に、

ストップロスオーダーだけは万全にした状態で、

利益確保を目指していきましょう。

 

 

 

P.S.

今週のPremiumのなかで、

大きな利益を確保するためにはどうしても

しっておかなければならない、

ブレイクアウト戦略を集中的に行ないます。

 

また、

ポンドドルのトレンドラインをどこで引いたかの根拠なども

チャートを使って解説していきます。

 

トレンドライン分析をマスターし、

利益を上げていきたいという方は、

ぜひ、Premiumをご活用下さい。

 

 

« 大きなリターンが狙える売買戦略とは? 無料メルマガ講座へ戻る 為替レートの動きをとらえるには?? »
このページトップへ