ホーム > 無料メール講座 >  勝ちやすいチャート、負けやすいチャート

勝ちやすいチャート、負けやすいチャート

 

『勝てる売買ルールを使っているのに、

全然利益を出すことができない・・』

 

『勝てるときもあるのに、

勝てないときもある・・』

 

こんな方は、

結構多いのではないでしょうか?

 

 

 

勝てる売買ルールを使っても勝てないのは、

勝ちやすいチャートを選択していないからです。

 

チャートには、

勝ちやすいチャートと、

勝ちにくいチャートがあります。

 

根本的に、

その辺を理解していないと、

トレードでは利益は上げられないのです。

 

 

 

では、

 

勝ちやすいチャートや負けやすいチャートとは、

いったいどのようなチャートのことなのでしょうか???

 

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

メルマガのご購読、誠にありがとうございます。

 

 

勝ちやすいチャートというのは、

上昇トレンドや、

下降トレンドなどの、

トレンドを一方高に築いているチャートのときです。

 

長期上昇トレンドや

長期下降トレンドほど、

トレンドが明確だから儲かりやすいのは、

わかりますよね?

 

長期でトレンドが継続しているために、

下に行くとか、

上に行くとかの予測がしやすいからです。

 

 

 

逆に、

負けやすいチャートというのは、

上昇トレンドや、

下降トレンドなどの、

トレンドを一方高に築いていないときです。

 

トレンドレスのチャート事例として、

私が現在ショートを仕掛けているユーロ円1時間足チャートをご覧ください。

 

◆チャート画像

 

見て頂くと、

ユーロ円1時間足チャートに、

三角もちあいが形成されています。

 

すなわち、

高値も安値も、

切り上げも切り下げもせずに推移しています。

 

方向感がないレンジ相場です。

 

 

こういうときは、

わざわざショートポジションをとらないで

様子見でもいいのです。

 

エントリーするチャートがトレンドを築いているのかどうかということも、

トレードで利益を上げるためには必要不可欠です。

 

なぜなら、

トレンドを形成しているチャートや、

トレンドレスのチャートの

どちらのチャートにも対応している売買ルールは存在しないからです。

 

 

 

であるならば、

自分の売買ルールがトレンドのときに威力を発揮するルールなら、

その売買ルールを使っていけば、

利益は出やすくなります。

 

私はトレンドンドライン分析をメインにした売買ルールを構築しているので、

トレンド相場ほど威力を発揮します。

 

だから、

チャートを選ぶなら、

トレンドができるだけ明確で、

有利に戦える相場環境のときに、

エントリーするようにしましょう。

 

チャートがトレンドを築いているか否かの見極めを高めれば高まるほど、

利益は自然とついてくるはずです。

 

 

 

P.S.

あおのり学校Premiumでは、

トレンドを明確に掴んでいただくように、

チャートのトレンドを読み解くことに重きを置いています。

 

なぜなら、

チャートでトレンドを掴むことこそが、

勝つための大事な要素だからです。

 

 

Premiumでは、

5つの通貨ペアを

日足チャート、4時間足チャート、1時間足チャートと

3つの時間軸でトレンド分析をしています。

 

加えて

リアルタイムチャートを使って分析しているから、

Premium会員様のトレンド理解が深まり、

一層のご好評をいただいています。

 

 

« トレンドをより的確に見抜くには、、 無料メルマガ講座へ戻る チャートの波動が読みにくい時の対処法は? »
このページトップへ